健康と食と医
208950 戦後、癌は明らかに急増している。
 
火中の栗 ( 40代♂ ) 09/06/16 PM10 【印刷用へ
>と同時に、これは(るいネットで追究されている)何か社会的に歪んだ構造が背景にあるのではないか?という疑問を抱かずにはいられません。208945

参考になりそうなサイトを発見したので紹介します。
少し怪しげなサイトですが、戦後の癌死亡者数の急増リンクと照らし合わせると、大きくは的を射ているのではないか、と感じます。



【身土不二】農業・健康・食・医療の繋がりと闇を語るスレ【千島医論】より引用 リンク

このスレッドは上記キーワードを中心にして、肥料も農薬も一切使わない日本発の真の農業を語り広め、そこから派生する健康や食料問題に焦点をあて、ロックフェラー財団を中心としたユダヤ国際金融資本マスメディアの生み出した過剰な物質的資本主義文明の遺産物である、既存かがく、現代西洋ユダヤ医療産業、ユダヤ製薬産業、大規模不自然農業の闇に光を照らすスレです。

今の日本は食料自給率40%前後を行き来する惨状。戦後、GHQが主にモンサントやカーギルなどのユダヤ穀物メジャの余剰小麦在庫のためにはじめたパン給食を筆頭に、精白食、農薬、化学肥料、食品添加物、合法化学物質、大規模肉食文化、遺伝子組み換えGM作物、F1種など、元々自然界には存在せず、本来人間の身体には不必要なものが蔓延し続け、社会のシステムの中に「常識」という名の「原因」として浸透していきました。

その結果、日本人の三人に一人が「癌」という「病気」に罹ってしまうような時代が到来し、患者の多くは、それらの根本原因である「血液汚染」を一切根治することのない危険な対処療法に過ぎない三大治療(抗がん剤投与、放射線治療、腫瘍切除手術)により戦死していくこととなり、チバガイギーやファイザーなどのユダヤ医療産業・製薬産業、また、アフラック、AIG、プルデンシャルなどのユダヤロックフェラー式ガン保険が莫大な利益を打ち出すまでに成長したわけです。

これは、ユダヤ国際金融資本の得意とする、農や食という根本的な文化の破壊のもたらした結果の一つです。

もちろん現代社会を生きる以上文明の利器を全て否定することはできませんが、身土不二という言葉からも分かるように、私たちの身体は土から出来て土に戻っていく作物を血液に変えて作られていますから、その大元になる食べ物や、それを作る農業がおかしくなれば、人も狂い、社会も狂います。

つまり、結果には必ず原因があり、私たち日本人が抱える問題の根本原因の一つは「農と食」の乱れであるといっていいでしょう。

また、アメリカ経済崩落によるドルクラッシュが目前に迫り、それに伴なった日本経済のデフォルト、世界恐慌、食料危機が迫り来る中、原油高は留まるところを知らず、農家はガソリンを買って機械を動かすことや化学肥料を仕入れることだけで浪費し、悲鳴を上げ続けているのが現状です。

問題はなにか?原因はなにか?それを取り除くにはどうすればいいのか?このスレッドを通じ、意識高き有志で語りあい、問題点を正確に把握し合えればと思っております。

原因を取り除くことができれば、問題は二度と起こることはありません。

そして、指標の一つは、国内食料自給率120%以上という最大の国家安全保障。

_____________________________引用以上
 
 
  この記事は 208945 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_208950

 この記事に対する返信とトラックバック
219391 『身体は、なんでも知っている』1〜堀田医院 堀田忠弘先生:ガンと細胞膜の弱体化〜 center_axis 09/11/11 AM00
209134 がん患者の増加およびその死亡率の高さの原因はなにか? 松川洋久 09/06/19 PM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp