検索頁へ
 
件 (1/89頁) 総数1767件
  原発・地震・気象・環境  

374088
地震・噴火・気象 22/01/18 PM10
人類史上最悪の年は西暦536年だった 匿名希望

374073
地震・噴火・気象 22/01/18 PM05
3600年前の超巨大「ミノア噴火」、津波の犠牲者をついに発見 穴瀬博一

374033
地震・噴火・気象 22/01/16 PM08
太陽嵐の脅威とは 狩野幸花

373945
地震・噴火・気象 22/01/13 AM09
宇宙線のニュートリノが地殻内部の放電を誘発させて地震を発生させるトリガーとなる 仙人掌

373940
宇宙・地球 22/01/12 PM11
世界初、地球に被害を及ぼす「巨大太陽フレア」を正確に予測する物理モデルが開発される(名古屋大) 廣渕一志

373866
地震・噴火・気象 22/01/09 PM09
地震にも「惑星の配列」が関係している可能性が急浮上 仙人掌

373593
地震・噴火・気象 21/12/30 AM00
地震の前兆と思われる事象を調べてみた 磯貝朋広

373574
地震・噴火・気象 21/12/29 AM11
大地震に影響を与えている「太陽」と「月」 仙人掌

373512
原発 21/12/26 PM06
小児甲状腺がんは「発見」の増加とする見解 匿名希望SY

373423
地震・噴火・気象 21/12/23 AM01
「トカラの法則」と「バヌアツの法則」について調べてみた 2/2 磯貝朋広

373421
地震・噴火・気象 21/12/23 AM00
「トカラの法則」と「バヌアツの法則」について調べてみた 1/2 磯貝朋広
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 21/12/20 PM05
骨抜きとなったCOP26 地球温暖化⇒脱炭素の観念支配でひと儲けを目論む金貸し勢力 金貸しは、国家を相手に金を貸す

373330
環境破壊 21/12/19 AM08
地球温暖化のCO2元凶説は“魔女狩り”と同じ ABC豆

373325
宇宙・地球 21/12/19 AM01
なんで雲は浮かんでいるの?・・・水の循環と気象。私たちが考えているようなものではない、水⇒EZ⇒氷⇒EZ⇒水 森羅万象

373324
宇宙・地球 21/12/19 AM00
なんで雲は浮かんでいるの?・・・天気とEZ水−−分離した電荷の密接な役割、実は誰も理解していない気象という現象 森羅万象

373313
地震・噴火・気象 21/12/18 PM08
太陽活動の極小期(11年前)に起きたジャワ島の噴火と東日本大震災。現在(2021年12月)起こっているジャワ島の噴火・地震との関係性 仙人掌
トラック
バック
地震・噴火・気象 21/12/11 PM09
太陽の黒点が少ない低活動時に大地震と噴火が多いのは宇宙線がマグマに影響を与えるから 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
環境破壊 21/12/11 PM05
人工化学物質はなぜ体に悪いのか 地球と気象・地震を考える

373089
地震・噴火・気象 21/12/09 AM10
【震度5弱】富士五湖に続き和歌山でも地震発生。現実味を帯びてきた南海トラフと富士山噴火、首都直下地震 磯貝朋広

372963
西欧科学は狂っている 21/12/04 PM08
インドでは5Gアンテナの全撤去が進んでいる 小川泰文
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp