日本人の起源(縄文・弥生・大和)
199020 伽耶諸国の歴史(2)〜鉄と共に栄えた金官伽耶
 
田野健 HP ( 48 設計業 ) 09/02/05 AM08 【印刷用へ
【3世紀中から始まる強国「金官伽耶」の歴史〜墓制の変化から支配社会】

狗邪韓国が金官伽耶になった時期、すなわち三韓時代から三国時代への画期が、3世紀中葉から末頃だったことが考古学的に明らかになった。

この画期を如実に示しているのが、金海地方の墓制の変化であり、墓から出土する陶質土器と特定鉄器である。
弁韓すなわち狗邪韓国の時代に行われていた木棺墓(もっかんぼ)が、金官伽耶の時代になると木槨墓(もっかくぼ)に変わってくる。木棺墓時代は、支配者の墓も一般大衆の墓も、大きさはほぼ同じで、いずれの墓も墓域が区別されておらず、平地に互いに混在していた。せいぜい支配者と被支配者の副葬品に質の格差が認められた程度である。

木槨墓の段階になると、墓域は平地から丘陵に移り、支配者層の墓は最も立地条件のよい丘陵の稜線部に築造されるようになる。これに対し、被支配者層の墓は丘陵の斜面にバラバラに築かれていて、墓域が明確に分離されるようになった。さらに、支配者層の墓は被支配者層のそれとは比べものにならないほど大型化し、副葬品埋納の専用施設を持つ墓まで登場してくる。

【金官伽耶での鉄は3世紀中葉以降大量に生産される】
一方、木槨墓からは騎乗用の甲冑、馬具類、各種の鉄製武器類が大量に普遍的に埋葬されるようになった。また、木槨墓からは殉葬の風習も確認されていて、この時代には比較的大規模な征服戦争が行われたことを想像させる。金海大成洞遺跡は狗邪韓国の都だったところで、共同墓地に隣接して環濠集落があった。だが、木槨墓が登場してくると、丘陵全体が共同墓地となり、環濠集落は大成洞遺跡から600〜700mほど離れた鳳凰台と呼ばれるかなり高い丘陵に移っている。すなわち、集落と共同墓地が区分され、環濠集落が高地性集落に変わっていった。

加耶文化を特徴づける出土遺物は陶質土器と鉄てい(金+廷)と呼ばれる延べ板をはじめとする特定鉄器などである。これらの遺物は金海地方の遺跡から大量に発掘されていて、その研究により金官加耶の始まりは3世紀末頃とされている。
鉄は、当時の生活、あるいは国家成立の上で、鉄は非常に重要な要素を占めていた。鉄器文化は、加耶を代表する文化であり、その最も代表的なものが、鉄素材である鉄ていである。上で述べたように加耶地域での鉄生産の始まりは紀元前1世紀とされていて、鉄ていの先行形態である板状鉄斧が、木棺墓からも見つかっている。
3世紀中葉以降の木槨墓では、大型の板状鉄斧や鉄ていが大量に埋納されるようになり、4世紀中葉には板状鉄斧から鉄ていに完全に移り変わったとされている。

こうした鉄器文化を基盤に、3世紀後半から3世紀末頃までに建国された金官加耶をはじめとする加羅諸国は、4世紀にはその最盛期を迎えたと思われる。たとえば、金海大成洞遺跡からは4世紀のものとされる多量の騎乗用の甲冑や馬具が見つかっている。
金官加耶がすでに4世紀には強力な騎馬軍団をもっていたことを伺わせ、政治的・軍事的色彩の濃い政治組織や社会組織を備えた国家だったことを伺わせる。

【日本に渡った伽耶の鉄】
弥生時代の中期から後期にかけての鉄剣や鉄矛はほとんど朝鮮半島からの舶載品だろうと見なしている。弥生時代の後期、すなわち紀元1世紀以降になると鉄器を作る鍛造の技術が発達して、農具や工具を作り出せるようになる。しかし、鉄を精錬する技術はまだ未発達で、鉄または鉄素材は弁韓地方と倭との交易によって入手していたとされている。
 
 
  この記事は 199015 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_199020

 この記事に対する返信とトラックバック
199025 伽耶諸国の歴史(3)〜半島内での進軍と衰退 田野健 09/02/05 AM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp