検索頁へ
 
件 (1/37頁) 総数732件
  農業・食品・健康・医療  
トラック
バック
世界各国の状況 22/08/08 AM00
【ロシア発で世界の食糧が変わる】7〜世界の勢力図の転換。ロシア・中国・BRICSが新たな経済圏を作り出しつつある〜 新しい「農」のかたち
トラック
バック
食糧危機は来るのか? 22/07/02 AM03
【ロシア発で世界の食糧が変わる】1 世界の食糧貿易の変遷〜農業生産が少ないから、輸入国になるのではない〜 新しい「農」のかたち
トラック
バック
生物の起源と歴史 22/06/19 PM01
シリーズ『種』10〜DNA信仰が、植物本来の力を失わせた元凶〜 新しい「農」のかたち

377800
経済破局は来るのか? 22/06/01 AM10
長期化するウクライナ戦争は世界経済を転換させる 匿名希望
トラック
バック
生物学を切開する 22/04/20 PM06
シリーズ『種』5:獲得形質の遺伝?〜DNAだけでは遺伝や生物の進化は説明しきれない 新しい「農」のかたち

376742
新しい共認勢力 22/04/16 PM11
コロナ+ウクライナは、「物的欠乏▽→デフレ」基調をひっくり返すための、中露による供給側からのインフレ誘導の連続攻撃。インフレが米欧日の水膨れ通貨を下落させ、資源国・生産国通貨主導に火をつける 山田真寛

376577
健康と食と医 22/04/09 PM09
虫歯は自然に治るもので、削る治療も歯磨きも本来必要ない。 大島健男

375038
生命原理・自然の摂理 22/02/17 PM11
「ただの海水で、病気が治っては儲からない」 直永亮明
トラック
バック
日本人と縄文体質 22/02/17 PM10
【日本の活力を再生する】新たな集団関係(1) 〜契約と贈与の関係〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
マスコミに支配される社会 22/02/12 PM07
【番外編】新型コロナウイルス:オミクロンは重症化しないって本当?@ 生物史から、自然の摂理を読み解く
トラック
バック
日本人と縄文体質 22/01/30 PM09
【日本の活力を再生する】〜集団間の新たな関係を築く「贈与」の力〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
原始人類の婚姻様式と男女和合充足 22/01/01 PM02
一体充足に可能性収束した人類C 〜心と身体は一体〜 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
食糧危機は来るのか? 21/12/23 AM05
『食糧問題』シリーズ:アフリカが飢餓に陥る原因は、西洋諸国による「緩やかな略奪の構造」にある 新しい「農」のかたち

373081
学者とマスコミはグルで頭脳支配 21/12/08 PM10
ワクチン関連死者数1万4500人以上、史上最悪の薬害事件:その動かぬ証拠。 洞口海人
トラック
バック
世界各国の状況 21/12/08 PM07
奥の院の構想 〜監視社会化か?反権力・反権威か?〜 金貸しは、国家を相手に金を貸す

371661
生命原理・自然の摂理 21/10/22 PM07
ヒーラーは、手かざしだけで生体内の秩序化(負のエントロピーの増大)を行う 本田真吾

370078
学者とマスコミはグルで頭脳支配 21/08/27 PM10
PCR検査で陽性なら、たとえ死因が心筋梗塞でも「コロナ死者とカウントする」〜細川博司氏のFBより 陀羅尼助

369961
西洋医療と東洋医療 21/08/24 PM09
そもそも パスツールの細菌理論が詐欺‐2 細菌は体内、地球の不要なものを処理している重要役割を担っている  佐藤有志
トラック
バック
マスコミに支配される社会 21/08/14 AM03
日本のワクチン死亡者は2万人 日本を守るのに右も左もない

369424
生物学を切開する 21/08/11 PM00
そもワクチンの根拠である パスツールの細菌理論が詐欺 佐藤有志
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp