検索頁へ
 
件 (1/284頁) 総数5680件
  農業・食品・健康・医療  

378492
食糧危機は来るのか? 22/06/27 PM09
アメリカのメジャー小麦生産地が「6月に40℃近く」という記録的な熱波に見舞われている。干ばつがさらに進行する見込み 匿名希望

378471
マスコミに支配される社会 22/06/26 PM09
知人は接種後数日して朝目覚めたら両手が動かなかった。原因がソレしか考えられないのにリウマチ診断された。 匿名希望
トラック
バック
世界各国の状況 22/06/26 PM08
【ロシア発で世界の食糧が変わる】プロローグ ロシアのウクライナ侵攻で、世界の食糧どうなっていく? 新しい「農」のかたち
トラック
バック
これからの暮らしはどうなるの? 22/06/26 PM06
物流業界における新たな価値。そのヒントはモノ・人・情報が一体となった「流通のありよう」にあった 日本を守るのに右も左もない

378444
食糧危機は来るのか? 22/06/25 PM11
食糧危機を目の前に未だ儲からない日本の食料生産者…なぜ儲からない?世界はどうなってる@ 太木千佐
トラック
バック
脳回路と駆動物質 22/06/25 PM09
【肌感覚に学ぶ】「前庭覚」って何?〜私たちの体が健全に作動する上で大切な、もう一つの感覚機能〜 感謝の心を育むには
トラック
バック
健康と食と医 22/06/25 PM05
『有機農業をまるっと見る!!」プロローグ:有機農業のホントのところを話していこう 新しい「農」のかたち
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 22/06/25 AM10
食農ブームはどこに向かう?シリーズ1:食農ブームって何? 新しい「農」のかたち

378406
農村を活性化させる為には? 22/06/24 PM09
【農業とコロナ】 貸し農園契約数がコロナ前の10倍に 風来坊浄
トラック
バック
これからの暮らしはどうなるの? 22/06/23 PM07
変わる生産と消費の繋ぎ方  物流が向かう未来の姿は? 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
人工物質の脅威:大気・水・食品 22/06/23 AM09
【今週の注目情報】「国産だから大丈夫」は本当か? これからは探求の時代

378349
マスコミに支配される社会 22/06/22 AM10
コロナワクチン 増え続ける副反応疑い死 直永亮明

378318
食糧危機は来るのか? 22/06/20 PM11
日本の食料自給率向上は「アメリカが絶対許さない」理由 匿名希望
トラック
バック
生物の起源と歴史 22/06/19 PM01
シリーズ『種』10〜DNA信仰が、植物本来の力を失わせた元凶〜 新しい「農」のかたち
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 22/06/19 AM00
シリーズ「食農ブームはどこに向かう?」プロローグ 新しい「農」のかたち

378264
健康と食と医 22/06/18 PM10
豪州:ワクチン後 救急車が、緊急事態。111番コールが鳴り止まない 磯貝朋広
トラック
バック
健康と食と医 22/06/18 PM09
【肌感覚を磨こう】生まれて最初に世界を捉える感覚機能。触覚は生きる土台になっている。 感謝の心を育むには

378242
食糧危機は来るのか? 22/06/18 AM01
食料自給率が過去最低となった日本の今そこにある危機 太木千佐

378241
世界各国の状況 22/06/18 AM00
ロシアは世界の近代農業を根底から変えようとしている? 黒湯温泉

378205
健康と食と医 22/06/16 PM09
天然痘ワクチンによる死者は、ウイルスそのものによる死者よりも多かった  陀羅尼助
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp