民主主義と市民運動の正体
163193 乳がんの急増〜ダイエットの危険性〜女性の肉体破壊の現実
 
田野健 HP ( 47 設計業 ) 07/10/10 PM09 【印刷用へ
「美味しい食事の罠」幕内秀夫著〜という新書で衝撃的な記事を見ました。かなり有名な話かもしれませんがダイエットに励む20台の女性の方の為に紹介しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>やせる為なら死んでもいい女性たち〜

現代の美しくやせたい女性たち。美容と健康の意識も高く、最近流行のスパで自分磨きにも余念がない。そんな女性たちが、実は油脂まみれの男性よりもさらに危険的な状況にあるのです。そのことを私は声を大にして言いたい。本当に今ならまだ間に合うから、自分の食生活を根本から見直してください、と言いたいのです。大きな病気にかかって手遅れになる前に・・・。
最近30代、40代と働き盛りの女性タレントさんのガンのニュースをよく耳にしませんか?つい、先日もガンで闘病中だった歌手の方が亡くなられました。あるいは宮崎真純さんや山田邦子さんなども、ご自身が乳がんであることを告白されていました。私も病院の食事指導で、多くのがん患者さんたちと出会ってきました。そして、婦人科系のガンとその食事との関係について、大きな危機感を抱いています。

もともとガンというのは、喫煙などの要因以外に食事との関連性が高いと指摘されています。喫煙のガンに及ぼす影響が30%だとすると、食事は35%も影響があるという研究もあります。私自身、たくさんのがん患者の人たちの食事指導を通して、ますますその確信を強めました。特に顕著なのが乳がんの患者さんです。
今や私は「近い将来、爆発的に急増する乳がんが日本社会を変える」と思っています。いやな予言ですが、このままではそうなります。今のままの食生活を続けていたら、間違いなく30代で乳がんにかかる女性が次々に出てくると思います。
全国の乳がんの発症率を見るとその傾向はあきらかです。乳がん死亡率の高い地域は、東京、神奈川、千葉、大阪などはっきりと大都市に集中しているのがわかります。

乳がん死亡率SMR比〜100以上は全国平均死亡率より高い 
1、東京(131.6)2.神奈川(114.7)3.大阪(109,7)4.北海道(107.4)5.千葉県(106.1)・・・・44位、香川県(75.9)45位、岡山県(74.9)46位、島根県(72.2)

彼女たちに共通しているのは何か?
それは部分的な欧米化によってバランスを欠いた都会型の食生活、つまり、まともな主食を食べていない、この1点につきると思います。大勢の婦人科の患者さんの食事指導を通して見えてきたのはご飯を食べずに大量の油脂を食べているということ。やせたいが為にカロリーを抑え、その結果、油脂や砂糖で穴埋めをしている食生活。脂質は女性ホルモンを刺激します。それによって婦人科系のガンのリスクを高めている可能性があるのです。彼女たちの食生活の類似性、危機的状況について、紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから先は長いので要約します。

女性のダイエットは主食であるご飯を取らずにパン、パスタを取ります。パン、パスタの主食は油脂と砂糖で固められ主食として体を成していません。わずかな野菜もドレッシングをたっぷりかけて油だらけです。しかもパン食は少量ですぐにお腹が減ります。女性の周りにいつもお菓子があって間食の習慣が耐えないのは主食をまともに食べていないからです。さらにその間食のお菓子がこれまたクッキー、ケーキと油脂と砂糖の塊です。著者が出会う乳がんの患者はこのような食生活を送っている人が実に多いといいます。そして彼女たちは多分にもれずはりがねのように細いのです。パンやお菓子に多くの油脂が含まれているとは通常、思いません。彼女たちは余計なカロリーをとっていない、つまり余分な油分をさけ健康的に体型を保っていると思っているのです。ここに最大の問題があるのです。

>本来胃袋を主に充たすべき主食を食べていない現実。わずかに食べているカタカナ主食は、本来の主食ではなく油脂と砂糖だらけのお菓子であるという現実。健康の為にわずかな野菜を食べる為に大量の油脂を摂取しているという現実。午後のお菓子がやめられない理由の一つが、しっかりと主食を食べていないからという現実。これらの現実に気づくことなく、悪循環を繰り返し、体をこわしてしまう。それが今の女性の肉体破壊の現実なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上抜粋及び一部要約

著者はこれらの危機からの脱出方法は唯一、主食を見直せと言っています。本来の米の主食をきちんと取る事。喫煙以上に危険なダイエットと引き換えにまさに命をかけているのが現代女性と言えるのかもしれません。
 
 
  この記事は 162460 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_163193

 この記事に対する返信とトラックバック
女性必見!ダイエットと恒常性の維持、どっちが大事? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/08/26 PM05
性ホルモンは、身体にどのような影響を与えているのか 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/06/19 AM06
170471 1970年以降増加し続ける日本の乳がん死亡率 猛獣王S 08/02/07 PM02
沖縄男性の平均寿命に異変!!日本人皆への警鐘? 「地球と気象・地震を考える」 08/01/03 PM06
沖縄男性の平均寿命に異変!!日本人皆への警鐘。 「地球と気象・地震を考える」 07/12/12 PM10
女の身体はどうなっている?!〜女の自然の摂理その1〜 「地球と気象・地震を考える」 07/11/27 PM11
マスコミの情報って・・・あなたの実感は? 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/11/16 PM04
るいネットが事実追求の入口〜乳がんとダイエットと原子力〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 07/10/23 PM11
女性必見☆食生活、このままじゃヤバイ! 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/10/23 PM02
163853 乳がんの急増〜その原因には「原発」の存在も大きく関係している 猛獣王S 07/10/20 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp