環境と学びの広場 〔 著作 資料[論文集] 〕 
★★★ 「奈良ゴミの会」代表を務める別処氏のサイト。語学力を活かした世界のゴミ事情や活動から得られたゴミに関する知識、さらにはホリスティック教育まで幅広い。「関西弁・ごみの深相」は必読。
  投票得点 191 投票者数 61 感想投稿 91件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

環境問題の中で、「ゴミ」問題と「環境化学物質」の問題を中心軸にすえている。地球環境や我々の未来を考える契機となるサイトだ。考えさせられる。

Posted by 関英治 01/10/24 PM07

「関西弁・ゴミの深相」は大変読みやすく、「化学物質はなぜ有害か」はかなり分かりやすく書かれてあります。
>[皮膚と肺という] この二つの取り込みルートは、何か毒性のあるものを消化管に取り込む場合よりずっと深刻<
とありますが、今起こっている炭そ菌問題と通じる点も大きいと思います。
Posted by 北村圭太郎 01/10/19 AM11

「分析の有効性を反省する段階」「状況を全体としてつかむ」という姿勢に広がりを感じる。環境問題を考えるヒントがあるように思う。
Posted by 宮下丘 01/10/17 PM01

ごみに関する問題の難しさを改めて痛感した。
リサイクルのことや環境ホルモンのことなど、これまで散々ニュースや新聞などでとりあげられているが、政府もメーカーも一般市民もきちんと把握していなかったり、目をつむっていたりする部分があるのではないかと感じる。

大阪弁の話口調が大変読みやすく、親切なサイトだと思う。
Posted by 白石寛隆 01/10/07 AM02

ゴミの深相、たいへん興味深く読むことができた。対話形式で進んでいく処理場の問題、化学物質の問題一気に読んでしまいました。

堅実な分析研究や調査を続けてきた人が語る、
「歴史的には 分析の有効性を反省する段階にきている ように思いますね。数値がなんぼ精緻になっても、総合ができてなかったら、意味ないですから。」
と言う言葉はとても重みがある。
統合と分化の両立がいかに今求められているのか痛感した。

Posted by 野村徹 01/10/05 PM08

一時期に比べるとゴミ問題はあまり取り上げられていないように思いますが、事態はほとんど改善されていないようですね。問題意識をもって、自分達にできることを考えていきたい。
Posted by 平井 康文 01/10/05 PM00

一見、難しそうな言葉が並んでいたが、読んでみるととてもわかりやすく、勉強になった。私が一番興味をもったのは「ホロスの世界」の音楽のところだ。BGMのその曲をながしてもらえるともっと共感できることも多いと思う。身近なごみ問題は環境問題を考えていく上で不可欠である。もっと多くの人にこのサイトを見てほしいと思った。
Posted by たになおみ 01/10/05 AM11

関西弁・ごみの深相を読んで、かなり暗い気分になりなした。内容があまりにも具体的で深刻であるからです。だけどもこれが現実であり一般の人にはあまり知らされていないと言うことだと思います。そういう意味では貴重なサイトだと思いました。
Posted by 大西敏博 01/10/04 PM10

環境問題の場合も、有害か否かよりも、利益につながるか否かで研究が進むという事がよく分かります。私達素人も常に現実に目を向け、地道な研究を続けている人の声にみみを傾ける必要があると改めて思いました。
Posted by 川田 宏子 01/10/04 PM01

ゴミ問題も個々の問題を取り上げることも大切だが、それぞれの問題は独立したものではなく、大きな循環のシステムの中でつながっている。そんな視点から活発に環境問題に取り組んでいる姿が感心させられる。
Posted by 原田雄次 01/10/04 PM00

01 02 03 04 05 06 07 08 09 ( 7 / 9 ページ )
『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp