生命原理・自然の摂理
288887 【放射線を無害化する微生物】「化学合成細菌」と「光合成細菌」が生成する、”酵素”などの触媒物質が、無害化させる直接的要因!!
 
中川翔子 ( 25 設計 ) 14/04/02 AM01 【印刷用へ
放射性物質を無害化するのは、単体の微生物ではなく、循環系を形成する複数の微生物により構成される「化学合成細菌」という種の微生物群による作用であるようです。

しかも、直接これらの微生物が放射線物質を食べたり、つかまえて分解したりするのではなく、これら微生物が生成する「酵素」をはじめとする触媒物質が、放射性物質を無害化(放射線を出さない安定状態にさせる)直接的役割を担っているようなのです。

放射線を消す蘇生回帰の科学が日本を救う!
講演:高嶋康豪(やすひで)博士(環境微生物学博士)
リンクの公演動画より、公演内容の主要部分を要約。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
(前略)

40億年前、地球がまだ650℃で、濃硫酸の海だった時代に既に、微生物の存在が確認されている。地球には、無機物と重金属と、放射線エネルギーしかなかった時代に。

ここで、微生物が、無機物、重金属、放射線エネルギーを使って、有機物、生物を生み出した。

そして約10億年前、とてつもない隕石が地球に降り注いだ際、ぶつかった隕石により、原子爆弾の何億倍ものエネルギーが、地球上に飛散した。

これにより、地球は全球凍結状態におちいった。地球表面の氷の厚みは1kmだったといわれている。
地球上は真っ暗になり、日が差さなくなった。

すると、閉ざされた地球で、海底火山から微生物(A)が発生する。
Aが腐ると、これをメタン発酵させる微生物(B)ができる。
さらにBも腐ると、Bをきれいにしてくれるが、Aには弱い、微生物(C)が発生する。
A−B―Cは、グー、チョキ、パーの関係。
これらの状態を引き起こすのを、「化学合成細菌」という。

大昔から、現代も、この微生物の活動が確認されている。


そして、化学合成細菌の活動により、メタン発酵がおこり、発生したメタンガスの地球温暖化効果(二酸化炭素の、約50倍の地球温暖化効果)で、地表の氷が解けたのである。

そうして光が差すようになると、「光合成細菌」という微生物がでてくる。


主役は、この「化学合成細菌」と「光合成細菌」という2種類の微生物。

まず、「化学合成細菌」が引き起こすのは、“触媒作用”。
重金属や放射線物質を消している。

これは固体→(液化)→液体→(気化)→気体→消滅という触媒作用を、有機物に限らず、無機物でもおこしている。

そして、「光合成細菌」は、炭酸同化作用によって、水素を作り出す。


しかし、放射性物質を消すのは、これら微生物ではなくて、微生物たちが生成する「酵素」「生理活性物質」「エンザイム」「酸」「ビタミン」「エステル」などによる「触媒作用」による。

(口も肛門も持たない微生物が、放射性物質を食べるなんていうことは有り得ない。)

この酵素などが、この世のあらゆる毒素(ヒ素、ダイオキシン、PCBなど)を触媒することで消してくれる。

また、化学合成細菌のなかの「耐放射線細菌」が生成する触媒物質が、放射性物質をつかまえることで、放射性物質が安定化し、放射線を出さなくなるということなのである。

これを、“微生物の生物触媒“といいますが、これをやっているのは、先述したとおり、微生物ではなく、微生物が生成した、「酵素」他の触媒物質なのである。

(後略)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
(以上です)
 
 
  この記事は 288708 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288887

 この記事に対する返信とトラックバック
289498 キノコパワー スパイシーモス 14/04/21 PM00
289299 原核生物の超適応戦略〜あらゆる生命のDNA情報を活用する〜 笠原光 14/04/15 AM00
289172 放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重工が元素変換技術を実用研究へ きっちょむ 14/04/11 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp