実現論を塗り重ねてゆく
182605 実現論前史、前半を学んで
 
松岡隆 ( 45 会社員 ) 08/08/02 PM10 【印刷用へ
ここ2ヶ月間ほど哺乳類〜真猿集団に於ける雌雄分化までを学んだが、そこで新たな知見と共に、幾つもの気づきがあった。その中で特に印象深かった点を3つほど挙げてみたい。

@前史を学ぶ意義
>始原単細胞から人類を結ぶ直線上に塗り重ねられてきた遺伝子群(の内、現在も有効な遺伝子群)は、単細胞時代の遺伝子を含めて全て現在形において、作動している。〜中略〜(換言すれば、それら無意識の次元で作動する諸機能は、決して人間の意識と無縁ではない。)私たちが、哺乳類や原猿・真猿・類人猿にまで遡ってそれら諸本能や社会構造を解明しようとした理由も、そこに在る。(実現論1_1_04

ここでは、人類の直面する課題に対してどの様な共認闘争を展開していくのか、その為の考える軸として、これまで進化してきた由来を捉えることの有用性を端的に示されている。
塗り重ね構造(=進化積層態)という存在規定は、個々人が歴史的存在であるとの認識を具体的に提示したものであると共に、例えばコンピュータに於けるファームウェア→OS(オペレーティングシステム)→ミドルウェア→アプリケーションなどのソフトウェア構造をも想起させる。否、恐らくは人類の側が進化積層態であるからこそ、自然界の模倣としてこの様なシステムを発想し得たのであろう。
その点からも、人類が諸課題に対して今後新たな可能性を見出すにはDNAに深く刻み込まれた歴史の掘り起こしと事実共認が有効であると予想される。

A外圧適応態としての基本アプローチ
>事実、進化の源泉はDNAの多様性にある。つまり、同一の自己を複製するのではなく、出来る限り多様な同類他者(非自己)を作り出すことこそ、全ての進化の源泉であり、それこそが適応の基幹戦略である。しかし、同類他者=変異体を作り出すのは極めて危険な営みでもある(∵殆どの変異体は不適応態である)。従って生物は、一方では安定性を保持しつつ、他方では変異を作り出すという極めて困難な課題に直面する。〜中略〜より大掛かりな突破口を開いたのが、雌雄分化である。つまり、雌雄分化とは、原理的にはより安定度の高い性(雌)と、より変異度の高い性(雄)への分化(=差異の促進)に他ならない。(実現論1_2_02

進化という言葉自体は小学生の頃から馴染みはあるものの、具体的に安定と変異という2つの側面からなされるというシンプルな考え方は大きな気づきであった。
特にこの2つが相反する要素であるという点では弁証法的史観を再認識させるものでもあり、今後の諸課題への取組みや人生に向き合う上でも1つの視点を与えてくれるものである。

B共認機能獲得のドラマ
>不全課題を抱えて依存収束した弱オスたちは、依存し合う中から、「どうする?」⇒「どうにかならないか?」と可能性を相手に求め、互いに相手に期待収束してゆく。こうして、依存収束⇒期待収束し、互いに相手を注視し続ける内に、遂に相手も同じく依存し期待している事を発見し(探り当て)、互いに相手の課題=期待を自己の課題=期待と同一視して理解し合うに至った。(実現論1_4_05)

見渡す限り本能しか持たない動物が殆どというこの自然界で、如何にして人類が登場し得るのか。この大きな問いへの解となるのが、生物史上、本能を初めて超えた共感統合の場面であった。
この変化は凡そ6500万年前に生じたといわれるが、今後、人類が新たな困難に直面した際に、このレベルの画期的進化が訪れるのか、否、きっと訪れるに違いないと予見させるに足る出来事であった。少なくとも、こうした史実を知るにつれ未来に向けて健全な楽観性を見出すことはできそうである。

最後に、全体を通じての印象だが、改めて人類はこれまでの進化の営みを謙虚に受け止め、感謝の念を持って然るべきではないかと思った。「教育には歴史さえしっかり教えればよい」と極論を述べる論客も過去にはいたが、自身が進化積層態であり、前人未到の未来へと乗り越えていこうという実存的存在だと規定した場合、やはりもっと過去に学ぶ必要があると自戒する次第である。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_182605

 この記事に対する返信とトラックバック
261455 完全な人はいないということ。 中村友美 12/02/16 PM09
261454 毎日が可能性の宝探し☆ あわわ 12/02/16 PM09
実現論勉強会シリーズ11(最終回):実現論を学んでの気付き&総復習 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/03/03 PM09
実現論勉強会シリーズ8 人類:極限時代の観念機能:後編 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/02/09 PM03
225957 万物に対する感謝を忘れるべからず S・M 10/02/06 PM03
実現論勉強会シリーズ6 サル時代の同類闘争と共認機能(後編) 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/01/19 AM02
実現論を学ぶ意義、その効果等 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/01/05 PM06
実現論勉強会シリーズ3 「雌雄の役割分化」という生命原理 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/12/15 PM02
実現論で、基本構造を学ぶ 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/09/16 AM00
184515 本能と観念 倉田慈満 08/09/03 AM00
182663 音は耳だけで聞くものではない〜体で聞いている。 田野健 08/08/03 PM06
182611 進化の結果生み出される「矛盾」も、積み重ね構造 多田奨 08/08/02 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp