生命原理・自然の摂理
294713 微生物の電気共生 土壌中の金属微粒子を通じて互いに電子を融通しあい共生!
 
やぐっちゃん ( 26 会社員 ) 14/09/01 AM01 【印刷用へ
利用できるエネルギーの乏しい環境下で,ミクロな送電網を通じて互いに電気を融通しながら共生するユニークな微生物の代謝が発見されたようです☆う〜ん、面白い!
以下、コチラから引用。
リンク
--------------------------------------------------
科学技術振興機構(JST)は6月5日、東京大学 大学院工学系研究科 応用化学専攻 橋本研究室、および東京薬科大学 生命科学部 生命エネルギー工学研究室との共同研究により、微生物が導電性金属粒子を通して細胞間に電気を流し、共生的エネルギー代謝を行うことを発見したと発表した。

微生物燃料電池は、酸素の代わりに電極(アノード)を使って呼吸する微生物を用い、有機物を燃料として電気エネルギーを作り出す装置だ。

微生物の多様な代謝能力を利用できるので、さまざまな有機物を燃料として利用できる点が特長である。

また、微生物群集を用いることにより、組成が複雑な廃棄物系バイオマスや廃水中の汚濁物質を燃料にすることも可能だ。

多大な電力が消費される現行の廃水処理に代わる省エネ型廃水処理として、大きな期待が寄せられている。

微生物燃料電池の中で微生物は有機物を酸化分解し、発生する電子を電極に排出することによりエネルギーを獲得する。

このような微生物は電極に電子を流すための「細胞外電子伝達系」を持っており、それらはグラファイトでできた電極の存在下で高発現するという特性を持つ。

しかし、微生物がなぜ人工構造物の電極に電子を流すためのシステムである細胞外電子伝達系を持っているかについてはわかっていなかった。

研究グループは、自然環境中にも電極や電線が存在し、それらを使って微生物が電子の授受をしている可能性を考察。

その考えを実証するため、酢酸を電子供与体に、硝酸を電子受容体として、土壌細菌の代表株である「ゲオバクター」と「チオバチルス」を共培養した(画像1)。

ゲオバクターは酢酸を酸化分解できるが、硝酸を電子受容体にした呼吸はできない。

一方のチオバチルスは、ゲオバクターとは逆に硝酸を電子受容体にできるが、酢酸を分解できない。

つまり、両者の間に共生的電子の移動が起こらない限り、酢酸酸化に依存した硝酸還元は起こらないというわけだ。

このような培養系に非導電性の酸化鉄粒子を添加したところ、一部の鉄が溶液中に溶け出して拡散依存の電子媒体として働き、酢酸酸化に伴う硝酸還元(共生的代謝)が起きるようになった。

一方、導電性酸化鉄であるマグネタイトの粒子を添加したところ、共生的代謝が格段(10倍以上)に促進された(画像2・3)。

この現象は、溶液中を拡散移動する電子伝達系によるものとは説明できず、マグネタイト粒子の中を電気が流れたことを示している。

この現象を「電気共生」と名付けた。

画像2は各種酸化鉄を添加した際の共生的電子伝達速度の比較で、グラフの傾きを比較することにより、マグネタイトを添加したもののみ、ほかより格段に早く電子が移動していることがわかる。

画像3は、マグネタイトを介した電気共生により生育したゲオバクターとチオバチルス。

チオバチルスの細胞はゲオバクターより大きい。

どちらの細菌の細胞にもマグネタイト粒子が付着し、それらを通して電気が流れていると考えられる。

マグネタイトなど導電性ミネラルの粒子は、環境中(土中や堆積物中)に普遍的に、しかも豊富に存在している。

今回の発見から、これら環境中でも微生物が導電性ミネラルを電線として使って電子をやり取りし、お互い助け合って生きているとしてもなんの不思議ではないという。

一方、微生物燃料電池やバイオガス生産プロセス(メタン発酵槽)の中では水素などの代謝産物が電子媒体になるといわれているが、この電子の授受ステップが律速段階になっている。

研究グループは、導電性ミネラル粒子を使えば、これらのバイオエネルギー生産プロセスを高効率化できるのではないかと考えているとした。

今回の発見は、微生物がなぜ電極に電子を流す能力を持っているのかという科学的疑問からスタート。

しかし得られた結果は、環境中の微生物の共生関係を説明するものとして、またバイオエネルギープロセスの高効率化の礎として、広くインパクトを及ぼすものとなった。

研究グループは今後、導電性ミネラルを利用する微生物に関する知見を深めると共に、微生物燃料電池やバイオガス生産プロセスの高効率化に応用していきたいと考えている。

--------------------------------------------------
以上
 
 
  この記事は 294622 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294713

 この記事に対する返信とトラックバック
300685 腸内細菌と人間の関係を解明する糸口となる電子共生理論 本田真吾 15/01/29 PM01
295058 健康な身体に!腸内環境を整える4つの方法 やぐっちゃん 14/09/09 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp