学者とマスコミはグルで頭脳支配
207517 共同体を組み込んだ支配体制が江戸の社会構造A
 
かなめんた ( 30 ) 09/05/27 AM09 【印刷用へ
つまり土地に根ざした半農半士の代表がやがて武士階級でも力を持ってくるわけで、武士の力の基盤は村落共同体の存在を前提にしている。これが幕府との間でも本領安堵や一所懸命などシステム化されていくのだ(つまりその土地に根ざしているから、「いざ鎌倉」なのであり、彼らは独立した集団の集まりなのだ)。

管理人と村人の関係性も、室町から戦国期時代の村請制など共同体の自治がますます強固になってきている(現存する文書が出てくるからかもしれず、実は構造はそれまでとあまり変わらなかった可能性は高い)。そこでは村との契約関係や管理運営の自治が明確にされてくる。

例えば「人は城、人は石垣、人は堀」の武田家などは豪族集団の集まりであり、甲斐には城もなく(館しかなく)、家来のほとんどは半農半士である。だから彼らは農繁期には戦ができないという限界も持っていたが、「戦国最強」と呼ばれたことも事実で、共同体の結束性の高さが伺える(これは上杉など多くの大名も同様で、だからこそ川中島合戦など農繁期には和睦し繰り返すことになる。織田信長の強さは傭兵集団をつくったことでどの季節でも闘えることだったが、共同体的資質は弱く、兵の弱さも有名だった。)。

「近世の土地制度と在地社会」牧原成征著によれば太閤検地と石高制についてこう記述している。
>中世後期には、荘園内部で、村が実質的な共同体として成熟しつつあった。また百姓や村による年貢請負制もとられるようになっていた。兵農分離を進めた豊臣政権は、そうした歴史的条件のなかで共同体=村を支配の単位とせざるを得なかった。ただ、共同体は完結して存在したわけではなく、共同体的諸関係が重層したり入り組んだりしていたし、村境が確定していたわけではないので、太閤検地では一定の領域を時には便宜的に区切って村の範囲を定めて竿入れした<30ページ

「せざるを得なかった」のではなく「そのほうがうまくいくから」そうしたのではないか。

また、「重層的」で「入り組ん」だ「共同体的諸関係」からは私有、所有の概念は類推できない。村単位というのすら実は便宜的なもので、共有、共存関係が主であったと見た方がよいと思われる。

石高制はこうした複雑で、地域ごとにことなる共同体体制を当時できるかぎり統一しようとした点で画期的だが、その大前提は天下統一という統合課題のもと、日本ではやはり「共同体」という基盤を前提にするのが一番うまくいく方法だったということだと思う。

これを踏襲して発展させたのが江戸時代であり、260年近くも戦争もなく統合できた本質はこの「共同体維持」にある。
引き続き、秀吉の石高制導入と、徳川の石高制を追及していく。
 
 
  この記事は 207516 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_207517

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp