市場の支配構造(金貸し支配)
332770 市場論・国家論13.1次・2次世界大戦(欧州編)〜1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略
 
岡田淳三郎 ( 70代 経営 ) 18/01/17 AM00 【印刷用へ
実現塾の要約です。

1次・2次世界大戦(欧州編)の追求ポイントは、
1.1次と2次は勢力が似通っているが、1次・2次大戦を仕組んだのは誰か?
2.1次も2次もドイツが連合国の主敵となっているが、なぜドイツなのか?
3.1次大戦の只中でロシア革命、2次大戦中に中国革命が起き、戦後、ソ連・中共という共産主義国家が成立しているが、両革命を仕組んだのは誰か?
4.両革命を仕組んだのが金貸しだとしたら、資本主義の本丸たる金貸しが、なぜ共産革命を仕組んだのか?

・1次・2次大戦の結果、誰が儲けたのかという視点から見れば、1次・2次世界大戦を通じてボロ儲けし、世界の覇権を握ったのがロックフェラーであることは明白であり、従って1次・2次大戦を仕組んだのはロックフェラー(その場合、敵はロスチャイルド)ということになる。
・その見方で矛盾がないか否かを、上記1・2・3の分析を通じて検証してみよう。

・20C初頭、世界の覇権は欧州のロスチャが握っていたが、米国を地盤にしたロックが急成長してロスチャと肩を並べる所まで来ていた。そこで、世界覇権を目指すロックは三段階の構想を練り、実行に移してゆく。
・産業資本として出発したロックは後に金融界に進出してゆくが、金貸しの大半はユダヤであり、金融界を牛耳るためにはユダヤの金貸しを手懐ける必要があった。都合の良いことにユダヤ人のロスチャは商売上の必要からキリスト教に乗り換えていた。そこで最初に打った手が、自らユダヤ教に改宗し、世界支配を掲げるタルムードを信仰する(orその振りをする)と共に、社会主義・世界革命を掲げるトゥーレ協会に接近することであった。
(注:トゥーレ協会には、プロイセンのビスマルクやヒトラーも関わっており、ヒトラーの「第三帝国」や「国家社会主義」という発想は、トゥーレ協会の影響と思われる。もちろん、ロックの「世界支配」や「共産主義」的な発想も、トゥーレ協会の影響である。)

・トゥーレ協会の影響の下に練られた第二の構想が、ロシアのユダヤ人を核にしてロシアに共産主義政権を樹立し、ロシアと欧州を闘わせるという構想である。
・第三が(上記を実現するためにも)、欧州を二つに分断して闘わせ、欧州(ロスチャの基盤)を破壊すると共に、戦火と無縁な米国(ロック)がボロ儲けするという構想である。そこでロックはトゥーレ協会等を通じてドイツに近づき、ドイツを資金面・技術面で支援してドイツの工業生産力の増強を図った。
・英・仏の対抗勢力をドイツに定めたのは、ロシアとの中間に位置しているだけではなく、規律性・勤勉性の高いドイツ人の国民性が工業生産に適していると見抜いていたからだと思われる。(実際、現在でもEUにあってドイツの工業力は群を抜いているし、ドイツ以上に規律性・勤勉性の高かった日本の工業力も、高度経済成長期の頃は世界一であった。)
 
 
  この記事は 331528 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_332770

 この記事に対する返信とトラックバック
市場論・国家論13.1次・2次世界大戦(欧州編)〜1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略 「日本を守るのに右も左もない」 20/09/11 AM00
333400 「最初のイギリス人」は浅黒い肌に縮れ毛だった 予想を覆すその容姿とは 志水満 18/02/12 AM02
333394 堀江貴文も驚愕。村井教授が「MEGA地震予測」を始めた本当の理由 志水満 18/02/11 PM10
333384 記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題とはなんだったのか? 志水満 18/02/11 PM06
333383 米軍やCIAの情報も漏れた「フィットネスアプリ」に潜む危険性 惻隠之心 18/02/11 PM05
333181 なぜ日本人は勤勉になったのか 高嶋靖男 18/02/02 PM10
332839 第1次・第2次世界大戦を仕組んだのは、ロスチャイルドではなくロックフェラー 山澤貴志 18/01/19 PM06
332835 ロックフェラーとユダヤの繋がり 冨田彰男 18/01/19 PM01
332795 市場論・国家論14.戦後の東西冷戦を作り出したロックフェラーの世界主義と共産主義 岡田淳三郎 18/01/18 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp