脳回路と駆動物質
46365 『脳は判断する雰囲気を先につくる』・・・脳回路の全体性
 
本田真吾 HP ( 46 建築家 ) 02/12/25 AM01 【印刷用へ
部分的な神経細胞とシナプスのモデルに囚われている限り、事実は解明できないのではないかという見解で先の投稿をしました。しかし、脳細胞とシナプスの活動は厳然と存在します。そこで次の仮説は、その活動を包摂するより上位の統合システムの下で、今まで言われてきた部分的論理(脳細胞とシナプスの反応)が成立しているのではないかと言うものです。

興味深い実験としては、大脳皮質の細胞にセロトニンを加える。その時に殆ど反応はなかった。次に、別の神経伝達物質NDMAを加えると小さな反応を起こした。そして最後に、セロトニンを加え、それがまだ残っている段階で、NDMAを加えた。そうすると、大きな活動電位が生まれた、というものです。

これは、従来の神経伝達物質はシナプス間の連絡役という単純な論理では説明がつきません。おそらく、セロトニンがNDMAの反応を促進するように、脳細胞の環境を調整したのではないかと思います。このよう反応をモデュレーションと呼んでいるそうです。

ここから類推すると、ある神経ネットワークが作動するためには、先にネットワーク全体にホルモンの様な調整物質(例えばセロトニン)が放出される。そして、その範囲内でのシナプス活動が活発になる。もうひとつは、放出してから残留している時間内に限りシナプス活動が活発になるといえるのではないかと思います。

これは、調整物質が脳内の空間的、時間的な反応調整を先にしていることになります。擬人的に言えば活動の雰囲気をつくっているとも言えるのではないかと思います。そして恐らく、このような物質は何種類もあり、状況に応じて重なり合って、その濃度によって最終的な判断の基調が決定されているのではないかとも思います。


 
 
  この記事は 46364 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_46365

 この記事に対する返信とトラックバック
適応や学習で、脳内はどうかわる? 「Biological Journal」 07/02/20 PM10
46507 脳回路の2段階構造 北村浩司 02/12/26 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp