心の本体=共認機能の形成過程
229741 最近の研究;他者と自己の区別をしない神経細胞=ミラーニューロン
 
Rivet16 ( 中年 会社員 ) 10/04/07 PM10 【印刷用へ
 るいネットでもミラーニューロンに関する投稿は多くありますが、ミラーニューロンに関する最近の記事がありました。参考になると思い引用させて頂きます。(リンク
(以下引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「ミラーニューロン」は、他者の行動やその意図を理解する手助けになると考えられている神経細胞だ。たとえば自分自身がワインの瓶を手に取る時と、他人が同じ行動を取るのを見ている時、どちらの場合にも、ミラーニューロンは活動電位を発生させる。

われわれは通常、なぜ友人がワインのボトルを手に取っているのか、1つ1つ順を追って理由を推測したりせず、相手の頭の中で何が起こっているのかを瞬時に理解する。なぜなら、同じことが自分の頭の中でも起こっているからだ。これを可能にするのがミラーニューロンだ。

[ミラーニューロンは、対象物を掴んだり操作したりする行動に特化した神経細胞を研究するために、マカクザルの下前頭皮質に電極を設置した1996年の実験中に発見された。ヒトである実験者がエサを拾い上げたのをマカクザルが見た時に、マカクザル自身がエサを取る時と同様の活動を示すニューロンを発見。その後の実験によって、サルの下前頭皮質と下頭頂皮質の約10%のニューロンが、この'鏡'の能力を持ち、「自身の手の動き」と「観察した動き」の両方で同様の反応を示すことが分かった。ヒトにおいては、前運動野と下頭頂葉において、ミラーニューロンと一致した脳活動が観測されている]

このほど、ミラーニューロンについて新たな発見が報告された。それによると、一部のミラーニューロンでは、他者の行動を見た時に発火する[活動電位を発生させる]だけでなく、行動を取っている他者と自分の間にどれだけ距離があるか、さらには、その行動に何らかの反応を返せる状態にあるかどうかといったことも発火に影響するのだという。

「これには非常に驚いた」と独テュービンゲン大学のAntonino Casile氏は話す。同氏が執筆に参加した今回の研究論文は、『Science』誌4月17日号に掲載された。

「ミラーニューロンは、行動の理解に大きな役割を果たしている可能性があると考えられている。しかし、その行動がどのくらい離れた場所で行なわれているかは、他者の行動を理解する上では無関係だと考えられてきた」

今回の発見は、ミラーニューロンが社会的交流においてより大きな役割を果たしていることを示唆している。相手の行動を迅速に理解するだけでなく、相手の行動に反応し、自分も行動するべきかどうか瞬時に判断する上でも役立っている可能性があるのだ(たとえば友人がワインの瓶を落としたら、われわれは瓶が床に落ちる前にさっと受け止めることができる)。

研究チームは、2匹のアカゲザルを使って脳のミラーニューロンを調べた。このニューロンは、サルたちが自分で小さな金属の物体をつかんだ時と、実験者が同じことをするのを見た時に発火した。ところが意外なことに、これらのニューロンの多くは、実験者が物体をつかむ場所によって反応が異なることが分かった。

約4分の1のニューロンは、サル自身の手の届く範囲(身体近傍空間peripersonal spaceと呼ばれる)で行動が取られた場合に、より速く発火した。これに対して別の4分の1は、手の届かない範囲(身体外空間extrapersonal space)で行動が取られた場合に、より活発になった。距離をいろいろ変えて実験したところ、行動が取られた距離がサルに近いほど、身体近傍空間に反応するミラーニューロンは素早く発火し、身体外空間に反応するミラーニューロンはその逆の反応を示した。

他者の行動の理解や模倣、その他ミラーニューロンが通常持っているとされる機能に対し、距離は何の影響も及ぼさないと考えられてきた。しかし、他者の行動にどう反応するかを判断する上で、距離は非常に重要な役割を果たしているようなのだ。

「われわれの脳は、空間を少なくとも2つの大きな領域に区分している。1つは自分が何かできる、行動を取れる領域、もう1つは行動が及ばない領域だ」と、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で人間のミラーニューロン・システムを研究するMarco Iacoboni氏は説明する。「われわれの認知は、共感などのかなり高度なものでさえ、身体感覚と無縁ではないようだ」

研究チームはさらに、これらミラーニューロンに距離だけが影響を及ぼしているのではなく、実際に行動を取る可能性があるかないかも影響していることを示した。サルと実験者との間に透明の仕切りを置き、サルが行動を返せる可能性を除外した上で、実験者が物体を手に取る実験を繰り返したのだ(この場合、サルは実験中一度も同じ物体を手に取ろうとはしなかった)。この仕切りがある場合には、サルのすぐ近くで実験者が物体を手に取ったときでさえ、身体近傍空間に反応するミラーニューロンは活動しなかった。一方で、身体外空間に反応するミラーニューロンは反応して活動し始めた。

研究チームのCasile氏は、これらのミラーニューロンは、他者の行動を理解するためだけでなく、自分が彼らの行動に対してどう反応すべきかを判断するためにも行動を分析しており、しかも2つの分析を同時に行なっているのではないかと推察している。

「他者の行動に反応すべきか、するならどのように反応すべきかという判断を、行動を理解した後に行なっているのではなく、両方を同時に行なっているのかもしれない」とCasile氏は語る。

「ミラーニューロンは、社会的関係に非常に重要である可能性があり、特に、今回の発見はそのことを明確にしている」とIacoboni氏は説明する。「ミラーニューロンはある行動を、他者と協力するという点において重要なやり方でエンコードしている可能性がある」(引用終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
  この記事は 137324 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_229741

 この記事に対する返信とトラックバック
こんな子育てがしたい♪ 『話す』は、『応える』!! 「感謝の心を育むには」 10/04/15 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp