西欧科学は狂っている
355727 【科学の本質を探る】インフレーション・ビッグバン宇宙論の謎(その2)“無”からの宇宙誕生 阿部正紀
 
古越拓哉 ( 26 会社員 ) 20/04/14 PM11 【印刷用へ
【科学の本質を探る】インフレーション・ビッグバン宇宙論の謎(その2)“無”からの宇宙誕生 阿部正紀
リンク
より転載。

------------------------------------------------------------------

今回は、宇宙のインフレーションに先立つ「“無”からの宇宙誕生説」を紹介し、それが抱えている問題点を明らかにします。

【今回のワンポイントメッセージ】
・“無”からの宇宙誕生説は仮説の域を出ない。

“無”から誕生したミニ宇宙とインフレーション

インフレーション・ビッグバン理論によれば、今から138億年前に“無”から電子よりも小さな“ミニ宇宙”が誕生しました。

ミニ宇宙は、インフレーションと呼ばれるものすごい勢いの膨張を行いました。すなわち、膨張速度が、宇宙が膨張するに従って加速される「加速的膨張」によって、1秒以内に少なくとも10の30乗倍(30桁)も膨張して、10センチ以上の“火の玉宇宙”になったのです。

この“火の玉宇宙”がビッグバン(大爆発)を起こし、その後もゆっくりと膨張し続けて今日の宇宙になった、とされています。

“虚数時間”による説明の謎

“無”からミニ宇宙が誕生したことを説明する理論は、「車椅子の天才学者」として知られているスティーブン・ホーキングらによって提唱されました。

ホーキングらは、時間を虚数で表し、ミニ宇宙が“虚数時間”の流れる世界から実数時間の流れる現実の世界に飛び出して宇宙が開闢した、と唱えました。

虚数とは、二乗するとマイナスになる「想像上の数」で、物理学や工学で用いられています。この場合は、虚数を用いた計算結果が観測や実験と一致することが確かめられているので、虚数を用いることが正当化されています。

しかし、虚数時間を用いたホーキングらの宇宙誕生モデルを正当化するような観測データや理論は存在しません。ホーキングは次のように述べています。

「虚数時間を使うことは単なる数学的なトリックに過ぎず、実体や時間の本質については何も語っていないといってもかまいません」(スティーヴン・W・ホーキング著『ホーキングの最新宇宙論』佐藤勝彦監訳、日本放送出版協会(1990年)122〜123頁)

支持する根拠がなく「実体のない」虚数時間を用いて説明する「ミニ宇宙誕生説」は、「実体のない」仮説――説明のためだけに導入した仮説――といわざるを得ません。

“揺らぎ”による説明の謎

さらにホーキングらは、ミニ宇宙が虚数時間の世界から実数時間の世界に飛び出したメカニズムを、“無”の世界の“揺らぎ”で説明しています。すなわち、量子力学が明らかにした「真空の揺らぎ」現象を“無”の世界に拡張してミニ宇宙の誕生を説明しているのです。

しかし現在の宇宙空間の真空で成り立っている「真空の揺らぎ」現象を、宇宙開闢以前の“無”の世界に拡張できることを示す理論的な根拠は存在しません。従って「真空の揺らぎ」によるミニ宇宙誕生の説明は、先ほどの虚数時間による説明と同様に、説明するためだけに導入した仮説の域を出ていないといえます。

“無”からエネルギーを取り出す「ただ飯理論」の謎

“無”から出現したミニ宇宙には、当然、物質もエネルギーも存在しませんでした。ところがミニ宇宙は、「真空のエネルギー」と呼ばれる、真空空間に存在するエネルギーを獲得したとされています。

この真空のエネルギーが空間を膨張させてインフレーションを引き起こすとともに、インフレーションが終了したときに真空のエネルギーが熱エネルギーに転じ、その後物質に変わったと想定されているのです。

では、ミニ宇宙はどのようにして“無”から真空のエネルギーを獲得して“火の玉宇宙”に成長したのでしょうか。

この問いに答えるために作られた理論は、金を払わないで食事にありつくようなもの、という意味で「ただ飯理論」と呼ばれています。それは、持ち金ゼロの人が、銀行から現金(プラス)を借金(マイナス)と引き換えに手に入れることに例えて、次のように説明できます。

(a)エネルギーゼロの状態で誕生したミニ宇宙は、「真空のエネルギー」というプラスのエネルギー(現金)を、それと釣り合うマイナスの「重力のエネルギー」(借金)と引き換えに獲得した。

(b)こうして得た真空のエネルギーがミニ宇宙を膨張させ、(c)膨張した空間が、(a)と同様に真空のエネルギー(現金)をそれと釣り合う「重力のエネルギー」(借金)と引き換えに獲得した。

このような「ただ飯理論」も仮説の域を出ていません。真空のエネルギーを重力のエネルギーと引き換えに“無”から取り出す原理が不明だからです。また真空のエネルギーが空間を膨張させるメカニズムも解明されていません。

“無”からの宇宙開闢理論は仮説の域を出ない

“虚数時間”、“真空の揺らぎ”、“ただ飯理論”――いずれも宇宙開闢時に成り立っていたことを示す理論的根拠も観測データも存在しないので仮説の域を出ません。従って、「“無”からのミニ宇宙誕生」理論をまともに信じている科学者はほとんどいません。

【まとめ】
・ミニ宇宙が、「虚数時間の流れる」世界から「実数時間の流れる」現実の世界に、「真空の揺らぎ」と同じプロセスで飛び出したと想定する「“無”からの宇宙誕生説」を支持する観測データも理論も存在しない。
・エネルギーゼロで誕生したミニ宇宙が、真空のエネルギーを獲得したことを説明する「ただ飯理論」も、これを支持する観測事実や理論が存在しない。
・「虚数時間」「真空の揺らぎ」「ただ飯理論」は、結果を説明するためだけに導入した仮説に過ぎないといえる。それゆえ、「“無”からの宇宙誕生」説をまともに信じている科学者はほとんどいない。

------------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 355448 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_355727

 この記事に対する返信とトラックバック
355880 【科学の本質を探る】インフレーション・ビッグバン宇宙論の謎(その3)行き詰まったインフレーション理論 阿部正紀 古越拓哉 20/04/20 AM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp