原始共同体社会
65005 感情は共感のためにある A
 
橋口健一 HP ( 40 技術者 ) 03/11/30 PM05 【印刷用へ
「アマゾン先住民〜ヤノマミ〜」のドキュメントから
特に印象に残った点は、

@一体感のあるオープンな住居
「シャボノ」と呼ばれる楕円形の共同住居には村人の70人全員が暮らしています。大きな中庭の周囲にぐるりと輪になる形で屋根あり、中庭からは各住居の様子が丸見えです。しかも各住居には間仕切りが無いのでシャノボ内は全くオープン。
何が起こってもすぐさま集団内に伝播するような、共認域をそのまま居住空間にしたような感じです。

Aとにかく、みんな充足基調
何か面白いことをいつも探している。泥かけ合戦もその後の水かけ合戦も綱引きも日常的行われている筈です。誰かが始めると直ぐにみんなが同調します。オープンな場なので、みんなが参加せずには居られない感じです。
みんな心の底から笑うし、その笑顔が美しい。充足感情が全体を包み込み参加者が多いほど充足度が大きいことをストレートに体現している。肩を抱き合うスキンシップの挨拶や釣りの合間にも花飾りに熱心な女性たちなどを見ていると、集団の充足基調の中心に女性がいるんだなと思いました。

B表情から人物を読み取る能力に長けている
外部からの訪問者を受け入れるかどうかは長老が判断してました。男の場合は村長が女の場合は女長老が対応します。今回は女優であったので女長老がじっと彼女の表情を観察していました。このときの真剣な眼差しとその後の笑顔との落差に本物を見抜く眼力の凄さを感じます。
女長老が肩を抱き受け入れると、次に村長が肩を抱く。すると全員が肩を抱きに集まってきます。集団の存続に係るような大きな責任ある課題の一端を女長老が担っています。また、リーダーの判断にはみんなが絶対的な信頼を寄せているのもよく判ります。

C泣く時は、みんなで泣く
番組で、みんなが涙を流して泣いているシーンは三回ありました。一つは先の女優が体調を崩して寝込んだ時。そして、祭りの日のクライマックスで今年死んだ男の子を偲ぶ時。もう一つは女優との別れのシーン。いずれも、みんなで泣く。特に今年死んだ男の子の場合は悲しみの有り様について考えさせられます。
日常規範では死者の名を口にすることはタブーとされています。みんなに災いをもたらすからです。その代わり、祭りで思いっきり楽しんだ後に、みんなで泣く。年二回の祭りの時にはみんなで悲しみを共有する。男の子は誰の子供と言うわけではなく、みんなの子供。
だから母親や家族だけが悲しむ必要はないのでしょう。
 
 
  この記事は 65004 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_65005

 この記事に対する返信とトラックバック
225211 判断がみんなすりあっていると共認できているから。。。 スガイク 10/01/27 AM08
感情は共感のためにある 〜アマゾン先住民・ヤノマミ族の暮らしから〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 10/01/22 PM05
65375 言葉って共認を深めるものなのでは? 三輪歩未 03/12/09 PM09
65006 感情は共感のためにある B 橋口健一 03/11/30 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp