脳回路と駆動物質
308834 回転方向の持つ意味と理(ことわり)
 
匿名希望 15/10/26 PM04 【印刷用へ
根拠は不明だが、エネルギーの回転方向で私たちは何らかの影響をうけていることが伺え、興味深い。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
回転方向の持つ意味と理(ことわり)
リンク(波や回転方向と人体の関係などを考察してる)

●カイロプラクティック
(左回)破壊、抑制
(右回)生成、促進、修復 
 
●気功
(左回)
・エネルギーの放散、開放、分散
・邪気を抜く
・浮遊霊が憑依している
(右回)
・エネルギーの凝縮、集中、統一
・神気(宇宙エネルギー)を入れる
・神仏レベルのエネルギーの持ち主
(浮遊霊は憑依していない)
  
●チャクラ
(左回)エネルギーが抜ける
(右回)エネルギーが入る ※本人に向かって
 
●易
(左回)求心、圧縮、下降の性を有するもの→「陽」   
(右回)遠心、拡散、上昇の性を有するもの→「陰」

●鍼灸
(左回)搓転(鍼の捻り)において瀉法は左回旋(反時計回り)
(右回)搓転(鍼の捻り)において補法は右回旋(時計回り)
補法は「患側の左側では右回転、右側では左回転」
瀉法は「患側の右側では右回転、左側では左回転」 
 
●マクロビオティクス
(左回) 陰性回り
・エネルギーは適度・柔らか・ゆるくなる
・生命力
・地からのエネルギー 【陰】
(右回)陽性回り =収縮の理=
・エネルギーが入る・固くなる・硬くなる)
・致命力
・天からのエネルギー 【陽】
※回転方向は北半球において
 
●卍
(左回)左まんじ ⇒ 月まんじ
(右回)右まんじ ⇒ 太陽まんじ
 
●マンダラ
 (左回)時間の流れ
(右回)エネルギーの流れ   
 
●水晶
 (左回)レフトスパイラル
・地球のエネルギーを持つ
・エネルギーを吸収
・右脳へ働きかける
・身体の前からチャクラに働きかける
・過去へ
 (右回)ライトスパイラル
・宇宙のエネルギーを持つ
・エネルギーを吸収
・左脳へ働きかける
・身体の後ろからチャクラに働きかける
・未来へ
 
●地球
(左回)
 ・自転の向き→回転の渦が起こす遠心力は左回転
・北半球の磁場
(右回)
・地球の引力・求心力は右回転
・南半球の磁場 
  
●電磁波
(左回)電化製品の電磁波
 
●電流
(左回)−
(右回)+
 
●DNA
(左回)Z型(Z−DNA)だけ左螺旋
(右回)一般的には右螺旋
 ※Z−DNAのZは、zig−zagから
 
●IUPAC命名法
(左回)左旋性を(-)
(右回)右旋性を(+)
 
●RS表示法
(左回)S体
(右回)R体
 S体の分子には薬理効果のないものも珍しくない
 
●DL表示法
(左回)l-体 左旋性(-)
(右回)d-体 右旋性(+)
 
●左回り健康法 
ヒトは受精した瞬間から右ネジの法則に乗って生きてゆき(生命の消費)、そして死を迎えると言われています。
(受精卵が右回転して育つ=生命のダンス=ことから)
その原理を応用したのが「左回り健康法」で集中、収縮、緊張などのエネルギーも右回りであるため、人体の磁場を左回りに仕向けることでバランスを取ろうとするもの。
方法は至って簡単で、回転イスに乗って左にグルグル回ってみる、回転木馬に乗ってみる、などがあります。

●お掃除とお料理への活用編
美味しいお食事を作るなら「右回転」で混ぜ、汚れを落とすなら「左回転」。
 
List
  この記事は 308333 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308834

 この記事に対する返信とトラックバック
373500 光渦が秩序化の電磁波ではないか? 本田真吾 21/12/26 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp