恋愛って、何?結婚って、何?
197791 「竹取物語(かぐや姫)」にみる、宮廷サロンと性市場
 
山田孝治 ( 35 デザイナー ) 09/01/20 PM01 【印刷用へ
日本最古の物語とされる竹取物語。
「かぐや姫」の名前で童話としても定着していますが、この原典には貴族社会に対する批判が巧みに織り込まれています。
そしてここに当時の「宮廷サロン」と「性市場」の実体をも垣間見ることが出来ます。

竹取物語は平安時代に成立した文学です。(但しその舞台は奈良の都)
竹から生まれた女の子が美しく成長し、都中の羨望の的となるがやがて月へ帰って行く、というあまりに有名なストーリーですが、この物語の山場は、かぐや姫が求婚者である5人の貴族に難題を出し、貴族達があの手この手でこの難題に答えようとする部分です。

原典でもこのくだりに大幅なページを割いていますが、これを「宮廷サロンでの性市場」という観点で見ると、非常に興味深く、また極めて解りやすい事実が浮かび上がってきます。

求婚した5人の貴族とその課題は・・・
石作皇子(仏の御石の鉢)、車持皇子(蓬莱の玉の枝)、右大臣阿倍御主人(火鼠の皮衣)、大納言大伴御行(龍の首の珠)、中納言石上麻呂(燕の子安貝)。
肩書きを見ても解るように、原典は官位が上の人間から順に登場します。

5人それぞれに別の難題が科せられ、それぞれ様々な行動を取りますが、
共通しているのはまず、かぐや姫を獲得する為に5人の貴族達は金に糸目を付けません。
そして本業である朝廷への出仕すらせずにかぐや姫獲得に没頭します。
大納言大伴御行と中納言石上麻呂は難題を解くために自ら命がけの行動を取り、さらに燕の巣の中にあると言う「燕の子安貝」を求められた石上麻呂は、自ら屋根に登り転落して落命します。
一人の女性を獲得する為に財を傾け、挙げ句に命までかけるその姿には驚きですが、この5人の求婚合戦には、性の獲得がそのまま権力闘争に繋がっている事も暗示させます。

また、難題に対する貴族達の答えの出し方にも、「性」を媒介とした市場の姿を感じずにはいられません。
「蓬莱の玉の枝」を求められた車持皇子は職人に偽物を作らせますが、報酬支払いの不履行を職人に訴えられ偽造が露呈します。
右大臣阿倍御主人は商人に大金を渡して「火鼠の皮衣」を手にれますが、結局それは偽物でした。

(偽物を作ってでも)問題を全て金で解決しようとする姿には貴族への痛烈な批判を感じます。
また注目は右大臣阿倍御主人。女の気を惹く為に大金を払い、まんまと騙されてしまうその姿は、性市場で商人の騙しに乗っかってしまう貴族そのものです。


そもそもこの物語は、藤原氏を中心とした貴族政治の腐敗と堕落に対する批判が込められています。
作者は藤原氏によって没落した一族やその関係者ではないかと考えられています(紀貫之説が有力のようです)。
「竹取物語」には風刺文学の色合いが強く、その意味でこの作品は全くの荒唐無稽な物語ではなく、多かれ少なかれ当時の宮廷サロンの様子や意識を捉えていると考えられます。
ファンタスティックな童話の背景に、「宮廷サロン」「性市場」といった、市場の起源と普遍的な構造を見ることが出来、とても興味深いと感じました。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_197791

 この記事に対する返信とトラックバック
261452 ルネッサンスは「恋愛賛成」の時代を切りひらいた−1 佐藤晴彦 12/02/16 PM09
198068 日本における市場(商人階層)の始まり 松井英仁 09/01/23 PM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp