日本人と縄文体質
196790 ■古代日本の社会構造(仮説)
 
やっさん ( 路上人 ) 09/01/08 PM06 【印刷用へ
古代日本の社会構造を押さえていく上で、現在も形があり、古代史の痕跡を残している『神社』を一つの切り口として、『古代日本の社会構造』を読み解いていこうと考えます。

まずは大前提をまとめてみると、

★日本古代史の本質は、渡来人同士の勢力争い!?
→大枠は、百済系と、新羅系(+任那系)との争いと捉えることができる。
------------------------------------------------------------------
・百済(南朝鮮の西側)→北九州→ヒミコ?→天智天皇・藤原氏・現天皇系
・新羅(南朝鮮の東側)→出雲→スサノオ→継体天皇・天武天皇・蘇我氏?
・任那(南朝鮮の中央)→↑             ・物部氏?・秦氏? 

・高句麗(朝鮮半島の上部)は?→騎馬民族???
------------------------------------------------------------------
※日本に渡来した順番は、新羅系が先発で、百済系が後発。
※もちろん詳細を押さえれば、百済系や新羅系の中にも系統が多々あるだろうが、大枠は外していないと想われる。

★日本の古代史を捉える上で拠り所となる史書(記・紀)
(186131)にもあるように、日本書記は、新羅系の天武天皇が作らせたものだが、完成したのは天武天皇の死後30年以上たってから。
→日本書紀は、天武天皇死去後に政権を奪った百済系の藤原氏が都合のいいように改竄した書物といって間違いない。 

これらを前提として、『神社』を切り口に、古代日本の社会構造を推測してみる。

●古代神社勢力から百済系・新羅系の関係を推察 
8世紀までに建てられた神社の数は3000〜5000社。そのうち、新羅系スサノオ一族関連の神社が7〜8割(ex.出雲大社、宇佐神宮)、百済・天皇系関連の神社が2割(ex.伊勢神宮)、その他少々と言われている。
※根拠は要確認!!

これを一旦事実だとすると、8世紀に体制側であった百済・天皇系は、すべての神社を伊勢神宮を頂点とする百済・天皇系の神社(祭神)に塗り替えていてもおかしくないはず。
しかし、実際は新羅系スサノオ一族関連の神社が多い。
なぜか?
→これは間違いなく、全ての神社を百済・天皇系で塗り重ねることが出来なかった何らかの理由があったと考えられる。

その理由として考えられるのは、百済・天皇系より先に日本に渡来していた新羅系スサノオ一族が、武力ではなく大陸で獲得した(稲作や建築などの)技術を提供するなどの方法で、先住民=縄文人と融合したと考えるとスッキリする。
※融合方法は、道教・密教あたりとも関係が深そう。

つまり、後から日本に渡来してきた百済・天皇系が律令国家体制を創りだすころには、すでに土着民(新羅系と縄文人の混血?)の意識上では、新羅系スサノオ一族関連の神様への信仰が出来上がっていた。
したがって、百済・天皇系はすでに出来上がっている信仰を、ムリヤリ塗り替えて共認支配することができなかったと捉えることはできないだろうか?

考えてみれば、百済・天皇系が改竄した日本書紀において、スサノオを暴れん坊に見立て、悪い印象を抱かせるように描かれているのも、スサノオ一族の偉業を抹殺しようとしている証なのでは?

ここには大きな謎が隠されているように想う。

一方で、百済系と新羅系とが完全対立構造にあったと一概には言えないと考えられる事象が2つほどある。↓

@百済・天皇系は、新羅系スサノオ一族である大物主大神(おおものぬしおおかみ)を祭っている『三輪山』を、伊勢神宮よりも格段上位とみなして畏れ敬っていた点。(三輪山と大物主に関しては、記紀にも特別な存在として記載されている)

A百済系天皇の祭祀を担当してきたのが、新羅系の豪族や氏族だったという点。(あくまで祭祀を所等していた氏族なり豪族が新羅系という前提)

以上から察するに、象徴となる飾り(=天皇)は百済系で、祭祀関連は新羅系など役割分担されていた疑いも濃厚。
または、表の支配者を百済系に見たてて、新羅系は表舞台に出ることはなく、黒幕として百済系を操っていた?
これは、国家を背後から操る中世以降の金貸し構造と似ている・・・。

などなど、謎は深まるばかりです。

このあたりを、今後もう少し追求していってみようかと想っています。
 
 
  この記事は 196363 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_196790

 この記事に対する返信とトラックバック
197915 驚きの塗り替え手法 マエ 09/01/21 PM03
197638 日本古代支配階級は新羅→任那→百済と塗り重ねられた 山澤貴志 09/01/18 AM07
197042 百済系は権力支配、新羅系は共認支配、と棲み分けた。 阿部佳容子 09/01/11 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp