検索頁へ
 
件 (1/92頁) 総数1828件
  原発・地震・気象・環境  

378411
原発 22/06/24 PM10
福島原発、東電が再臨界を開き直り公表 上前二郎

378409
原発 22/06/24 PM10
なぜ電力不足が起きているのか? 「儲からぬ」と火力を休廃止 再エネに必須なバックアップ電源なし 高梨俊寛
トラック
バック
宇宙・地球 22/06/20 AM06
熱移送説と解離水の爆発・爆縮の統合 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 22/06/19 AM02
【地震のメカニズム】地震は、マグマに溶存した熱解離ガスによる水素爆発? 地球と気象・地震を考える

378156
環境破壊 22/06/14 PM10
羽を持つ昆虫の数はこの 20年で60%近く減少。昆虫の減少は食糧生産の大幅な減少に結びつく可能性があると科学者は警告する Bannister

378149
地震・噴火・気象 22/06/14 PM07
6月は統計的に最も巨大地震が起きやすい! 「ラニーニャ現象→猛暑→地震・水害」列島を襲う絶望の連鎖 立川久

378113
地震・噴火・気象 22/06/13 AM00
群発地震を説明する「伊豆衝突帯プレート】 大森久蔵
トラック
バック
地震・噴火・気象 22/06/08 PM10
地震の発生メカニズム「熱移送説」の地震予測精度は90%・・・角田氏の最新の研究より 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
地震・噴火・気象 22/06/05 AM04
【地震のメカニズム】地震は、マグマに溶存した熱解離ガスによる水素爆発 地球と気象・地震を考える

377911
地震・噴火・気象 22/06/05 AM00
地震の発生メカニズム「熱移送説」の地震予測精度は90%・・・角田氏の最新の研究より 本田真吾

377875
宇宙・地球 22/06/03 PM11
大地震は宇宙が引き金となっている 千乃有志

377770
地震・噴火・気象 22/05/30 PM11
地震は、マグマに溶存した熱解離ガスによる水素爆発 大森久蔵
トラック
バック
地震・噴火・気象 22/05/27 AM09
雷は、宇宙と地球を繋ぐ連鎖放電現象 地球と気象・地震を考える

377579
地震・噴火・気象 22/05/22 PM07
天候不良から食料危機につながっていくのか 匿名希望
トラック
バック
地震・噴火・気象 22/05/08 AM00
地震は夜に多く昼に少ない〜電離層と地殻のコンデンサー現象〜 地球と気象・地震を考える

376962
地震・噴火・気象 22/04/26 PM03
北米の異様な「春の大寒波」はアメリカとカナダの85%以上の地域に達する。米北部では4月中盤以降も降雪が続く見込み Bannister

376930
地震・噴火・気象 22/04/24 PM09
アメリカ北部の主要な穀倉地帯が歴史的な春の猛吹雪と寒波に見舞われる。ノースダコタ州では1メートルを超える積雪と氷点下30℃に近い気温になる場所も 匿名希望

376794
環境破壊 22/04/18 PM11
化学肥料で太らされた野菜による健康被害・土壌汚染 匿名希望

376691
地震・噴火・気象 22/04/14 PM09
ヨーロッパが記録的な4月の寒波に見舞われ、農作物と果樹園に壊滅的な影響が出ている模様。大きな影響が出た原因は「暖冬」 Bannister

376430
健康と食と医 22/04/03 PM07
次世代通信技術5Gのもつ危険性に目をつむる日本政府 真実一路
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp