日本人と縄文体質
240154 江戸時代の村落共同体のありよう(1)〜農民自治の広がり〜
 
佐藤祥司 ( 壮年 設計 ) 10/10/31 PM09 【印刷用へ
現在、ブログ「家庭を聖域にしてはいけない」で、江戸時代、特に1800年前後を境に農村まで含んだ庶民の間で寺子屋が急激に増えた、つまり、世界にも稀な「主体的な勉学」への意識が高まったのはなぜか?を追求しています。

追求していく過程で、江戸時代の特殊性として、江戸幕府260年余りに渡る安定政権の中で、農民の安定期待は充足し、自主的な集団自治が確立していったという背景があると思われます。(参考:安定期待⇒秩序収束⇒規範共認:『10/17なんでや劇場(3) 武力時代の東洋の共同体質⇒秩序収束⇒規範収束』(239606))

そこで、もう少し江戸時代の農村自治の中身を詳しく調べてみました。
以下は「百姓の力――江戸時代から見える日本」(渡辺尚志:著)を参考にまとめたものです。
この本の著者は江戸時代に多く残る古文書を読み解き細部に亘る農民の生活風景を明らかにしており、学校の歴史で習うような貧困に窮し、支配されているというイメージを一新し、実は農民は自分達が生きる村を自分達の手で自在に発展させ、充足たっぷりに生きてきたということが伺えるものでした。

■土地は村が所有していた
江戸時代は、土地は検地帳に登録された百姓(名請人)の名義になったのですが、それによって個人の私有地になったわけではなく、村が所有していたとのことです。その事例が以下の4点。
@割地: 土地の所在による不公平(日当たり、洪水などの危険度など)が生じないように、何年かに1度、定期的に、くじ引きなどによって所有地を交換する取り決め。
A無年季的質地請戻し慣行:質に入れた土地を無期限、無利息で請戻しされる慣行で、何年、何十年(時には100年以上の記録あり)経とうと、元金だけ返せば土地を取り戻せるというもの。村人の没落を防止するための村毎にきめられていた。
B村議定での取り決め:村人が他村の者に質入れ、売却、譲渡を禁止する。質入れしたい村人に、取引相手の斡旋をしたり、村がお金を出して土地を質に取るなど、村人の援助措置などが決められていた。
C都市への移住などの場合は村に土地を返却することを定めている。

■村の自主性を育んだ「村普請」
「年貢割付状」は村単位に宛てたもので、村全体の納入額と割付の原則を示すだけで、あとの個別の割当・徴収は、すべて村に任せてあった。

年貢は領主が一方的に決めて百姓から有無を言わさず搾取するというものではなく、領主が提示した額を百姓が了承して請け負うという形を取っていた。もし納得できなければ、百姓側は異議申し立てを行うこともできた。

さらに、年貢を徴収する前提として、領主には一定の責務が求められた。大河川の治水工事など農業基盤の整備に努めたり、不作のときには困窮百姓に米や金を支給して助けたりした。(「お救い」)もちろん、武力を背景に平和を維持することも領主の責務。領主は百姓に「仁政」を施し、「百姓成立」を支えるべき責任を負うという役割分担の上に成り立っていた。

そのため、領主は年貢の賦課・徴収など煩雑な実務の多くを村に任せ、居ながらにして年貢を受け取ることができた。その代わり、村は領主の関知しえない固有の領域を確保することが可能だった。
 
 
  この記事は 239420 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_240154

 この記事に対する返信とトラックバック
240155 江戸時代の村落共同体のありよう(2)〜村の多様な役割〜 佐藤祥司 10/10/31 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp