日本人と縄文体質
359474 「持続可能な社会」の実現態、それが江戸時代
 
新川啓一 ( 壮年 建築家 ) 20/08/21 PM09 【印刷用へ
江戸時代の人口は、江戸初期の100年間で1270万人から3000万人に増えましたが(戦国時代後の人口増加)、その後160年間は殆ど増えていません。
もっと多く・もっと大きく、ではなく、より楽しく・より豊かに。拡大・成長から成熟・定常化に移行したことが、世界で類を見ない「持続可能な社会」を実現し、豊かな江戸文化を生み出したポイントです。
現代の私たちが未来を考えるヒントがここにあります。

リンク

(以下引用)
前号で「日本は持続可能な『定常型経済』に向かいつつあるのではないか」という見方をご紹介しました。
  
 定常型経済とは「活発な経済活動が繰り広げられているが、その規模自体は拡大していかない経済」ですが、日本にはその実例があります。江戸時代です。

 ご存じのとおり、江戸時代(1603年〜1867年)の265年間、日本は外国から侵攻されることもなく、初期と幕末を除けば海外とのやりとりを絶って鎖国をしていました。  
 また、国内でもほとんど戦争のなかった平和な時代で、日本の経済や文化が独自の発展を遂げました。

 当時の日本の総人口はほぼ3,000万人で、ほとんど変動がなく、2世紀半もの間人口が安定していました。首都・江戸の人口は、約100〜125万人と推定されており、当時のロンドンの人口は約86万人(1801年)、パリが約67万人(1802年)でしたから、当時は世界最大の都市でした。

 現在は多くの食料・エネルギー・木材・その他の資源を輸入に頼っている日本ですが、江戸時代は鎖国をしていましたから、海外からは何も輸入せず、すべてを国内のエネルギーや資源で賄ってなっていました。

 江戸時代にはさまざまな"リサイクル業者"が活躍していました(リサイクルという言葉はありませんでしたが)。
  
 現在のように「ゴミ問題」を解決するためにリサイクルをしていたわけではなく、モノが少なく、何であっても(灰のように現在は厄介者扱いされるものでさえ)貴重な資源だったからです。

 リサイクルだけではなく、ものを大事にそのままの形で何度も使うことも江戸時代では当たり前におこなわれていました。寺子屋で使う教科書は子どもの所有物ではなく、学校の備品でした。1冊の算術の教科書が109年間使われていた記録が残っています。

 ご心配のとおり、このような形では、紙屋も印刷屋も製版屋も出版社も運送屋もあまり儲かりません。次々と新しいものを買ってくれないと、経済は成長しません。

 江戸時代の研究家・石川英輔氏の計算によると、幕府が雇う大工の賃金が2倍になるのに200年かかっており、ここから計算すると、経済成長率は年に0.3%ぐらいだそうです。
 当時の人の寿命を考えれば、1人の人生の間に「経済が大きくなった」とは実感できない、いわば定常型経済でした。

 経済がゼロ成長だった江戸時代、人々は不幸だったのでしょうか?
 いえいえ、江戸時代の末に日本を訪れた欧米人がこぞって「礼儀正しく、朗らかで、なんと幸せそうな人々だろう」と称賛した記録が多数残っています。

 もちろん、江戸時代にもたくさんの問題があり、決してユートピアではありません。でも、日本には265年間にわたって、自国にある資源の持続可能な活用だけで社会を成り立たせ、人々はそれなりに幸せに暮らしていた、「持続可能な社会」の1つのお手本があることは、日本にとっても世界にとっても大事なことなのだと思うのです(という話を海外でするとみなさん、びっくりします!)。
(引用終わり)
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_359474

 この記事に対する返信とトラックバック
360297 武田教授が断言。能力主義の今より「昔の日本」が幸せだった理由 森羅万象 20/09/18 PM08
縄文ブログが描く未来像〜縄文体質は未来を拓く(プロローグ) 「縄文と古代文明を探求しよう!」 20/08/31 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp