生物の起源と歴史
5217 仲間の認識と集団性
 
石野潤 HP ( 46 教務開発 ) 01/06/13 PM01 【印刷用へ
こんにちは、端野さん。多細胞を考える際に、集団性ということについて、

多細胞生物への20億年以上の歴史の中で、認識機構はどのように進化していったのか。特に動物は、外部世界に対する認識機能を発達させていくが、かなり早い段階で同類他者を識別する機能が備わっている。

アメーバ、ゾウリムシなどの単細胞動物は餌となる微生物を細胞内に取り込み消化するが、同じ環境に育った同類他者を、普通は食べない。類を認識して食作用を抑制している。原始的な多細胞動物の海綿の組織はルーズで、水中でもむとバラバラになるが、しばらくすると再び集まり組織を作り直す。2種類の海綿で同じ事を行なっても、2種類の海綿の細胞は混じりあわずに、2つの海綿にもどる。

かなり、早い段階でこの識別能力を有していることは、外部世界の認識として、自然環境だけでなく、同類他者の識別能力を有しており、これが多細胞の道を開いたともいえるし、動物の進化の過程は、この機能の高度化を伴っているともいえる。

また、この段階で、細胞間情報伝達や形態形成に関する遺伝子のほとんどがそろっているという。例えば、脳の形成に関与する遺伝子が、脳どころか神経系すらない原始的なカイメンにも存在するらしい。

さらに、同じ特徴をもつ細胞で組織を形成し、他の細胞を異物として認識する機構は、両生類以降目覚しく発達する免疫系の原点とも言える。これらは、外部世界の認識し適応していく上で、仲間の認識が非常に重要な位置をしめることを示している。

多細胞生物に必要な2つの特徴は、細胞の専門分化とそれらの協調である。分化と協調により豊かな機能を獲得することができるとともに、全体が統合された生物体となりえるのである。そのために必須なのが仲間の認識ということになる。

ボルボックスは、5万個にも及ぶ細胞が集合しているが、細胞は細胞質の橋によって連絡しコミュニケーションをとっている。これによって、鞭毛の動きが統合され群体全体を動かすことが可能になる。また、生殖細胞が分化し新しい群体を作るが、その他の細胞は相互に強く依存し単独では生きることが出来ない。バラバラにすれば死んでしまうのである。

認識機構のうちで仲間の認識が重要であることも、相互依存的で単独では生きていけないことも、生物にとって集団原理がいかに根底的な位置にあるかを物語っている。相互の情報伝達が全体の動きを統合し、外部世界の情報認識と欠乏の認識を統合しなければ適応できないことが、外圧適応態たる生物のとっての集団の意味を示しているように思われるのだが。
 
 
  この記事は 5193 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5217

 この記事に対する返信とトラックバック
137834 個人主義は根源の本能=集団本能を封鎖する異常なもの 樫村志穂美 06/11/18 PM05
94986 識別機能ってなに? 田村飛鳥 05/07/23 PM09
87195 原初の多細胞生物における面構造 竹村誠一 05/03/11 PM10
5384 「同類」を認識することが生物にとっては根源的 土山惣一郎 01/06/19 AM08
5263 多細胞生物の認識機能の高度化の足がかり 吉国幹雄 01/06/14 PM05
5259 多細胞生物への道 2 端野芳 01/06/14 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp