検索頁へ
 
件 (1/1466頁) 総数29319件
  子育て・能力形成(家庭・学校・企業)  

374041
社員の活力を引き上げるには? 22/01/17 AM00
企業は、危機をどう乗り越えたのか? 森浩平

374035
子育てをどうする? 22/01/16 PM09
「誰でも」学校に行きしぶる時代 匿名希望

374034
社員の活力を引き上げるには? 22/01/16 PM09
男は外に向かって闘争へ。では、集団の中で女は何を発揮する? 小林健太

374022
子育てをどうする? 22/01/16 AM11
「子育ての勉強ほど身につかないものはない」 お百姓さん

374017
マスコミに支配される社会 22/01/16 AM01
現代の奴隷制度=学校教育(詰め込み)が、コロナ禍を拡大・深刻化させている根本原因。 長谷暢二

374016
子育てをどうする? 22/01/16 AM01
学校教育で「思考停止」今の子供たちに必要な力 近澤真

374014
社員の活力を引き上げるには? 22/01/15 PM11
知ってる? 『感情』は行動を起こすための『お知らせ』ってことを… 光大

374008
子育てをどうする? 22/01/15 PM10
子どもの邪魔になる「教育熱心な親」5つの盲点 匿名希望

374005
子育てをどうする? 22/01/15 PM09
【テレビは毒】子供に毎日3時間以上テレビを視聴させると、心の発達を著しく妨げ、想像力を奪う 井垣義稀

374002
社員の活力を引き上げるには? 22/01/15 PM06
職場でみんなと一体化するために 天野 弘

373999
子育てをどうする? 22/01/15 PM05
「塾の成績がほぼ最下位から1位に」3カ月で急成長した小6の親が送り迎え中にした"ある会話" 時田 弘

373990
社員の活力を引き上げるには? 22/01/15 AM03
「ミスに厳しい職場ほどミスが多い」のはなぜか〜対立ない人間関係には「心理的安全性」が重要〜 真鍋一郎

373986
核家族が毒親を生み出す 22/01/14 PM10
子どもを高確率でニートにしてしまう、親の危険な教育の特徴 がらがらどん♪

373984
社員の活力を引き上げるには? 22/01/14 PM10
「素直さ」は性格ではなく、能力だ! 北口真穂

373962
子育てをどうする? 22/01/13 PM10
子どもからの性の質問、その返答で子の親に対する信頼度が変わる 匿名希望
トラック
バック
子育てをどうする? 22/01/13 PM08
2021年後半の総まとめ!家庭と子育てを考える上で必要なことは…?子育ての道標は? 感謝の心を育むには

373944
社員の活力を引き上げるには? 22/01/13 AM01
今まで最も役に立ったアドバイスは、「なりふり構わず生き延びろ」。 別所彦次郎

373941
社員の活力を引き上げるには? 22/01/12 PM11
英雄に学ぶコロナ禍の組織づくり 匿名希望

373932
社員の活力を引き上げるには? 22/01/12 PM06
2倍速で見ても理解度は下がらない 匿名希望

373929
社員の活力を引き上げるには? 22/01/12 PM04
上場企業1841社の平均年齢は41.4歳(2019年)、10年間で1.9歳上昇 新川啓一
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp