私権社会の婚姻制
209259 都市部にも共同体が形成された江戸時代
 
かなめんた ( 初代 ) 09/06/21 PM00 【印刷用へ
江戸時代の事例として長屋の人情とかがよく言われる。
「大家と言えば親も同様、店子と言えば子も同様」「講」などたくさんある(204135)が、こんな事例もある。
>「おい、カカアをちょと貸せ。減るもんじゃあるまい」そこで現代では考えられないことだが、「あいよ」ということになる。減るものじゃないから、「女日照り」の裏だなでは、女性は公的存在もしくは共有物みたいな側面があった。
>出産時の赤ん坊は、胞衣(えな)に父親の家紋が入っていると江戸っ子は信じていた。そこで胞衣の家紋を探すのだが、これは胎児を包んでいた膜と胎盤だから血まみれである。どの角度から見ても家紋などグシャグシャで見えるわけはない。まるで家紋がたくさん散らされているようで、父親の鑑定は不可能となる。そうなると子どもは「紋散らし」と呼ばれて、身に覚えのある男たちが協働して養育することになる。(「江戸の歴史は大正時代に捻じ曲げられた」古川愛哲著 講談社新書より)

死産の多い時代でもあり、生まれてくれた「長屋の子」は長屋の活力源になったことだろうと思う。「性」の私有意識がなければ私有意識は生じない。私有ではなく共有が当たり前の世界。
そしてこれらの事例を見てくると、ほぼ「共同体」そのものであることに気付く。

>江戸時代の土地は現在的な意味での私有はなく、共有に近かった。
>村落共同体を組み込んだ支配体制という、支配層と下層の共同体体制の二重構造になっている。
>この二つのバランスの中で、市場経済は高度になりながらも、現在の様な自分の消費行動が誰の制限も受けないという、異常な社会になることを抑制できていたのではないか(208718)

大きく支配者層と村落共同体との二重構造にあることに加え、さらには都市部と農村部という市場内市場外の二重構造が複層している。
都市部の中でも武家屋敷地と町人地とは全く位相が異なる。町人地は江戸全体のたった20%にすぎないが、長屋あるいは町という擬似共同体が形成される。
5人組など、幕府の支配形態は町人を監視体制においたなどと言われるが、実態はその沙汰をうまく利用し、もともとの住民たちと、流入してきた者たちが融合して形成し適応したのが都市部における擬似共同体なのではないか。都市部においても最基底に共同体があったのだ。
 
 
  この記事は 208718 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_209259

 この記事に対する返信とトラックバック
213293 今の日本政府も見習ってほしい 〜江戸時代の『御触書』について〜 船長 09/08/21 AM01
211404 江戸時代の父系制と母系制 かなめんた 09/07/24 AM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp