学者とマスコミはグルで頭脳支配
60686 学者やマスコミにとって、大衆は思考停止している方が都合がよい
 
冨田彰男 ( 40 経営管理 ) 03/08/28 AM01 【印刷用へ
>序列原理といえば、すぐに江戸時代の士農工商を想定するが、考えてみれば、古来から’70年の貧困の消滅に至るまで、人々はこの序列原理を暗黙の内に認め合ってきていたのではなかったのか? (60401)

今まで私たちは、「近代になって身分制度はなくなった」と、学校やマスコミによって教え込まれてきた。それはとんでもないウソであった。現に、官庁や企業は、肩書きという身分制度によって統合されており、それなしには官庁も企業も動かないのが現実である。そもそも、「近代に身分制度は解体された」と教えている学校自体が、教師という身分に生徒が従う、という身分序列によって統合されている。

現実の社会の制度は序列原理でもってつくられているにもかかわらず、学校の教師や学者やマスコミは、そのことには口を閉ざし、自由・平等・人権だとか、「君たちには、無限の可能性が開かれている」などと奇麗事を叩き込む。そして、社会の統合原理については、何も教えないまま、生徒を身分制度でがんじがらめの社会に放り出す。そして、生存圧力が消滅し、序列原理から共認原理に転換したという、みんな共認の実現基盤を人々は発掘できないまま、どうしていいかわからず、思考停止していく。
学校やマスコミにとって、大衆は思考停止している方が都合がよいのではないだろうか。その方が、教師や学者やマスコミは「偉い人」「社会的な仕事をしている聖職者」という身分を確保し続けることができる。人々が社会の当事者として思考し始めれば、学校やマスコミが共認支配しているのはおかしいという所に行き着く。それは学校やマスコミの特権的身分が脅かされることである。とりわけ、第一権力であるマスコミは、大衆を同一視する気などなく、思考停止を飯の種にしているのではないだろうか。
 
 
  この記事は 60577 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_60686

 この記事に対する返信とトラックバック
61260 マスコミ・学校の下半身と上半身 前上英二 03/09/10 PM07
60982 大衆を思考停止させることがマスコミの絶対課題 匿名希望 03/09/05 AM00
60974 そもそも大衆とは? 胡麻とOFF 03/09/04 PM11
60969 なぜ、学校は機能不全に陥ったのか。 端野芳 03/09/04 PM10
60887 2500年分の後退 阪本剛 03/09/03 AM00
60831 子供がすぐに疲れるわけ 吉国幹雄 03/09/02 PM00
60806 構造認識が無ければ可能性にも気付かない 小西康雄 03/09/01 PM08
60804 近代思想のペテン 山上勝義 03/09/01 PM07
60772 Re:学者やマスコミにとって、大衆は思考停止している方が都合がよい 江岸元 03/08/31 AM00
60725 奇麗事では社会は変えられない。 川中美代子 03/08/29 PM09
60722 首長(首相、知事、市長)はなぜ学識者に丸投げするのか 阿部紘 03/08/29 PM09
60700 浮遊する若者=閉塞する若者を閉じ込めているもの 村田貞雄 03/08/28 PM05
60699 思考停止から思考開始へ 山本貴美子 03/08/28 PM04

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp