西欧科学は狂っている
355880 【科学の本質を探る】インフレーション・ビッグバン宇宙論の謎(その3)行き詰まったインフレーション理論 阿部正紀
 
古越拓哉 ( 26 会社員 ) 20/04/20 AM09 【印刷用へ
【科学の本質を探る】インフレーション・ビッグバン宇宙論の謎(その3)行き詰まったインフレーション理論 阿部正紀
リンク
より転載。

------------------------------------------------------------------

【今回のワンポイントメッセージ】
・現在インフレーション理論は、観測からも理論的にも行き詰まっている。

暗黒物質、暗黒エネルギー――インフレーション理論が抱える謎

インフレーションモデルによって、従来のビッグバンモデルでは答えられなかった3つの難問に答えることができました。

また、21世紀の初頭にインフレーション理論に基づいて、宇宙背景放射のわずか10万分の1程度の揺らぎが見事に説明されました。さらに、このわずかな揺らぎを種とし、そこに原子が凝集して、星や銀河、さらに銀河団などに成長したとする宇宙進化のシナリオが作られています。

このため、インフレーションモデルは宇宙論の標準的モデルとして受け入れられ、宇宙進化を解き明かした画期的な理論として脚光を浴びました。

ところがその背後には、大きな謎が秘められています。上記の揺らぎを説明するために、現在の宇宙を構成している物質のうち、光学望遠鏡または電波望遠鏡で観測できる普通の物質はわずか4%しかなく、96%は正体不明とされています。

その内訳は、22%が「暗黒物質」と呼ばれる正体が不明の物質で、74%が「暗黒エネルギー」と命名された得体の知れない物質です(エネルギーは相対性理論によって物質と等価とされています)。宇宙の物質の96%は「暗黒」すなわち光らない、見えない、正体不明という謎に包まれているのです。

宇宙物理学の第一人者たちが、次のように述べています。

「暗黒物質と暗黒エネルギーは直接検出されるまではあくまでも『仮定』と言わざるを得ない。・・・どこかで重大な勘違いをしているために、実在しない暗黒物質と暗黒エネルギーで現象を説明しているだけではないのだろうか?」(須藤靖『ものの大きさ―自然の階層・宇宙の階層』東大出版会(2006年)159頁)

「ダークエネルギーの起源も正体も現時点ではまったくわかっていない。ただ、観測を再現するために必要とされているものだ」(池内了『宇宙論のすべて』新書館(2007年)244頁)
このような仮想的な存在を導入しなければならないという未解決問題を、インフレーション理論は抱えているのです。

理論的に行き詰まったインフレーション理論

インフレーション理論は1980年代の初めに、素粒子物理学の標準理論である「大統一理論」に相対性理論の重力方程式を結び付けて作られました。

ところがその後、このようなモデルではインフレーションが起こらないことが理論的に明らかにされました。そこで現在は、素粒子論の標準モデルとは切り離して、インフレーションを起こすのに都合の良いモデルが理論家の意のままに作られています。

真空のエネルギーによってインフレーションが起こされるという一点だけを残して恣意(しい)的に作られたインフレーション理論の数が、現在では百にも上ります。そこで、インフレーション理論の数がインフレーションした、といわれています。

さらに、インフレーションが起きたことを示す直接の証拠として報告されていた「宇宙が誕生した直後の『重力波』の痕跡の観測結果」が誤りであることが2015年1月に公表されました(参照:2015年2月1日付朝日新聞デジタル記事「『宇宙急膨張の痕跡観測』は誤り 国際研究チームが結論」)。

このように、現在はインフレーションのメカニズムを説明する定説がなく、支持する観測データも存在しません。それゆえ、かつてはビッグバンモデルの未解決問題を解明して脚光を浴びたインフレーション理論も、今や仮説の域を出ない状況にあります。

インフレーション理論を最初に提唱した佐藤勝彦は、次のように述べています。

「インフレーション理論は・・・宇宙初期を考えるときの標準的なパラダイムになっています。『パラダイム』とは、完全に証明されたわけではないけれども、ひとつの学問分野として研究者たちがそれを信じて、研究を進めているものと理解していただければよいと思います」(佐藤勝彦『インフレーション宇宙論―ビッグバンの前に何が起こったのか』講談社(2010年)71、72頁)

つまり、インフレーション理論は、完全に証明されないまま科学者集団によって受け入れられ、その枠の中で日常的な研究が行われているのです(パラダイムについては、後ほどこの連載コラムで取り上げます)。

【まとめ】
・インフレーション理論には、支持する観測データが存在せず、正体不明の暗黒物質と暗黒エネルギーの存在を仮定しなければならないという未解決問題が存在する。
・インフレーション理論は素粒子論と折り合いがつかないので、恣意的にさまざまな理論が作られている。つまりインフレーションのメカニズムを説明する定説が存在しない。
・観測からも、理論からも行き詰まっているインフレーション理論が宇宙論の標準理論として受け入れられ、その枠の中で研究が進められている。

------------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 355727 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_355880

 この記事に対する返信とトラックバック
ビッグバン理論の限界にみるキリスト教世界観 「地球と気象・地震を考える」 21/10/29 PM01
364540 ビッグバン宇宙論と天動説の共通点〜実際には存在しない概念で自然を描くという辻褄合わせの理論構造 斎藤幸雄 21/02/15 PM05
356014 【科学の本質を探る】インフレーション・ビッグバン宇宙論の謎(その4)多宇宙論と偶然一致性問題 阿部正紀 古越拓哉 20/04/24 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp