西欧科学は狂っている
327468 近代科学の正体〜自然を拷問にかけて白状させる〜科学者たちの言葉から
 
冨田彰男 ( 53 経営管理 ) 17/06/21 AM00 【印刷用へ
>どこから職人ではなく科学者が、大きな発言権を有すようになったのか?「職人と科学者」326003

『十六世紀文化革命』(山本義隆著 みすず書房)によると、リンク
16世紀までは技術は職人が発達させてきたが、17世紀に科学者(知識人)が職人の成果を横取りして、職人を排除していったということだ。

しかし、もっと大きな問題がある。
科学者が主導権を握るとともに自然観が転換する。
16世紀までの職人たちは自然に対する畏れを抱き、人間の技術は自然に及ばないと考えていたが、17世紀の科学者たちは科学と技術で自然を支配し使役しうると考えるようになった。

以下、前掲書「第10章−15.近代科学の攻撃的性質」から、17世紀以降の科学者たちの言葉を紹介する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
近代の自然認識への転換を象徴するのが、ガリレオの実験である。その実験は、滑らかな斜面を用いることで落下時間を引き延ばして時間の測定を容易にし、かつ空気抵抗の影響を低減させるというもので、これは自然界には存在しない真空中での落下という理想化状態に人為的に近づけたものである。その実験の目的は、それまでの技術者による試行錯誤を通じた技術の改良ではなく、時間と空間の関係としての定量的法則を確立することであった。

このガリレオの実験の意義を、【カント】は次のように述べている。
「理性は一定不変の法則に従う理性判断の諸原理を携えて先導し、自然を強要して自分の問いに答えさせねばならない。そのことを自然科学者が知った」
「それはもちろん自然から教えられるためであるが、しかしその場合に、理性は生徒の資格ではなく本式の裁判官の資格を帯びるのである」

カントだけではない。17〜18世紀の科学者たちは、自然を攻撃し征服・支配することを善とする言葉を堂々と口にしている。

【フランシス・ベーコン】
「自然の秘密もまた、技術によって苦しめられるとき、よりいっそう、その正体を現す」
「自然研究の目的は、行動により自然を征服することにある」
「技術と学問は自然に対する支配権を人間に与える」
「自然は自由を失い、奴隷となり、束縛を受けなければならない」
「人間の知恵と力が一つになったとき、自然は切り裂かれ、機械と人間の手によって、それまでの姿をくずされ、押しつぶされ、型にはめこまれるだろう」

【ロバート・ボイル】
「私は元素の混合によって生ずるといわれている諸物体そのものを試験し、それらを拷問にかけてその構成原質を白状させるために忍耐強く努力した」

【ジョセフ・グランヴィル】
「自然は、より穏やかな挑発では明かすことのできないその秘められた部分を、巧みに操られた火の暴力によって自白する」

【デカルト】
「私たちは自然の主人公で所有者のようになることができる」

【ミシェル・シュヴァリエ】
「弱く貧弱な存在にすぎない人間は、機械の助けを借りて、この無限の地球上に手を広げ、大河の本流を、荒れ狂う風を、海の満ち干をわがものとする。地球の脇においたら一つの原子にすぎない人間が、その地球を従順に働く召使にしてしまう」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
近代の科学者たちは、自然を「実験」という拷問にかけることによって、その仕組みを白状させ、征服しようとしたのである。
自然に対する攻撃と征服。それが近代科学が当初から目指してきたものである。それが近代科学に刻印されている以上、原爆・原発をはじめとして、近代科学がトコトン自然を破壊し続けてきたのも必然である。
 
 
  この記事は 326003 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327468

 この記事に対する返信とトラックバック
346240 西欧近代科学〜「人間の自然に対する支配権は神の贈与によって人類のものとなっている」 宮田一郎 19/05/27 AM00
343215 作りっぱなしで、無責任〜近代科学の犯した罪 女の職場話 19/02/09 PM01
330441 ベーコンの理性主義。科学=人間の思考を自然を理解する為の「機械」と捉えた。 田野健 17/10/16 AM00
328997 農業はポスト・ラウンドアップ時代へ 深ヰ紫 17/08/22 PM11
328543 科学の名のもとに、とはいうものの・・・現代における不穏な10の科学実験 匿名希望 17/08/04 AM00
328275 【1週間前に地震を予知】早川教授の最新『WEEKLY 地震予報』@〜世界的発見 惻隠之心 17/07/24 AM00
328266 日本の「蚊帳」が世界を救った。米国の横ヤリにもめげぬ日本企業@〜注目されているのは蚊帳(かや)を使ったマラリア対策 惻隠之心 17/07/23 PM08
328264 「タカタ」もアメリカにはめられた! 惻隠之心 17/07/23 PM07
328256 「有償」のボランティア活動が盛んになっている理由 志水満 17/07/23 AM10
328232 科学は宗教より遅れている 深ヰ紫 17/07/22 AM09
327787 同化することでその対象を内側から体験する〜精霊信仰(アニミズム) 女の職場話 17/07/04 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp