古代社会
244821 【ローマの出自6】ローマの出自は、西ヨーロッパからの「はぐれ流れ者集団」
 
麻丘東出 ( 50 環境コンサルタント ) 11/01/29 PM07 【印刷用へ
244798【ローマの出自1】Y遺伝子分布と地理特性から→ローマの出自は特異な存在>
--------------------------------------------
前8世紀ごろのイタリア半島は、南の海岸部にギリシア人、中央の内陸部にラテン人(→ローマ人)、北の海岸部にエトルリア人が存在した。
『2000年前のヨーロッパにおけるY遺伝子の分布図』(参照:リンク )から見ると、ギリシア人は「J2系(セム族)」、エトルリア人は「J2系(セム族)+E系(ハム族)」が支配的であるのに対し、ギリシアとエトルリアに挟まれたローマは「R‐S28系」と西ヨーロッパの系統になっている。
【西ヨーロッパ(R‐S28系)⇔エトルリア(J2系+E系)⇔ローマ(R‐S28系)⇔ギリシア(J2系)】
--------------------------------------------

Q.なぜ、全く出自の異なるラテン人(ローマ)が、エトルリアとギリシアに挟まれて、イタリア半島に侵入し居住するようになったのか?

それは、2つの理由を想定できる。

★ローマ人(ラテン)の地が、2700年前頃のエトルリアとギリシアにとって、魅力の無い地であったから。(参照244817【ローマの出自4】)

★イタリア半島に侵入したラテン人は、部族(集団)でなかったから。
 (集団移動なら、進路になるエトルリアに阻まれるはず。)
(参照244807【ローマの出自3】)

だとすると、ローマ人の出自は、西ヨーロッパでの戦争の敗者の落人か、集団からのはぐれ流れ者が、エトルリアとギリシアの影響の少ないイタリア半島の中部ラティウム地方に逃げ込み定住し、山賊になった集団と考えられる。
それが3600年前の印欧語族ウンブリア人と3200年前の印欧語族ラテン人で、ローマの出自ではないだろうか。
そこから、少しずつ略奪を繰り返し取り込み拡大し、ローマ帝国に至るようになった。


とすると、西ヨーロッパの印欧語族がイタリア半島に侵入するようになった、3600年前と3200年前の西ヨーロッパの状況、特にケルト人、スラブ人、ゲルマン人などの動向を抑える必要がある。


それにしても、クレタ〜ギリシア〜エトルリア〜(ローマ形成時)と見てきたが、原白人との混血で白人色が強まるにつれ、共同体を喪失して自我・略奪性が増し、戦争(略奪闘争)が激しくなっている。

Q.なぜ、原白人は、自我・略奪性がそこまで強いのだろうか?
 
 
  この記事は 244798 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244821

 この記事に対する返信とトラックバック
333673 キリストもローマ人も白人ではなかった? ぴぴ 18/02/24 AM01
244991 【ローマ】古代ローマ人は、擬人化された守り神を異常な数で創造した 麻丘東出 11/02/01 PM03
244849 【ローマ】ケルト人:ハルシュタット文化〜豊かな埋葬品〜 西田香織 11/01/29 PM11
244840 【ローマ】ケルト人とは広域な民族を指す 西田香織 11/01/29 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp