素人による創造
230716 対立しか生まない統合階級(政治家・官僚・マスコミ)の無能さが露わになる
 
麻丘東出 ( 49 環境コンサルタント ) 10/04/26 AM01 【印刷用へ
>前原国交相は高速料金新制度提案を修正すべき>リンク


高速道路を利用する運送業は、長距離運輸ではなく近距離運輸が大多数を占め、その多くの企業は中小企業である。
今回の前原+国土交通省の高速道路新料金システムの問題は、この中小企業を直撃してダメージをあたえることだ。
今回の政策は、現実の中で一生懸命に仕事して生きる人々の生活を脅かすイジメの政策にしかなっていない。

前原は、己の私権にのみ拘り、今回の政策により民主党支持低下を招くことで小沢・鳩山を引き摺り下ろし、民主党内での前原勢力の引き上げを狙っているとしか思えない。
また、国交省は、相変わらず狭い省益の事しか頭にない官僚思考しかない。

前原・国交省は、現実(=人々の生活・意識)を捨象した政治を平気で行なおうとしているが、これは“無能”そのものである。
前原誠司と官僚は、今回の件でも無能ぶりを露わにした。
今回の件で、私たちが得るものがあるとすれば、この無能ぶりを理解することぐらいである。

それにしても、この件(小沢VS前原)もそうだが、マスコミは対立構造を煽り加熱させる。

しかし、国民は、もう“対立構造を見るのはウンザリ”なのだ。

現実の中で一生懸命生きる普通の人々は、現実は刻一刻と変化し、そのなかで旧い考え・方法に拘れば何も実現しないことなど肉体で理解している。

だから、現実を直視し、その変化の中でより良くなる行動・認識・見通しを見たいのだ。
【人々が期待しているのは、充足発の実現方針】(213622 213992参照)

否定の旧観念そして己の私権に拘り、現実を捨象して何も実現せず対立しか生まない政治家・官僚・マスコミには、イイ加減に社会統合の場から退場してもらいたい。

そうすれば代わりに、現実に同化し、素直により充足するための発信ができる人々が祭りに参加できる。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_230716

 この記事に対する返信とトラックバック
230894 検察審査会や裁判員制度は全く必要無い〜国民(素人)が覚醒されうる土壌 猛獣王S 10/04/29 PM10
230807 批判するしかできないマスコミはもういらない 山上勝義 10/04/28 AM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp