環境と学びの広場 〔 著作 資料[論文集] 〕 
★★★ 「奈良ゴミの会」代表を務める別処氏のサイト。語学力を活かした世界のゴミ事情や活動から得られたゴミに関する知識、さらにはホリスティック教育まで幅広い。「関西弁・ごみの深相」は必読。
  投票得点 191 投票者数 61 感想投稿 91件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

 ごみ問題を深堀されまた海外の事例を引かれながら論じられている点とてもわかり易く興味深いです。私も大いに参考にさせていただき勉強させていただきますので今後とも宜しくお願い致します。
Posted by 田中令三 01/11/30 AM11

私たちの、私自身の何気ない日常の中で、「環境破壊」へ繋がる要素がたくさんあるものだと思った。「ごみを減らそう」ということは、私たちの生活そのものを変えることを意味するんだと。現状と、人々の本音をはじめて知ったような気がします。軽軽しく「環境が〜」なんて口には出来ない。だからといって、捨象して便利な生活におぼれてしまってもいけない。なかなか難しい。今のあたしには何ができるか分からないけど、少なくとも初めて「本気で考える」きっかけになったと思います。
Posted by 末吉孝子 01/11/21 PM09

以下抜粋。ホリスティック教育というのは、ものごとを理解したい、意味が分かりたいと思って進んでいく探索の旅 なんだ。目指すところは、どんな新しい状況が生じても必要なら何でも学ぶ力があり、すこやかでオールマイティで好奇心の強い人間を育てることだ。地球という名の惑星とそこに生きる生命、姿をあらわし始めた地球共同体、これを一体のものとして(ホリスティックに)とらえる考え方をきみたちが身につけたらどうなるだろうか。何がぼくらの生活スタイルを決め、なにが生活に意味を与えているのか、ホリスティックな考え方によって、きみたちは背景にある様々な関係に気づき、理解できるようになるだろう。は、非常に勇気付けられる内容であった誰もが考える力やチャレンジ精神を持っていると…。ただ、娯楽めいた世の中の流れのなかで、与えられた充足を貪り続けているだけだと。
Posted by 田村飛鳥 01/11/20 AM00

便利さと豊かな暮らしに慣れてしまっている現代人ですが、反面で抱えているリスクは非常に大きいことを気付かせてくれるサイトです。ゴミという廃棄物や、知らない内に人体に入り込む化学物質・・・・豊かさの陰に隠れていた矛盾ですが、それらに決して目を背けたままではいけないと思う。
Posted by 井上宏 01/11/14 PM10

環境問題は非常に身近であり、気付かずにいれば人体に非常な悪影響をおよぼすのだから、もっと多くの人が関心をもってもいいと思う。そんな中で、このようなホームページがあるのはあり難いものです。
Posted by 松本妙子 01/11/07 PM01

身近な能勢町でも、ゴミ焼却炉周辺から高濃度のダイオキシンが検出され、知らず知らずのうちに水・土・作物が汚染されていた環境汚染問題がありました。人ごとでないと感じました。
Posted by 浦野てる代 01/11/02 PM07

現代の抱えるゴミ問題や環境化学物質について分かりやすく説明されている。環境問題に関心のある人は必見のサイト。
Posted by 中井明弘 01/11/01 PM00

「EPR研究室」では環境問題に対する企業のスタンスをとおして、利益追求集団の本質を垣間見る思いがした。
結局のところ、企業の追及する市場における成功と環境問題とは相反するということだ。それ故に現在の環境対策の多くは、言い訳と自己正当化の産物でしかないのだろう。
耳障りの良いスローガンは問題を前に我々を素通りさせてしまう。立ち止まって考えようと思う。
Posted by 小西康雄 01/10/27 PM05

日頃から清掃工場の設計に関るものとして、とかく建設推進一辺倒に流されがちな意識に対して、このサイトは、単に感情的な反発や恣意的な論理ではなく、豊富なデータと自らの活動に根ざした問題意識により、大いに警鐘を鳴らしてくれる。
環境問題に関する豊富なリンク集も大いに役立つ。
Posted by 庄恵三 01/10/26 PM10

「化学物質はなぜ有害か」を読みました。難しい事を解りやすく解説してあり大変参考になりました。特に、化学物質を地下水に混じらないようにするために、揮発性の強いものにすると、大気中から呼吸によって鼻から入ってくるので、物を食べなくても化学物質が身体の中に入ってくるというところは、考えれば当たり前の事ですが驚きました。
Posted by 多田雅拓 01/10/25 PM01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 ( 6 / 9 ページ )
『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp