脳回路と駆動物質
357206 男の脳と女の脳の成長過程に見る相違
 
山本紀克 ( 31 会社員 ) 20/05/28 PM00 【印刷用へ
男の本能、女の本能の違いを考える中で、そもそも男と女の違いは?と考えている。
女の子の方が、幼少期からしっかりしてる。可愛がられ上手。遊びはおままごと。
男の子の方は、幼稚、恥ずかしがり。戦隊者や乗り物を好む。決して、狩りに出るような闘争存在という感じがしない。

その男の脳と女の脳の成長過程に違いはあるのか?

調べてみると、胎児期に浴びる男性ホルモンのシャワーが、男の左脳の発達を抑制し、右脳の発達を促している(空間認知、図形処理)という。

脳の基本的な機能としては女の脳のほうが有機的かつバランスが取れている。男の脳のほうがとてつもなく不利なのだが、それを補って余りある特殊能力を持ったと言うことのようだ。

人類が有利に生き残るための、男と女の役割分担(狩りと家を守るとか)を実現するために、合理的な形だったのであろう。

ポイントは、
●妊娠2ヶ月までは胎児の体も脳も男女差はない。
●胎児は特別な指示がない限り女性の体になる。人の「初期設定は女性」
●男女の差として、Y染色体が、テストステロンという男性ホルモンのシャワーを妊娠期間中に浴びることで男性器が生成される
●胎児期に男性ホルモンシャワーを多く浴びるほど「男性的な脳」になる。(が、白黒ハッキリするものでなく、男女脳は同居する)
●この男性ホルモンは、「左脳の発達を抑える影響もある」ことがポイント。左脳=言葉や計算の能力を担当。男は女より左脳の発達が少し遅れる。だから女の方が幼少期から話し出すのが早いともいわれる。
●その分、男は右脳が発達する。空間認識力とか、図形処理能力が高まる。(狩りの能力をより発達?)

(※男性ホルモンの「左脳の発育を抑え、右脳の発達を促すという俗説がある」は「男の子ってどうしてこうなの?」スティーブ・ビダルフ著によるよう)


白氏の雑学日記リンクより引用です
------------------------------------------------------------
■男の脳と女の脳の成長過程に見る相違

性別の違いは、生殖器の違いなどに現れる外見の違いだけではなく脳にもあるが、妊娠2か月までは胎児の体も脳も男女差はないのだそうだ。胎児の体は、特別な指示がない限り女性の体になるようにプログラムされている。と言うことは、人の体も脳も「初期設定は女性」なのだ、アフリカで生まれた人類の最初の祖先も女だし、どうも人類としては女が基本のようだ。キリスト教では、アダムの骨からイブが生まれたと逆のようだが。

 性染色体の組み合わせは、女性では2本のX染色体、男性ではX染色体とY染色体が1本づつとなっていて、ここでも女が方が統一的ではあるだが。
男女の差が生まれるのは、Y染色体が、テストステロンという男性ホルモンのシャワーを妊娠期間中に浴びるようにと指令を出すからだとのこと。この男性ホルモンシャワーの働きで、女の生殖器の代わりに男の生殖器が作られるようになる。

 そしてこのため、胎児の脳が男性型に傾き始めるが、「男脳」「女脳」と明確に二つに別れているのではなく、胎児期に男性ホルモンシャワーを多く浴びるほど男性的な脳になる、という。
だから、脳の男女差はシロクロはっきりつけられるものではなく、一人の人間の中に「男っぽさ」「女っぽさ」が同居しているのが普通なのだそうだ。そう考えれば、女のような男も男のような女もいることが、何となく納得がいく。

 この男性ホルモンは、左脳の発達を抑える影響もあることがポイントだ。左脳というのは言葉や計算の能力を担当しているので、男の子の場合、女の子よりも左脳の発達が少し遅れ、そのせいで、女の子は一般的に「言葉が早く」「知恵が早い」と言われることになる。女の方がおしゃべりなのはやはり生まれつきの差なのだ。

 しかし、男の子の場合、ただ黙って遅れているだけではなく、初めに左脳の発達がおさえられるせいで右脳が発達するチャンスが生まれる。実際、男性は右脳の方が左脳よりも大きいアンバランスな形をしていることが多いとか。

 右脳は、空間認識力とか、図形処理能力を担当している脳で、一般的に、男性の方が「地図を読める」「幾何学が得意」「将棋やチェスが強い」傾向があるのはこの理由によるものらしい。なるほど、ここで「地図の読める男」のタイトルに納得がいくことになる。

 実は男の脳はもう一つ欠陥を持っていて、そのために特殊な能力を持つようになったということらしい。これは次回に書いてみる。

 いずれにしても、脳の基本的な機能としては女の脳のほうが有機的かつバランスが取れているようだ。

 男の脳のほうがとてつもなく不利なのだが、それを補って余りある特殊能力を持ったと言うことのようだ。まあもっともそれが、人類が有利に生き残るための、男と女の役割分担(狩りと家を守るとか)を実現するために、もっとも合理的だったのであろう。

●参考:男の脳・女の脳(1)「男の子は成長が遅い?」
(主婦と科学。家庭科学総合研究所 ほぼ日出張所 研究レポートその4)リンク
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357206

 この記事に対する返信とトラックバック
357458 男の脳と女の脳の違いは、男女の役割分担=「闘争」と「生殖」にある。 天神地祇 20/06/06 PM09
愛情ホルモンが左右するメダカの異性の好み 〜オスとメスで逆に働くオキシトシン〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 20/05/31 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp