無茶々園 〔 主張 活動紹介 仲間探し 〕  仕事・起業・共同体 環境・農業 
★★ 21世紀の農業が歩むべき道は集団家族経営(協同労働)で新しいコミュニティ−を形成することと位置付け、子供から老人まで充足感を持って生きていける農村社会作りを目指す。賛同する仲間のネットワーク作りにも積極的。農業人でなくても21世紀の社会を考える人には必見のサイト。
  投票得点 176 投票者数 66 感想投稿 99件  
 
感想投稿をするには、ログインをしてください。

「大地とともに心を耕せ!」という言葉に、農業に対する取り組み方が伝わってくるように感じます。自然に適合し、自然を生かした本来の農業でありながら、生産活動をコンピューターで管理するという時代の先端をいった農業をしていると感じました。
Posted by 新井秉永 04/05/11 PM00

桜が開花している期間の春の祭典はうらやましい限りです。

季節を感じ、日々過ごされていると自然が心を癒してくれるのではないでしょうか?
Posted by 上山昇良 04/04/09 PM10

こんばんは。
無茶々園にも積もるほど雪が降るんですね。驚きました。
経験にないことが起こると、人間は興奮したり緊張したりします。
変化があった方が生活にインパクトがあっていいですね。

色々なことを経験したほうが人間の深みを増すのではないでしょうか?
Posted by 上山昇良 04/02/05 PM08

こんばんは。
いつも楽しく拝見させていただいています。
無茶々便りで、ポンカンは収穫してから倉庫でしばらく保管して酸を抜くことを始めて知りました。
収穫したばかりのポンカンは、すっぱいなんて考えていなかっただけに驚きがおおきかったです。
また、無茶々園にはいろいろな方がおられて楽しく作業されているのがよくわかる便りでした。
Posted by 上山昇良 04/01/20 AM00

こんばんは。
カメムシの大量発生の無茶々の里便りには驚きました。
大変だと思いますが、少しでも被害が少なくなるよう頑張って下さい。
みんなは、おいしいみかん等を楽しみにしています。
Posted by 上山昇良 03/11/10 PM11

1歳7ヶ月の息子は、温州みかんが大好きです。味わうというより、「がつがつ」と毎日食べてます。
そんな果物だから、食べる人のこと・地元のことと周りのこともたくさん考えている無茶々園さんを応援したくなりました。
果物もいろんな種類がでてきているし、昔みたいに冬は温州みかんだけってことも少なくなっていると思いますが、がんばってくださいね。
Posted by 喜多雅子 03/11/06 PM01

夏みかんの甘酸っぱい匂いが漂ってくるようなHPですね。「無ちゃt
Posted by 原田昭雄 03/06/14 PM10

交流会っていい勉強の機会ですね。今まで見えない視点に気がつきます。
人間は、目標や刺激がなくては、進化(活力)しないみたいですね。
今の経済不信に対して、豊かさ(目標)を実現してしまい、次の目標を見つけられない状態では無いでしょうか。次を見る目を養うことが大切なように思いました。
Posted by 上山昇良 03/04/05 PM11

「無茶々園」のサイトを読み、無農薬で柑橘類を作る。この取り組みは、生態系が破壊されつつある状況を考えると、重要な活動だと思います。生産性だけを考えて、農薬を消費する、その付けは必ず戻ってくるはずです。ひてくれなんて関係ありません。安心して口にできるものが必要です。
Posted by 青山秀雄 03/01/28 AM11

「無茶々園のあゆみ」のコーナー。無茶々園成立の背景が語られていますが、近代農業の歪みと破綻の流れは非常に分かりやすく興味深い。
都市に住んでいると農村のことなどほとんど分からず、牧歌的なイメージがありましたが、こう読むと、高度成長期、工業社会の歪と同じような構造の問題が農村でも繰り広げられていたのだなぁと考えさせられます。
Posted by 山田孝治 03/01/27 PM10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 ( 1 / 10 ページ )
『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp