検索頁へ
 
件 (1/29頁) 総数577件
  科学・宇宙・地球  
トラック
バック
宇宙・地球 22/01/13 PM06
光渦や円偏光などの螺旋状の電磁波が、生命を形創り、その後も生命にエネルギーを送り続ける秩序化の電磁波ではないか? 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 22/01/02 PM10
スミルノフ物理学C〜導かれる重要事項:核の無害化も可能となる 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 22/01/02 PM09
スミルノフ物理学B〜導かれる重要事項:原子核として一つにまとまるのはS極系の力が優勢となるから 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 21/12/26 AM08
スミルノフ物理学A〜生命誕生を実現するのが負の透磁率空間であり、海(水)は負の透磁率空間となっているという事実がある 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 21/12/26 AM08
スミルノフ物理学@〜物理学(宇宙論)と生物学(生命の誕生・進化)が繋がってくる 地球と気象・地震を考える

373500
宇宙・地球 21/12/26 AM01
光渦が秩序化の電磁波ではないか? 本田真吾

372953
地震・噴火・気象 21/12/04 PM02
巨大地震は太陽の黒点が少ない時期ほど頻度が高い 仙人掌
トラック
バック
生命原理・自然の摂理 21/11/29 PM11
体内の構造水=プラズマは「無機的な生命」として分裂や分岐、進化をしている 地球と気象・地震を考える
トラック
バック
宇宙・地球 21/11/25 PM10
太陽に関する常識が大きく覆りつつある〜太陽の中心部は固体かつ温度がそれほど高くない可能性さえある〜 地球と気象・地震を考える

372514
西欧科学は狂っている 21/11/19 PM06
西欧科学の不整合 地球系〜地球温暖化説の嘘 他1 匿名希望
トラック
バック
宇宙・地球 21/11/13 PM08
プラズマ宇宙論発ならば、太陽が輝き続ける本当の理由が見えてくる 地球と気象・地震を考える

372197
宇宙・地球 21/11/08 PM10
太陽が輝き続けるのは核融合(内部エネルギー)でなく、外部エネルギーをチャージしているから(プラズマ宇宙論より) 蔵端敏博
トラック
バック
宇宙・地球 21/10/27 PM10
宇宙との関係で読み解く地球の自然現象〜プラズマ宇宙論発ならば、DNAが二重螺旋構造であることの理由にさえ迫れるのではないかという期待感さえ持つ! 地球と気象・地震を考える

371362
宇宙・地球 21/10/13 AM07
地球内円筒空間では原子転換が起こっている(佐野千遥氏) 匿名希望

371136
宇宙・地球 21/10/06 PM08
宇宙空間のフィラメント・・・電磁力が物質を組織化しています 森羅万象

371119
宇宙・地球 21/10/06 AM00
生物学的元素転換とは 2U

371108
宇宙・地球 21/10/05 PM08
太陽・地球内部は空洞で、生命体と相似する2(佐野千遥氏) 匿名希望

370655
宇宙・地球 21/09/19 AM02
宇宙は、左巻き螺旋/右巻き螺旋のエーテル繊維によって成り立っている2(佐野千遥氏) 匿名希望

370654
宇宙・地球 21/09/19 AM01
宇宙は、左巻き螺旋/右巻き螺旋のエーテル繊維によって成り立っている1(佐野千遥氏) 匿名希望
トラック
バック
宇宙・地球 21/09/14 PM02
地球内部は空洞であるという地平に立つと整合する現象がいくつもある。 地球と気象・地震を考える
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp