今西錦司の世界 〔 解説 資料[論文集] 〕 
★★★ 日本の霊長類学の創始者・今西氏の残した科学的業績をあますところなく伝えようとする意欲作。図表などをふんだんに盛り込み、素人にも分かりやすい作りとなっている。
  投票得点 53 投票者数 13 感想投稿 17件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

生物はどのように進化してきたのか興味があり、色々な本を読んだりしてその断片を見てきました。このサイトも同様で、どんな内容だろうと興味津々よみましたが、内容が深くまだまだその途中です。これからも機会を見つけ読み続けたいと思います。
Posted by 青山秀雄 04/06/22 PM01

非常に難しいですね、というのが正直な感想です。厳密に突き詰めれば、科学の精神から説く必要があったのでしょうが、肩が凝ってしまいました。
Posted by 朝井俊夫 03/11/29 PM09

ある程度知識がないとすぐには理解できないサイトです。ただし、一つの専門分野だけを追求するサイトではなく、物理学、化学、生物学、心理学等の関係などを論じていて、興味をそそられます。先ずは、じっくり時間をとって読みましょう。
Posted by 坂本日出夫 03/05/13 PM11

進化を生物学だけでなく、科学や物理といった面からも論じられているのが興味深かった。複合的、統合的視野が求められるのだなぁと思った。それぞれの仮説に対してはそれらが打ちたてられた時代背景が書かれてあり理解が深まった。教科書からは学べない面白さを感じました。
Posted by 谷光美紀 03/05/10 PM11

演繹か帰納かという方法論の違いよりも、価値観念なのか事実観念なのかという峻別が、今、科学に求められているのだと思いました。
全ての現象が、不可逆的で再現不可能である以上、事実の積み重ねを基にした仮説こそが、科学の進化の源なのだと思いました。
Posted by 田中直人 03/05/02 PM10

 自然学ということで、なるほどと思うものもあったが、専門的なものはより具体的に書かれていないと理解するのに時間がかかった。プロトアイデンティティの話は読んでて面白かった。
Posted by 布田貴士 03/04/07 PM10

専門的で素人にはわかりにくい。読んで感じたのは、自然哲学と進化論の融合を言っているのではないかということである。進化と退化は自然条件、環境に左右されると思われるが、ここでは個体の主体性によるといっているのが良く理解できない。
Posted by 新井秉永 03/03/20 PM00

もともとを知らないだけに、言っておられる内容が、あっているのかさえ分からない。学会で得られた地位・名誉を基に、世間で「この先生が言うなら、なるほど!!」って単純に思える構造が出来ている事におかしさを感じる。ここでの内容は本当に正しいんでしょうか?
Posted by 塩貝弘一郎 03/03/14 PM09

 専門化・細分化され、閉塞状況に陥っている現代科学の世界にとって、「今西進化論」の総合的構築手法は、状況を突破する一つの回答なのではないか、と思う。
 カラーの図解なども豊富で、文系で、科学には全くの素人にも読みやすく、解り易く伝える工夫がされているなぁ、と感心した。これからじっくりと今西世界を読み解いて行こうと思う。
Posted by 佐藤堅 03/03/11 PM00

私でも知ってる有名人って感じで、かなり気合をいれて覗いてみたんですが、意外とすっごく身近なお話ですいすいと読めちゃいました。理解できたかは謎ですが。
科学とか理系の分野から感じられる限定性、みたいなのがなくて、いろんなことにひきつけて、使えそうな理論がたくさんあると思いました。一環して感じられたのは個をどのように捉えるかというところでしょうか?このへんはるいネットでも常に話題に上がるところで、興味深かったです。
Posted by 立石裕美 02/05/28 PM11

01 02 ( 1 / 2 ページ )
『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp