地震・噴火・気象
247232 日本の地震の歴史〜わが国の国民性は地震により形成されている。
 
田野健 HP ( 50 設計業 ) 11/03/15 PM11 【印刷用へ
今回の地震で世界中の国々は日本人の災害時の秩序に驚きを見せている。しかし私たち日本人から見ればそれを驚く海外メディアの方が驚きでもある。この大きな差は日本人の特徴でもあり、非常に特殊な自然環境の中に我々の歴史があることを示している。

>マグニチュード7以上の地震は世界中でこの90年間に900回ほど起きているが、そのうち10%もの地震が日本で起きている。マグニチュード8クラスの巨大地震も日本海溝や 南海トラフといったサブダクションゾーンに集中し、ここでのプレートの衝突がいかに激しいかがわかる。さらに太平洋プレートの日本列島下への活発な沈み込みは、日本列島を世界でも有数な火山列島にしている。このような日本近海のプレート運動は、島弧に強い歪みを与え世界でも有数の地震多発帯、火山活動多発帯といった自然災害の場を形成し、また地殻の上昇も加わって、非常に脆弱な地盤をもつ日本列島を作り上げている。
〜全国地質調査業協会HPよりリンク

日本列島の火山活動は15万年前から活発になり、1万年前に現在の列島を形成し、6300年前の鬼界アカホヤ火山の爆発をもって休期に入ったと言われている。しかしながら紀元後の大規模地震の記録は少し調べただけでもかなりの数の地震が観測されており、その度に多くの災害を引き起こしている。その恐怖と危機の経験の積み重ねがわが国の人々の意識に色濃く刻印されている。それらが日本人に自然への畏怖を植え続けさせ、まさに今回我々が経験したように地震の度にその原点に人々の意識を回帰させている。それが日本の最大の特徴であり、海外の国々(特に地震の少ない国)が理解できないと言われるわが国の秩序の源泉である。

過去の地震、火山噴火の記録を調べてみた。
 吉川弘文館「日本史年表」と
HP東海道・南海道の地震の歴史リンクを参照にした。(マグニチュード表記)はHPより抜粋しました。

416 大和河内地震
―――――――――――――――――――――――――――
684 南海大地震(M8.0)
―――――――――――――――――――――――――――
724 諸国大地震
―――――――――――――――――――――――――――
800 富士山噴火
864 富士山噴火
869 鳥海山噴火
871 鳥海山噴火
878 関東地方大震災
887 機内大地震・大津波(M8.0〜8.5)
――――――――――――――――――――――――――――
937 富士山噴火
976 京都大地震
――――――――――――――――――――――――――――
1032 富士山噴火
1083 富士山噴火
1096 近江大地震(M8〜8.5)
1099 南海・東海道地震(M8〜8.5)
――――――――――――――――――――――――――――
1185 近江地震(M7.4)
――――――――――――――――――――――――――――
1241 鎌倉大地震
1245 京都大地震
1257 鎌倉大地震
1270 阿蘇山噴火
1293 鎌倉大地震
――――――――――――――――――――――――――――
1317 京都大地震
1361 近畿大地震(M8.0〜8.5)
1394 阿蘇山大噴火
――――――――――――――――――――――――――――
1407 会津大地震
1449 山城大地震
1450 浅間山噴火
1498 東海地震(M8〜8.4)
――――――――――――――――――――――――――――
1596 畿内大地震(M7.8)
――――――――――――――――――――――――――――
1605 南海沖地震(M8〜8.5)
1662 西日本大地震(M7.6)
1670 越後村上大地震
――――――――――――――――――――――――――――
1707 富士山噴火(M8.4)
1778 伊豆大島噴火
1779 大隈桜島噴火
1783 浅間山噴火
――――――――――――――――――――――――――――
1804 出羽大地震
1828 越後大地震
1853 関東大地震
1854 下田地震(M8.4)
1855 江戸大地震
1888 磐梯山噴火
1891 濃尾大地震
1893 吾妻山爆発
1894 庄内地方大地震
1896 三陸地方大津波
1899 紀和地震(M7.0)
―――――――――――――――――――――――――――――
1909 近江・美濃大地震
1923 関東大震災
1930 伊豆相模大地震
1933 三陸沖大津波
1944 東海沖地震(M7.9)
1945 三河地震(M6.8)
1946 南海沖地震(M8.0)
1952 十勝沖地震
1961 日向灘地震
1974 鳥海山噴火
1977 有珠山噴火
1978 伊豆大島近海地震・宮城県沖地震
1979 木曾御岳山噴火
1983 三宅島大噴火・日本海中部地震
1984 長野県西部地震
1985 桜島噴火
1986 伊豆大島噴火
1989 伊豆半島群発地震
1993 北海道南西沖地震
1994 北海道東方地震
1995 阪神淡路大震災(M7.2)
 
 
  この記事は 247031 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247232

 この記事に対する返信とトラックバック
337026 日本は、歴史的にM6を超える大地震は年に1回、M7を超える巨大地震は10年に1回発生している可能性がある 麻丘東出 18/07/06 PM11
304769 結界域は定住市街地にしてはならない。 持国天 15/06/08 PM10
日本の地震の歴史〜わが国の国民性は地震により形成されている。 「縄文と古代文明を探求しよう!」 15/05/24 PM10
256327 【災害予知】世界自然災害年表〜1960年の気象衛星打ち上げから台風被害は大きく減少している〜 末廣大地 11/09/02 AM07
緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」第6回.地震・災害大国日本の歴史―4 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/05/07 PM00
緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」第5回.地震・災害大国日本の歴史―3 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/05/05 AM03
緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」第4回.地震・災害大国日本の歴史―2 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/04/25 PM00
緊急企画 「東日本大震災は日本人に何を覚醒させるのか!」第3回.地震・災害大国日本の歴史 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/04/19 PM00
【世論観測】 災害時の日本人の特徴 (地震・津波・原発) 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/03/24 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp