世界各国の状況
363558 世界新体制(トランプ革命)−2(吉田繁治氏)
 
匿名希望 21/01/13 PM06 【印刷用へ
吉田繁治氏 ビジネス知識源 リンク  
<Vol.1119:世界新体制(トランプ革命):その1>2021年 1月 12日:Declass とRed fiveの発令

1月19日から、略語は奇妙な響きで、嘘のようなコード名「ネサラ・ゲサラ法」の大統領令が出されます。
(1)『NESARA』 National Economic Security and Recovery Act (国家 経済安全保障改革法)
(2)『GESARA』 Global Economic Security and Recovery Act  (地球経済 安全保障改革法)

就任式前の1月19日には、バイデンとカマラ・ハリスは逮捕済みです。
その日から、120日間(4か月)は大統領不在でなく、暫定大統領に現役のドナルド・ダックではないトランプが、副大統領には、米軍のマイケル・フリン将軍が就任します。
この4か月に、20万ページに及ぶ機密書類が開示されます。国民には、1週間×4時間?の放映が必要なビデオ(作成済み)で、革命の内容と理由が示されます。
21年5月には、大統領選挙と、上下両院選挙が実施されます。
「トランプ党(MAGA:Make America Great Again:アメリカを再び偉大に)」からは、大統領にトランプ、副大統領にはこの戦略作りに加担したJFK・ジュニアが立ちます。ケネディのような歓呼と圧倒的大差で選ばれるでしょう。対抗馬はないかもしれません。
上下両院再選挙です。MAGAが最大多数を占めることは確実でしょう。
トランプは20年9月に準備していた国名;アメリカ共和国を宣言します。日本はそれから東京五輪、どこまでものどかでお馬鹿さん。新生アメリカ共和国にふさわしい憲法案が作られ、審議と投票が行われます。

(1)クレジットカード、住宅融資などの債務は、銀行および政府の(法貨を作ってきた)不法行為によるものである。ゼロにリセットされる。これは、連邦準備銀行(FRB)による債務の免除である。所得税は廃止される。(注)負債免除の明細には条件が付く。

(2)歳入庁(IRS)の廃止。IRSの職員は、米国財務省の売上税分野に転職する。政府の税には、14%の付加価値税(消費税)のみが課される。食品、医薬品、中古品には売り上げ税は課税されない。※生活必需品でないアイテムのみに14%が課税される。

(3)高齢者への年金支払いの増加させる。

(4)裁判、および法的事項は、憲法へ回帰する(新憲法で違憲になる法は廃止)。

(5)貴族称号に関する修正憲法の復帰。数十万の外国勢力(中国CCPの支配下にある米国人は、市民権を失う。他の国に追放され、生涯再入国ができなくなる。それらの人々の数百万の大学卒業の学位は価値のない紙切れになる。

(6)NESARA宣言の後120日以内での大統領、および国会議員選挙の実施。

(7)選挙監視員の選出と特定の利益グループによる不法な選挙活動の防止。

(8)新しい米国財務省による金・銀・プラチナなどの貴金属の準備資産がある通貨(ステープル型仮想通貨)の発行((注)旧ドルと、トランプ・ドルの交換比率は不明)
1933年の、フランクリン・ルーズベルトから始まった米国の破産状態の終了。(注)対外純債務1000兆は消却される。日本は対外純資産360兆円の損害か。中国は破産し、CCP党員100名の名義の1200兆円のスイス預金は、不正マネーとして凍結。

(9)米国人の出生証明記録の、米国運輸省証券としての販売の禁止。

(10)憲法に沿った米国財務省銀行システムの創設。
・連邦準備システム(FRS)の廃止。
・移行期間中には、連邦準備銀行(FRB)は、米国財務省の監視の下に一年間だけ、旧通貨の回収と廃止のための運用を許される。(あとはFRBを、財務省が吸収合併)
・金融に関するプライバシーの回復。(匿名預金か:税は消費税で所得税はなくなるから可能になる。タックスヘイブンマネーの米国回帰:推計1000兆円)。

(11)全ての判事と、検察官の憲法準拠のための再訓練(再教育)。
(12)世界的な軍事攻撃行動の中止(世界が同時に不戦宣言)。
(13)世界平和の確立。
(14)人間性確保の為の膨大な金額の資金の放出(貧困層救済)。
(15)国家安全保障の名目のもとに国民から隠蔽されていた6000件以上のフリーエネルギー装置、反重力装置、音響ヒーリング機械を含む特許の解放。
(16)地球上の現在、および将来のすべての核兵器を排除する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・・・以上、夢幻とも思える世界が5月の米国です。日本はどうすべきか。一緒に考え政府に提案しましょう。
政治家、官僚、R家の学説仕込みの学者は、頭脳がマヒするでしょう。
宗教、哲学、数学、工学、理学、医学のみが活きます。米国民の生活は豊かになります。日本が2位。R家の欧州は没落、中国は破産です。
 
 
  この記事は 363555 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_363558

 この記事に対する返信とトラックバック
全世界同時革命が始まる〜奥の院の情報開示第一弾:GESARA(ゲサラ)法 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 21/02/05 AM00
【金による新基軸通貨】金価格高騰もまだまだ破格に安い?(吉田繁治氏)1 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 21/01/29 AM00
【実現塾】トランプ革命から世界革命へ2 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 21/01/25 PM10
世界新体制(トランプ革命)−2(吉田繁治氏) 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 21/01/20 PM09
363671 世界新体制(トランプ革命)の成就が近い(吉田繁治氏) 匿名希望 21/01/17 AM00
363667 トランプ VS DS 光と闇の最終決戦 1 宮田一郎 21/01/16 PM11
363665 バチカン、英国王室、、トランプの落着点は? 宮田一郎 21/01/16 PM10
363616 2021年の世界10代リスク首位は米次期大統領→民主主義の「臨界点」、世界の分断 蔵端敏博 21/01/15 AM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp