実現論を塗り重ねてゆく
243356 ’10年末なんで屋劇場レポート4〜縄文人の起源
 
山澤貴志 ( 45 ITコンサル ) 11/01/03 PM03 【印刷用へ
● 縄文人は南方モンゴロイドの気質を温存している。

以上のモンゴロイドの歴史を踏まえて、日本人、縄文人の起源について考えてみる。
まず、注目すべきは、日本には様々なタイプの遺伝子タイプが現在も生き残っているということである。主力はD2タイプであるが、原中国人の流れを汲むO1、O2も新モンゴロイドO3もいるし、原モンゴロイドに近いC1タイプもいれば、現在のシベリアに多く存在するC3タイプもいる。まさに人種の坩堝であり、ユーラシア大陸の最東端という地理的条件もあるが、共存共栄しているそのあり様は、源郷スンダランドで形成された南方モンゴロイドの資質を強く残しているためだともいえるだろう。
また日本は動植物も生物多様性に富んでおり、南北に長く四季の変化にとんだ、その豊かな環境が、多様な民族の共存共栄を可能としているのであろう。この多様性は日本の可能性でもある。また遺伝子的に多様な人々が交わることが、より高い適応可能性に向けて変化していく可能性の基盤をなしているといい点も日本人の可能性といえるだろう。

もう少し、詳しく見ていくと、主流をなすD2タイプが縄文人の中核をなしているものと考えられる。またO1、O2タイプは倭人と呼ばれる中国南方の稲作文化を日本に持ち込んだ人たちであると考えられる。そしてO3タイプは所謂、天孫族といわれる北方騎馬民族系の人たちである。

最近では、ブリヤート人と日本人の共通遺伝子C3に注目した日本人北方起源説が注目を集めているが、この説は一面的だといわざるをえない。縄文早期にC3タイプが日本に入ってきたことは確かではあるが、縄文時代の中心勢力はD2勢力であり、彼らはモンゴル高原周りで入ってきているとはいえ、モンゴル高原に定着していた時期は温暖期であり、ほとんど北方適応することなく日本に入ってきている。従って、縄文人の主流は、南方モンゴロイド気質であるといっていいだろう。(尚、北方起源説を補強している母方のGm遺伝子分析についてはその信頼性が低く、注意が必要である。)

尚、日本には非常に少ないながらも、Nタイプ及びC1タイプが存在し、このタイプの多いところと後述する徐福伝説の伝承地が近似していることから、徐福伝説との関係性も注目されるところであるが、継続追求課題としたい。またアイヌについても同様に継続追求課題とする。
 
 
  この記事は 243351 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243356

 この記事に対する返信とトラックバック
12/29なんでや劇場(5)〜日本人の起源 「日本を守るのに右も左もない」 11/01/10 AM01
縄文探求シリーズ 縄文時代の集団〜竪穴式住居や集落に見る集団の様子?〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/01/09 PM06
243368 ’10年末なんで屋劇場レポート5〜中国文明の起源 山澤貴志 11/01/03 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp