生命原理・自然の摂理
309494 植物が緑色なのは、他者との共生を望んだからではないか?
 
松本翔 ( 26 構造設計 ) 15/11/18 PM04 【印刷用へ
植物がなぜ緑色をしているのか。それは未だによく分かっていません。
「緑に見える」のは、葉が緑色の光を反射あるいは透過し、他の色の光を吸収しているからで、それは、葉は緑色の光をあまり必要としないということを表しています。光のエネルギーを取り入れて光合成するのに、緑色の波長領域のエネルギーを捨てている。ところが、地球に届く太陽光の強さと波長との関係を見ると、緑色の光に強さのピークがあるようです。強い緑色光を使えば良いのに、なぜ植物は非効率な道を歩んだのか?

リンク
=======================
オークヴィレッジ代表の稲本正さんが、とても興味深いことをおっしゃっている。「葉っぱはどうして緑色なのか」 ということだ。

これに対して、「葉の主成分であるクロロフィルの色だ」 とか 「緑色の光線を反射するから緑色に見えるのだ」 とか、いろいろの説明があるのだが、稲本さんはそれでは満足のいく答えになっていないというのである。根元的な問いは 「葉っぱはどうして緑色の光線を反射する道を選んだのか」 ということだ。

太陽光をプリズムで分解してみると、目に見えるところでは赤から紫まで広がっていて、その中でも一番有力なのは、真ん中の緑色の部分だ。ところが、葉っぱは敢えてこの一番有力な緑の光線を反射して取り入れないようにし、赤と紫の部分の光線を取り入れている。だから我々には、葉っぱは緑色に見える。

葉っぱが太陽光を最も効率的に取り入れようとしたら、自らを真っ黒にすべきだったのではないかと、稲本さんはおっしゃるのである。そうすれば、太陽の光をあますところなく吸収して生きることができる。ところが、植物はそうしなかった。葉の色を緑にし、太陽光の最も有力な部分を反射して、他に分け与える道を選んだ。

もし葉っぱが真っ黒な色をしていたら、地球は真っ黒な植物に覆われ、ずいぶん暗く味気ない星になっていただろう。そして植物以外の生命は栄えることができず、ということは、植物自身も動物との共生を行えず、自らの進化の道を狭めることになっただろう。

もとより植物は生態系の中のエントロピーを減少させる働きをしていると、稲本さんはおっしゃる。動物がひっきりなしに吐き出している二酸化炭素を吸収して酸素を供給し、放っておけば汚れてしまう水を浄化し、動物の体の元となる有機物を作る。混沌の真っ只中で自ら有機物を生産する力があるのは、地球上で植物だけだ。

植物は、自ら地上で栄えるばかりでなく、自らの直接の取り分を小さくしてまで動物たちに太陽光の最も豊かな部分を反射して分け与え、共生する道を選んだのだと、稲本さんはおっしゃるのである。

植物が意識的に (植物に意識というものがあると仮定して)そうした崇高な道を選んだのかどうかは、わからない。単に偶然の結果、そうなっただけなのかもしれない。

しかし、太陽光の独占 (「強欲」 といってもいい) は、動物との共生 (受粉だけでなく、根からの栄養分の吸収にも土中の動物は大きな役割を果たす) の道を狭め、結果的に自らの生命の可能性をも小さくする。

植物がここまで上手に進化することができたのは、宇宙の法則にうまく適合したからだ。法則に反した道を選んだら、勝手に自滅していただろう。ということは、「他との共生」 こそがこの世のあるべき姿であり、それに合致したものこそが生き延び、栄えることができるのだとみてもいいだろう。結果が雄弁にそれを証明している。

=====================
引用終わり
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_309494

 この記事に対する返信とトラックバック
325624 地上部分(葉・茎)を失った植物は“根”で光合成を行う 稲依小石丸 17/04/09 AM00
植物が進化した理由は、緑色の光を他の生物に明け渡す共生の道を選んだから 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 16/01/11 PM03
310325 書籍紹介「植物は<知性>をもっている―20の感覚で思考する生命システム」 斎藤幸雄 15/12/19 PM04

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp