日本人の起源(縄文・弥生・大和)
189215 高句麗の歴史(高句麗は日本にどのように入り込んできたか?)
 
田野健 HP ( 48 設計業 ) 08/10/08 PM06 【印刷用へ
新羅―百済に続いて同じHPより高句麗の歴史についても紹介しておきます。高句麗の歴史は朝鮮半島の中の国家としては紀元前1世紀と最も古い。

【高句麗は夫余族と高句麗族との連合政権】  
高句麗は、中国東北地方南部の山岳地帯におきた騎馬民族である。この地域に最初に勢力を拡げた民族は、夫余であった。その後紀元前1世紀末に力を持った民族が高句麗であった。夫余族は山岳地帯の北部で、漢族の影響の強い東北平原に近いところでおきたが、高句麗はそれよりも南部、中国文化の影響の弱い地域で発生した。最初の都は渾河沿岸の桓仁であった。伝説では高句麗王は夫余族の末裔で紀元前37年に国を興したことになっている。高句麗はいくつかの部族の連合政権であった。
 
【中国東北地方と高句麗の衝突】
1世紀初めは、中国の前漢が亡び、漢族が弱体化した時期にあたるが、23 年に後漢が出来ると、高句麗は後漢に朝貢した。そして朝鮮半島北部から中国東北の南部にあった漢四郡に進入したり、遼東半島と朝鮮との交通の要衝を抑えるなどして力をのばした。
3世紀初めに王権の後継者争いが起きた。山上王(197-227)は都を鴨緑江沿岸の集安に移す。中国東北地方の豪族である公孫氏族が高句麗の本拠地である丸都山城を攻撃し、夫余族などを服属させたため、一時的に高句麗は衰退した。

238年に公孫氏が北魏に倒されることで、高句麗と北魏が、直接国境を接するようになった。北魏も高句麗を攻撃したので高句麗は一層衰弱したが、4世紀初めには中国の戦乱に乗じて復興し、楽浪郡、帯方郡を攻撃するまでになった (313)。東晋年号の書かれた七支刀は百済王から日本に送られている。

【高句麗の半島南方進出】
鮮卑が前燕をおこし、高句麗と境を接するようになると(319)その圧迫で高句麗は勢力を、南に向けるようになり、南方で勢力を持ち始めた。中国の郡県である楽浪郡を駆逐すると(313)、百済と境を接するようになって対立するようになる。
4世紀末、広開土王(391 -412)の時に南方に本格的に勢力範囲を拡げ、百済、新羅、伽那、倭などと衝突し、さらにその子、長寿王(413 -492)の時には百済の王を殺害し、漢城(ソウル)を征服しすることで百済を一旦滅ぼした。この途中、高句麗に仏教が伝来する(317)。

長寿王は都を、現在の北朝鮮の首都である平壌に移し(427)、中国の南北朝の対立の中、バランスを取りつつ国力を伸ばした。王は南北朝それぞれの王から冊封されるが、その称号は百済や倭よりも高いものであった。高句麗は南方への進出を進め、朝鮮半島南部で勢力を拡張しつつあった新羅に軍を駐留させるまでになった。

【6世紀―倭との接近〜滅亡】
6世紀に入ると王位継承の争いが起こり、国力が落ち始めたが、551年には新羅・百済連合軍によって漢城を奪われた。高句麗は新羅と対抗するために倭に使者を送るようになった。581年に隋が成立すると朝鮮半島では三国間の抗争が激しくなる。隋も高句麗を滅ぼそうとして軍隊を送ったが、これが随が滅びる原因の1つとなった。隋に次いで唐も高句麗に軍隊を送った。高句麗はいずれの戦いもよくしのいだが、その間に百済が新羅と唐の連合軍によって滅ぼされ(660)、遂に668年、高句麗は新羅と唐の連合軍によって滅ぼされた。
高句麗の歴史は、中国の政権との関係の中での動きであるとともに、朝鮮半島の中の動きでもある。また、中国東北地区から朝鮮半島中南部まで支配したことで、これまで朝鮮半島を支配した民族の中で、最大版図を実現した政権でもあった。

【高句麗の日本への影響】
高句麗は日本に大きな影響を与えた。飛鳥寺創建のときに高句麗僧が法要を行い、聖徳太子の仏教の師匠も高句麗僧である。鳥取県には高句麗系石塔とされる岡益石堂や高句麗系の四隅突出墓がある。

東日本には高句麗からの渡来人に関する遺跡が多く残り、高句麗の墓制である積石塚が長野県や山梨県、群馬県に多く見られる。リンク特に長野県の大室古墳群は積石塚の一大集積地である。東日本は大和朝廷から命ぜられて渡来人が開墾したところも多い。埼玉県には716年に高麗郡が作られ高麗神社、聖天院(高麗王若光の墓)などが残る。また、神奈川県にはその高麗王若光が上陸したとされる高麗山、高来神社がある。関東南部の古墳からも高句麗系の遺跡が多く出る。そのような遺物の出た東京の狛江という地名は「高麗(こま)=高句麗」から来ているとされ、調布市深大寺周辺には高句麗にまつわる伝説が多く残されているし、あきる野市の瀬戸岡古墳群には積石系の古墳群があるなどその影響は大きい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーリンクーーーー

高句麗が南方進出し始めたのが4世紀初めではあるが、6世紀の下記記述はすでにそれまでに日本と高句麗との交流があったことを意味する。4世紀には高句麗から支配層が入り込んできたのではないか?

>6世紀に入ると王位継承の争いが起こり、国力が落ち始めたが、551年には新羅・百済連合軍によって漢城を奪われた。高句麗は新羅と対抗するために倭に使者を送るようになった。(本文より)

明らかにしたい課題は日本国内の高句麗の影響が支配なのか伝来なのかという点であるが、百済系の天皇系譜とは別の流れが関東中心にあったのではないかという可能性も検証していく必要がある。
 
 
  この記事は 189195 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_189215

 この記事に対する返信とトラックバック
343099 東北地方に伝わる高句麗伝説 柏木悠斗 19/02/05 AM02
334217 出雲に高句麗が入った動機(=外圧)は3世紀の魏による本国侵攻 田野健 18/03/20 AM01
日本に残る古朝鮮【武蔵の国】 高麗神社 「聖なる国 〜日本」 14/10/18 AM11
258887 朝鮮半島の歴史1〜高句麗の成立と歴史〜 彗星 11/11/22 AM00
189337 平将門と高句麗の関係は? せいめい 08/10/10 AM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp