日本人の起源(縄文・弥生・大和)
199999 東アジアの鉄の歴史A〜中国の製鉄の歴史(紀元前1世紀には製法が完成)
 
田野健 HP ( 48 設計業 ) 09/02/18 PM00 【印刷用へ
伝播から製鉄技術の完成まで中国の鉄の歴史を俯瞰してみる

●殷・周時代(紀元前10世紀)
河北省で最古の鉄器が発見される。

●春秋末から戦国初期(前4〜6世紀)
〜江蘇省程鎮1号墓から白銑鉄の鉄塊・2号墓から海面鉄鍛造の鉄棒出土
銑鉄と錬鉄の両方が存在した。ただし、この時代の鉄器は大半が鋳鉄製。錬鉄の硬化技術がまだ、十分に開発されておらず、鍛造製のものはごくわずか。鋳造製の硬いが脆いという弱点は刃を脱炭することによって克服され、実用農工具に鉄器が使われていく。

●戦国後期(前2、3世紀)
〜河北省燕下都44号墓出土の鉄戟・鉄矛・鉄剣など鉄製武器が急増〜
海綿鉄(錬鉄)を鍛造したもの・表面を硬化させて鋼にしたもの・さらに焼き入れたものなどを錬鉄に硬化させる技術の進展を示す。

●秦(前2世紀)秦始皇帝 中国全土に鉄官配置
〜前119年 前漢 武帝の時代には鉄官が49ヶ所に及ぶ。〜

●前漢(前1世紀)
〜河北省鉄生溝の製鉄遺跡では海綿鉄を生産した炉と銑鉄を生産した炉のほかに銑鉄を脱炭して鋼とした製鋼炉や炒鋼炉と呼ばれるものが出土。

●後漢
大量量産が可能な溶融銑鉄法による銑鉄生産が中心になるとともに、鍛錬技術も発達
製鉄炉の改良がすすみ大型化する。
省古栄鎮製鉄炉では内容積50m3にも達する。(直径5.95m、高さ4.59m)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界にさきがけて、溶融銑鉄法が中国でいち早く始まった理由はさまざまに推測されているが、紀元前15世紀頃から始まったと言われる青銅の溶解や陶器の製作で、炉を高温にする技術が発達していたことや、石炭を使うことが原因だったと考えられている。
中国の鉄の製造はその後の大量生産に繋がる間接製鉄法を早くから導入した華北と直接製鉄法の技術を高度化しながら発展した江南地方の北と南に大別される。

華北では、青銅の溶解に用いた合理的な製陶窪(くぼ)は1,280℃の高温を得ていたといた事がわかっており、この技術を利用して早くから鋳鉄技術が始まり、春秋戦国時代では大半が鋳鉄製で利器に使われていく。紀元前5世紀頃には鋳鉄の脆さを克服する焼き鈍し技術も発見された。
一方で江南地方では初期に中国に伝わった海面鉄の直説法がそのまま発達し、紀元前2−3世紀頃より皮鞴に替わり手押し〜足踏みフィゴが登場して炉内温度が改善され品質が向上し、海綿鉄を洗練した錬鉄で武器を、鋳鉄で農工具を造るという2つの製鉄法が広がっていく。漢の時代には製鉄技術は完成の域に達していた。
その後、近代までは大型炉で大量安定生産ができる溶融鋳鉄法が製鉄の中心になる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国の鉄の歴史の最大の特徴は紀元前に既に大量生産できる間接製鉄法の技術を確立していた点にある。また東アジア全体の鉄技術の高度化は中国発であった可能性が高く、紀元前3世紀頃に楽浪郡から朝鮮半島に入り込んだ中国の目的は半島にある大量の鉄資源だった。
 
 
  この記事は 199998 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_199999

 この記事に対する返信とトラックバック
200003 製鉄方法の大きな違い/直接製鉄法と間接製鉄法 田野健 09/02/18 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp