学者とマスコミはグルで頭脳支配
208718 階級闘争とは無縁だった江戸社会(2)
 
田野健 HP ( 48 設計業 ) 09/06/13 PM02 【印刷用へ
引き続き縄文塾のメールマガジンから転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

260年間も戦いの無かった江戸時代に引き替え、当時のヨーロッパがいかに戦争に明け暮れたことか。しかもトラベル=旅行とトラブルの語源が同じであったように、盗賊の横行で旅もままならなかったのである。

一方の日本ではご存知のように、女子供まで含めて「お伊勢参り=伊勢神宮の参拝旅行」が「おかげ参り」と呼ばれて大流行し、江戸中期には最高潮に達し、実に450万人もの人がお参りしている記録まであるくらいだ。女子供までも安全に旅行できたという事実は、この国がいかに平和だったかと言うだけに止まらず、当時の欧米諸国よりは富の分配そのものが、はるかに公平であって、階層間の闘争などとは無縁な社会だったことを如実に物語っている。

たとえば、江戸時代(享保年間=(1716〜1735)には、人口が徳川以前(〜1600)のほぼ2.5倍になったが、それに合わせて新田開発や治水工事が進むことで、当時の耕作面積は一人当たりのコメ消費量(1人約3合として)充分その需要を賄ったことがわかってきた。
徳川時代の中期以降には、コメ偏重というモノカルチャーによってもたらされた飢饉からの脱却の目的もあって、各藩では換金作物の開発が盛んになり、現在の「一村一品」運動のモデルとなっていった。

(中略)

また享保15年には、幕府の許可で開設された堂島米会所は、飢饉による被害を回避するためのリスクヘッジとして、「先物取引」が世界に先駆けて開設しているし、また当時世界最大と言われた江戸約百万の人口を養うための玉川上水は、ニューヨークの上水道よりも長い歴史を持っている。

巷間よく言われてきた、江戸時代を「武家階級」という支配階層の時代だという認識は、実はごく表層的なものであって、日本の本当の姿は、「刀を捨てたサムライ=士」のもとで、「農・工・商」がバランスよく発展し成長していった、いわば──日本文化が花開いた──平安時代に次ぐ、日本第二の黄金期だといってえも過言ではない。


*注:日本の人口増加について
図解 人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)リンク
  ◎関ヶ原の合戦時      1227万人
  ◎江戸時代(享保改革時)  3128万人
  ◎明治維新時        3330万人
  ◎現在          12600万人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人口の1点を捉えても江戸時代前半(わずか150年間)に3倍弱の増加を果たしていることは驚きである。しかし江戸を分析するには前半の人口増大期と停滞期を同時に、あるいは対比して見ていく事が必要だと思う。人口停滞期のシステムこそ現代に繋がる知恵が隠れているように思う。
 
 
  この記事は 208716 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_208718

 この記事に対する返信とトラックバック
209259 都市部にも共同体が形成された江戸時代 かなめんた 09/06/21 PM00
209001 江戸の後期が注目されるのはみんなに役割=充足があったから 鈴木康夫 09/06/17 PM07
208965 浪費と消費とは違う 大西敏博 09/06/17 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp