生命原理・自然の摂理
288887 【放射線を無害化する微生物】「化学合成細菌」と「光合成細菌」が生成する、”酵素”などの触媒物質が、無害化させる直接的要因!!
 
中川翔子 ( 25 設計 ) 14/04/02 AM01 【印刷用へ
放射性物質を無害化するのは、単体の微生物ではなく、循環系を形成する複数の微生物により構成される「化学合成細菌」という種の微生物群による作用であるようです。

しかも、直接これらの微生物が放射線物質を食べたり、つかまえて分解したりするのではなく、これら微生物が生成する「酵素」をはじめとする触媒物質が、放射性物質を無害化(放射線を出さない安定状態にさせる)直接的役割を担っているようなのです。

放射線を消す蘇生回帰の科学が日本を救う!
講演:高嶋康豪(やすひで)博士(環境微生物学博士)
リンクの公演動画より、公演内容の主要部分を要約。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
(前略)

40億年前、地球がまだ650℃で、濃硫酸の海だった時代に既に、微生物の存在が確認されている。地球には、無機物と重金属と、放射線エネルギーしかなかった時代に。

ここで、微生物が、無機物、重金属、放射線エネルギーを使って、有機物、生物を生み出した。

そして約10億年前、とてつもない隕石が地球に降り注いだ際、ぶつかった隕石により、原子爆弾の何億倍ものエネルギーが、地球上に飛散した。

これにより、地球は全球凍結状態におちいった。地球表面の氷の厚みは1kmだったといわれている。
地球上は真っ暗になり、日が差さなくなった。

すると、閉ざされた地球で、海底火山から微生物(A)が発生する。
Aが腐ると、これをメタン発酵させる微生物(B)ができる。
さらにBも腐ると、Bをきれいにしてくれるが、Aには弱い、微生物(C)が発生する。
A−B―Cは、グー、チョキ、パーの関係。
これらの状態を引き起こすのを、「化学合成細菌」という。

大昔から、現代も、この微生物の活動が確認されている。


そして、化学合成細菌の活動により、メタン発酵がおこり、発生したメタンガスの地球温暖化効果(二酸化炭素の、約50倍の地球温暖化効果)で、地表の氷が解けたのである。

そうして光が差すようになると、「光合成細菌」という微生物がでてくる。


主役は、この「化学合成細菌」と「光合成細菌」という2種類の微生物。

まず、「化学合成細菌」が引き起こすのは、“触媒作用”。
重金属や放射線物質を消している。

これは固体→(液化)→液体→(気化)→気体→消滅という触媒作用を、有機物に限らず、無機物でもおこしている。

そして、「光合成細菌」は、炭酸同化作用によって、水素を作り出す。


しかし、放射性物質を消すのは、これら微生物ではなくて、微生物たちが生成する「酵素」「生理活性物質」「エンザイム」「酸」「ビタミン」「エステル」などによる「触媒作用」による。

(口も肛門も持たない微生物が、放射性物質を食べるなんていうことは有り得ない。)

この酵素などが、この世のあらゆる毒素(ヒ素、ダイオキシン、PCBなど)を触媒することで消してくれる。

また、化学合成細菌のなかの「耐放射線細菌」が生成する触媒物質が、放射性物質をつかまえることで、放射性物質が安定化し、放射線を出さなくなるということなのである。

これを、“微生物の生物触媒“といいますが、これをやっているのは、先述したとおり、微生物ではなく、微生物が生成した、「酵素」他の触媒物質なのである。

(後略)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
(以上です)
 
 
  この記事は 288708 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288887

 この記事に対する返信とトラックバック
289498 キノコパワー スパイシーモス 14/04/21 PM00
289299 原核生物の超適応戦略〜あらゆる生命のDNA情報を活用する〜 笠原光 14/04/15 AM00
289172 放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重工が元素変換技術を実用研究へ きっちょむ 14/04/11 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp