神戸癒しの学校 〔 主張 活動紹介 〕  男女・性・婚姻 幼・少・青・壮・老 
★★ 気功から始まり、開放された性、母親機能と助け合いシステムを復活させる乳幼児教育など、根源的なサイト。直販・こだわり・環境配慮・村おこしを応援する脱市場の消費システムも紹介する。相手にイクことができる性のてほどきエッセイも必読。
  投票得点 174 投票者数 62 感想投稿 40件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

いろんな分野があるが、全て営業に誘導されているので後で興ざめになる事がある。神戸発信らしいサイトだと思った。
Posted by 新井秉永 04/04/20 PM01

修験道のセッセイが面白いと思った。修行をすることによって心の平安にたどり着く(という理解で良いのだろうか?)事に関しては、修行を積むことは同じように思う。ただやることが凄い。熾き火の上を歩いちゃぁ、やっぱり火傷するんじゃないでしょうか。不思議なものです。
Posted by 吉崎恭次 03/06/11 PM00

「育児」や「性」など、人が生きていくことことに必要で最も重要なことの本質を、わかりやすく身体に響く言葉で書かれている感じがした。これを読むと私たちの頭の中がいかに汚染されているかがわかります。

あくまでも、優しくあたたかい目線で見つめた「人の本質」を、ユーモアを忘れずに描いている。エッセイを読んでいるだけでためになる。そして参加したくなっちゃう。不思議な魅力のサイトです。
Posted by 吉岡摩哉 03/03/23 AM03

読み手側が癒されるというより、深く考えさせられる思いがした。エッセイを読んでいくうち、いろいろな考え方があることを知り新たな認識との接点を再確認させられる。
Posted by 竹村久夫 03/02/18 PM00

「治泉手記林住期を生きる」も面白かったが、エッセイ集が特に面白かった。性のエッセイの中で「性の獲得の時系列」は少し事実と違う所があるように思われたが、「売り買い」のこわ〜いお話は真実を語っているように思った。
Posted by 大西敏博 03/01/05 PM05

「樹上生活から危険なサバンナでの生活を余儀なくされた
お猿さんのある一群は
危険回避・えさの獲得のため二本の足で生活するようになる。
四足のときの後背位に限定されていたSEX体位から
対面SEX体位が可能になる。
正常位・側臥位・女上位・騎上位・・
SEXバリエーションが豊かになり
それまで貧弱だった性的快感が昂進する。

樹上食物に限られていた食生活が雑食を余儀なくされる。
軟食+硬食の食生活の変化が咀嚼嚥下をもたらす。
口唇・のどから顔全体を覆う咀嚼筋が発達し表情筋を獲得する。
フェラチオ・クンニリングスなどの口唇SEXが可能になり
SEXバリエーションはますます豊かになる」
このエッセイなんか妙にわかる気がした。

Posted by 田村飛鳥 02/10/29 PM11

エッセイが結構面白い。「17歳の少年少女が引き起こす心寒くなる犯罪は低次感覚つまり情・心を育てられなかった悲痛な叫びである。低次感覚=情・心をしっかりと育むのは母乳育児・母の手塩にかけた子育てが最も有効だ。」なるほどと納得させられるところもある。
Posted by 梅垣博之 02/10/13 AM09

「よくととのえしおのれ」…気功に興味がわいてきました。
「林住期を生きる」…阪神大震災の同じ場に居合わせたのですが私のところは殆ど被害がありませんでした。手記で生々しく状況が書かれてあり、同じ市内で数キロしか離れていないのにずいぶん様子が違う事に驚かされました。
震災で「借金と17,623円の現金」マイナスからの出発で立ち上げなおした「神戸癒しの学校」「神戸アカデミー」「神戸気功会」全てに興味がわいてきました。




 
Posted by 向芳孝 02/09/19 PM11

子育て邁進中の身(上の子の時と比べてですが)、子育てエッセイを拝見して心救われる想いになりました。
視覚・聴覚は知の感覚、味覚・嗅覚・触覚は情・心の感覚には、納得です。
ふれあい・共有を大事にしていきたいと思います。
Posted by 小川博 02/09/10 PM00

エッセイを初めとして考えさせられる内容が沢山盛り込まれています。あえて一つ、気に入った言葉をあげれば、

「現在だけでなく、子孫のためにいいという視点で考える時間軸を持つことが大事である。」

でしょうか。とかく目先のものだけにとらわれてしまいがちな昨今、一寸、一呼吸置いて言い、行動してみる。「子孫のためにいい事か?」と自分に問いかけながら。そういう日々が送れたら充実していくでしょうね。
Posted by 多田雅拓 02/07/09 PM01

01 02 03 04 ( 1 / 4 ページ )
『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp