日本人と縄文体質
308364 縄文時代を骨相学から語る(1)〜どこからも縄文人は来なかった
 
田野健 HP ( 55 設計業 ) 15/10/09 PM11 【印刷用へ
2105年5月に刊行された片山一道氏の「骨が語る日本人の歴史」という書籍を最近購入したが、この著書は歴史学といった先入観を排除して発掘された人骨という事実情報だけを元に縄文ー弥生ー日本の歴史を紐解いている。従来の教科書的歴史が扇動的で事実は別の処にあるという論点を多分に提起しており、非常にユニークで説得力のある著書だと評価できる。
いくつかこの本に書かれている「事実」情報をるいネットにも紹介していきたい。小見出しが非常に魅力的なのでそこと併せて紹介したい。
非常に文学的な表現の中に氏が提起したい事実情報が散りばめられているので注意して読んでほしい。

【縄文人は日本人の基層をなす】

縄文人の系譜と血脈、暮らしと文化、習俗と気質のようなもの、などなど、彼らの生き方と死に様はのちの日本人とアイヌ人たちの基層をなしたことだろう。大河の源流のようにして、のちの日本人の歴史の中で脈々と流れてきたのは間違いない。
彼らの人物像も生活像も独特ではあったが、どこからか特定の人々が「縄文列島」にやって来たからそうなったわけではない。まだ陸続きに近い状態だった旧石器時代に、東アジアの大陸方面から「吹きだまり」のように集まってきた人々が混合融合し、豊穣な自然に恵まれた「縄文列島」という舞台で、新しい革袋のなかで新しい酒が醸成するようにして、新しい人々、つまりは縄文人が形成されていったのである。その意味で「どこからも縄文人は来なかった」「縄文人は日本列島で生まれ育った」のである。そんな逆説的な言い方も可能なのではあるまいか。

地球の温暖化による「縄文海進」の結果、日本が列島化した縄文時代には、まるで時間が停止したように、緩やかに静かに流れていったに違いない。大陸世界とは、ほとんど没交渉だった。だからこそ、異貌異形の縄文人なる人々が生まれることになり、独特の人間の営みが育まれたのであろう。
縄文人はことに恵まれた海産資源のたまものなのか、次第に漁労活動に長けることになり、世界で最古の優秀な漁労民となった。だからこそ、世界に類をみないような貝塚生活が定着、派手な土器文化が栄えたのではあるまいか。土器類は「第二の胃袋」としてあるいは生活や文化、あるいは儀礼活動や交易活動などでの象徴的な存在となり、縄文人の生活を彩った。
もちろん、せいぜいのところが20万人ほどの人口規模でしかなかったのだから、なにも漁労活動に特化する必要はなく、採集民、狩猟民、園芸農耕民でもあり続けた。だがいかんなく生活の知恵を磨かなければならない漁労活動に長じるにつれ、縄文人の「なんでも屋稼業」は、よりいっそう磨きがかかったものになり、ユニークな装いを帯びるようになったのではなかろうか。
いずれにせよ、縄文時代とは、豊かな気候条件と生態条件に恵まれた時代。縄文人とは生活の知恵と知識を高度に磨いた日本列島ならではのユニーク人々。縄文文化とは、ことに土器文化や漁労文化などを見事に開花させた生活の総体。日本人の基層にあるメンタリティーや心象風景が息づいた時代なのだ。こうした時代を有していた事を、もっと日本人は誇りにしてよいのではなかろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
縄文人の特異性とは大陸から切り離され、狭い国土に温暖、寒冷の両方要素が持ち込まれた事、火山帯によって作られた険しい山岳とその標高差が作り出す多様な動植物などが大陸では決して生まれない豊かさがそれを作り出した要因である。
その地域に海で囲まれて1万年以上の期間、孤立した日本列島でまるでガラパゴスのように熟成したのが縄文人だと言うのである。従って縄文人は骨相学の点からも他地域では現れない特徴をいくつも有しており、非常に注目すべき存在らしい。

その辺の著者の展開は以降の投稿で紹介していきたい。
 
 
  この記事は 304652 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308364

 この記事に対する返信とトラックバック
縄文を骨相学から語る(前半)〜縄文人は日本列島で生まれ育った 「縄文と古代文明を探求しよう!」 18/08/15 AM00
諏訪と縄文 〜なぜ諏訪が人々を惹きつけるのか 「縄文と古代文明を探求しよう!」 16/10/04 AM00
309686 縄文人は南方起源か、北方起源か、この論争こそが学者のパラダイムの好例 田野健 15/11/26 PM02
308715 縄文時代を骨相学から語る(2)〜縄文人を骨から蘇らせる 田野健 15/10/22 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp