日本人と縄文体質
340339 日本人の法意識と稲作
 
西本圭  ( 37 会社員 ) 18/10/28 AM01 【印刷用へ
以下引用サイト
リンク

**************************

実は,日本の憲法,民法,刑法などの主要な法律はえてして,外国の法律を参照して,それを日本の国内法として使っていることが多いのです。外国法の継受と申します。ですので,日本の法学部で学び始めた方はおそらく皆感じることではないかと思うのですが,日本の法律の講義を聞いても,なんとなく,サイズの違う服を着ているような感覚を覚えるのです。確かに六法には,紙に活字で法律が書かれているわけです。でも,その解釈,として教わる外国の学者の方々の学説などを聞いても,なんとなく何かが違うような感覚がしたことを覚えています。

川島先生が探求されようとした存在も,きっとそのことと共通するように思います。外国の法律を日本語に訳したものを紙の上で追っているだけでは,よい法律の動かし方は決して分からない。その法律の動きを促す存在を研究するべきだ,と川島先生は思われたのだと思います。

その研究結果である『日本人の法意識』には,とても興味深い話が並んでいるのです。例えば,所有権についてのお話ですと,「外国人が自分の物を人に貸した場合には当然のように「返してくれ」と言うのに対して,日本人はえてして遠慮気味に「返してもらえないか」と尋ねる傾向がある。」,民事訴訟のお話ですと「日本では,訴訟を起こす人はえてして『変わり者』とみなされる。」などのように。

川島先生は研究の結果をまとめて,「日本人にとって権利・義務とは,あるような,ないような存在である」と書かれています。活字として紙に権利義務が書かれているのに,それは「あるような,ないようなもの」と言われるそのお話は大変興味深く,大学生だった私は,知的興奮を覚えたことを記憶しています。その後弁護士になり,教科書だけでなく,実際に生きた事件を担当するようになった今でも,時々その川島先生のお話を思い返すことがあります。そして思うのです。「川島先生が言われた『日本人の法意識』はどこから来たのだろうか。」と。

そんな中,とても興味深い記事を目にすることがありました。稲作が社会意識に影響を与えているのではないか,という記事です。アメリカのバージニア大学で文化心理学を研究されているトマス・タルヘルム氏率いる研究チームが,中国で,稲作が中心の地域と麦作が中心の地域とで,人々の意識がどう違うのかを研究したというのです。日本の法律がモデルとしている欧米では,人々は一般的にアジア圏の人々より個人主義であるといわれています。

その違いはどこから来たのかを調べようとしたトマス教授は,欧米の主食と言えばパンなどの小麦から作られたものであり,アジアでは米を主食にしている地域が多いことに着目したのです。トマス教授は,稲作も麦作も行っている中国を対象に調査を行いました。その結果,気候,言語・文化などに関わりなく,歴史的に長く稲作を行ってきた地域出身の人々は,和を重んじる全体主義的な傾向があり,麦作を行ってきた地域出身の人々は自立した個人主義的な傾向があることが分かったとの報告をまとめたのです。

稲作を行うには全体的な労力が麦作よりも大きく,周囲の協力が必要不可欠です。稲作農家は連携して入り組んだ用水路を整備したり,作業を互いに手伝ったりしなければなりません。長い年月の中で,そのような共同体意識が,チームワークの必要性が相互依存的,集団主義的性質を生んだのであろうと,トマス教授は報告しています。それに対し麦作(小麦)は,他の農家と連携しなくとも栽培できますね。それ故に自立的、個人主義的な性質を生んだと解釈できる,ともトマス教授は報告されているのです。

研究チームは、中国6か所の異なる地域出身の学生1162人を対象にいくつかのテストを行ったそうです。あるテストでは学生に,自分とつながりがある人々を円で描いてもらったところ,稲作地域出身の学生は自分自身を友人よりもやや小さな円で表したのに対し,小麦生産地域出身の学生は,自分自身を他者よりも大きな円で表したといいます。さらに稲作地域出身の学生は,友人に対して助けてあげたいという気持ちが強く,一方で罰する傾向は弱かったといいます。これは,社会面及び仕事面での相互関係において,集団内の絆がどれほど優先されているかを示すものだとされているのです。

トマス教授は,そのように作っている穀物の違いが人々の性格や価値観,社会性に反映されると指摘し,この理論を「稲作理論」と名付けたのです。トマス教授の研究結果は,法意識の面でも言えるように思えます。

川島教授が『日本人の法意識』で書かれたように,日本人の法意識が欧米のそれと比較して,「個人による権利主張」ではなく「集団の和」を重視しようとすると言われる理由も,稲作にあるのではないかと思うのです。稲作のためには地域が集団で水を管理する必要があります。稲作地域で水が絶えてしまえば,地域全体が滅びるのです。そのような環境は,個人を尊重することよりも,集団を重視する社会意識を生んだことになります。

逆に,気候により稲作に適さず,小麦の栽培や狩猟が行われてきたヨーロッパでは,権利主張を行わなければ生活ができないのである。それが欧米流の権利主張を中心とした法文化を生んだと思われるのです。

トマス教授の報告を拝見して,なんとなく学生時代からの疑問が凍解したような気がしました。法の動きを促す存在。それは,日本の社会で懸命に生きてきた人々の意識が積み重なったものなのだと思います。
紙に書かれた法律があって,それが社会を動かすのではない。懸命に生きる人々とその思いがあって,初めて法律は動き出すのです。

**************************
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340339

 この記事に対する返信とトラックバック
縄文体質の史的足跡〜第5回 故郷はなぜ想うのか〜生きる場と社会の仕組みを生み出した惣村〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 18/11/19 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp