充分生活 〔 主張 〕  社会統合 
★★★ 「これで充分」と実感で決めていく生活が綴られる、心地よいサイト。政治、自然、衣食住、仕事など、生活の実感と実践で貫かれた文章は逸品。あたらしい価値観で生活し始めた姿に注目したい。
  投票得点 238 投票者数 82 感想投稿 174件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

「充分生活」の二木です。岸さん、ご返事どうもありがとうございました。
>実は、サイトの管理人さんから返事があるとは、
>思ってもいなかったので少々驚いています。
人の言っていることが気になる私です。お許しを。
>早速「祭りとして」を読ませていただきました。(中略・二木)多分、社会変革への
>期待だと思います。
確かにそうなんだろうと思います。ただ、私は、例えば「社会変革」という私の考えが、自分の生活その他の生き方に一致しているかどうか、を気にしているんです。ですから、どうしても内省的になります。そのへんは岸さんのご指摘通りです。
でも、表現していれば、何かが変わっていく助けにもなるかもしれないと思います。それは私自身かもしれませんし、社会かもしれませんが。
それでは、また。
Posted by 二木竜太 02/05/31 PM07

またもや書き込みしてしまいました(笑)
このHPは、何となく季節が変わったなあって思ったときに、必ずといっていいほど開いて見ています。そうすると大抵コラムが更新されていて、ああやっぱり!って言う気分になるし、それを読んでさらにいろいろ考えさせられたり、すがすがしい気分になったりしてます。
るいネットを友人にお薦めした時、彼女もこのHPを見つけてお気に入りに入れてました。これからも応援してます。
Posted by 森本亜希子 02/05/30 PM10

今、私が欲しいもの。
言葉。相手に物事を伝える言葉。
こうして、今、欲しいものとしてここに書いておいたら、手に入るかもしれないと思って、投稿してみました。
お金で買えるものだけが「欲しいもの」となるわけじゃないですね。むしろ、お金を出しても手に入らないものって、手に入ったとき(実現したとき)どんな充実感を得られるんだろうって、どきどきします。
Posted by 河野 梨恵 02/05/22 PM09

「地球水準」の考えに立ち、我々の生活を見直すという視点は、地球規模での環境破壊が進行中の状況において、地球に住む一人一人が「シンプル」で「質の高い生活」をする事であるの提言が心に響く。
Posted by 長尾常夫 02/05/17 AM11

「ほんとうにあなたのほしいものは一体何ですか」この言葉にこのサイトの全てが語られている。単純な質問っぽいのに、意外と答えが出せない人って多いんじゃないかな?もはや自分だけの充足を求めているだけですむレベルではすまなくなったこの地球・・・。冒頭の質問に答えることができるうちに、皆が考えていかなければならない問題だと思います。
Posted by 高田 康史 02/05/16 PM11

二木竜太さんへ
ご返事どうもありがとうございました。
実は、サイトの管理人さんから返事があるとは、思ってもいなかったので少々驚いています。
早速「祭りとして」を読ませていただきました。
まず言い過ぎがあった事を謝っておきます。
また非常に親近感を覚えたことを書かせてもらいます。
文中の中で『現代社会の持っている閉塞感があります。資本主義経済や民主主義政治、教育など、社会システムの持つ問題なのでしょう。その閉塞した中でここまで非日常的で世界の「秩序」をひっくり返すような事件が起こると、私は本当のところワクワクするのかもしれません』と書かれありましたが、私も全く同じように感じていました。私だけでなく、同世代の友達の多くも同じように思っています。私も少々不遜?ですが、『「秩序」をひっくり返すような事件が起こると』内心ワクワクする以上にエネルギーが沸き揚がってくるのを感じます。多分、社会変革への期待だと思います。
そんな中で二木さんは、心静かにじっくりじっくり行動されている事が、良くわかりました。

それでは、今日は、これで失礼します。
Posted by 岸良造 02/05/16 PM10

「本当にあなたの欲しいものは一体何ですか」この題名で、一瞬考えさせられました。今自分が欲しいと思っているものって何だろう?
このサイトで、何だかほんわりした気分になりました。
Posted by 田中 清香 02/05/16 PM04

各人が充足するスタイルを見つけるようになった背景には、貧困が消滅してしまい、生存圧力などの外的圧力を受けなくなってしまったからではないでしょうか。
いい面もあるが、価値観の多様化に伴い衝突を招く危険性を波乱でいるのではないでしょうか。
Posted by 上山昇良 02/05/14 AM00

「充分生活」の二木です。岸さんの「多分他者・社会に対する積極的な働きかけが、少ないのではと思った。」との発言、なるほどなあ、と思いました。実際、私はHPやML・メルマガなどで表現することだけが、今のところ社会に対する働きかけです。「他者」と言えば少数の友人たちと会う程度ですから、集会の企画・参加など、社会に対する働きかけはしていません。ちなみに同時多発テロの時の私の対応とその後考えたことなど、アーカイブの中の「充分生活抄」の「祭りとして」という文章に書いてあります。よろしかったら、お読みください。何はともあれ、今の私にとって無理のないかたちで働きかけていきたいと思っています。それでは、また。
Posted by 二木竜太 02/05/13 PM10

今我々にとって何が「充分」なのかあらためて考えさせられた。何でも手に入るようになったご時世で得る事ことの出来る充足は「そんなこと」なのかもしれない。例えば「昼寝」にしてもあくせくした時代には「悪」でも、「昼寝」をできるぐらいの時代をつくりなおさなければならないのではと痛感した。
Posted by 竹村久夫 02/05/09 PM00

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 ( 4 / 18 ページ )
『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp