実現論を塗り重ねてゆく
240533 スパルタ 奴隷人口は市民の5倍〜10倍
 
西村真治 ( 44 建築設計 ) 10/11/09 PM07 【印刷用へ
スパルタの奴隷について調べてみました。

 -----------------------------------------------------------------
世界史って面白い!第8回 ポリスの成立と発展 リンク より

・BC12c〜、ミケーネ文明が滅び、暗黒時代へ突入。
・ギリシア人たち(イオニア人・アイオリス人・ドーリア人など)はバラバラになり、方言が分かれて民族としてもバラバラになっていった。
・暗黒時代中に、青銅器文明から鉄器の文明へ移行した。

BC8c〜、有力者のもとに人々がシノイキスモス(集住)して、都市が作られていった。
そういう都市のことを「ポリス」という。

ポリスの住民
・貴族、平民…土地(クローレス)を所有している人たち。「市民」とも言われる。
・奴隷…借金を返せなくなった債務奴隷、負けて捕まった戦争奴隷、家内奴隷、農業奴隷、ラウレイオン鉱山などで働いた鉱山奴隷など。

代表的なポリス
アテネ(イオニア人)…奴隷制に立脚してつくられた、巨大なポリス。
スパルタ(ドーリア人)…他のポリスを征服しまくる陸軍国ポリス。

スパルタについて詳しくみてみよう。

□スパルタの構成□

スパルタ内は3つの階層に分かれている。

@ドーリア人系の市民、1万人…参政権あり。でも超厳しい軍役あり。
Aぺリオイコイと呼ばれる商工業従事者など、2万人…参政権なし。劣格市民。
Bヘイロータイと呼ばれる農業に従事する奴隷、5万人…参政権なし。それ以前に人として見られてない。

そして、ヘイロータイが反乱を起こさないようにしっかりと法を定めていた。
リュクルゴスの制…とっても独特な軍国主義的規律。

リュクルゴスの制の中身
・超スパルタ教育。
・男子は生まれたときから国家のものである。
・エフォルイが出世児を調べて、虚弱なものはタイゲトス山に捨てさせた。 虐待じゃん。
・7歳から集団生活を送る。
・偉い人の指導と監督のもとに夏も冬も一枚の着衣、アシの寝床、粗食という質実剛健な生活。 風邪引いちゃうよ!
・ひまをみては読書、計算、歌、舞踊、体育に励む。
・10日に一度、裸体で身体検査があったらしい。 しすぎ。
・20歳になると、選挙されて青年組に編入されて一人前になる。
・青年組は、ほぼ15人単位の戦士団で、戦場ではもちろん日常でも共同の生活を送る。
・結婚しても30歳までは青年組のなかで生活しなければならない。
・当時の平均寿命を考えると、スパルタ人の一生は兵営生活の連続ということになる。

ポリスの植民活動
ポリスが安定・繁栄してくると、人口が増えてくる。
しかし、増えすぎると人が城壁の中いっぱいいっぱいになって暮らせなくなる。
そんなときには植民市を建設する。
代表的な植民市は、ビザンティオン(今のイスタンブル)、ネアポリス(今のナポリ)、マッサリア(今のマルセイユ)だ。

(以上、引用終わり)
 -----------------------------------------------------------------

透明人間たちの気まぐれ日記 「スパルタ教育の遺産」リンク より  

(以下、引用)
 ペロポネソス半島の内陸部に位置するスパルタの場合は
、前述したようにドーリア人が北方より南下移住するなかで
先住民(アカイア人ほか)を奴隷として征服することによって
成立したポリスで、農業を基盤とする地域であったために、
奴隷としての多数の労働者を必要としていたのです。

 ある時期におけるスパルタでは、2〜3万人の市民階級が
20数万人を奴隷階級(労働者)として支配していたようで、
体制維持のために市民が留意すべきことはそうした奴隷の
反乱にあったのです。

 つまり、市民全員が軍人となって奴隷を支配し管理すると
いう国家体制における軍国主義は、対外的な脅威や戦争を
想起したものではなく、あくまでも国内の治安の確保や統治
するうえでの安全対策であって国体の維持には必要不可欠
な政策だったわけです。

 こうした軍国主義を支えるために考え出された教育方法が
いわゆる 「スパルタ教育」 なのです。

(以上、引用終わり)
 -----------------------------------------------------------------
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_240533

 この記事に対する返信とトラックバック
243789 アテネの奴隷制ってどうやってうまくいかせてたんだろう? 三上香緒里 11/01/11 AM00
241446 ギリシャ・ポリス社会以前の奴隷〜シュメール編 ごんぶと 10/11/29 PM08
240534 アテネ、スパルタの奴隷制について TAB 10/11/09 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp