否定脳(旧観念)からの脱却
127831 子育て不安と自己中親の急増
 
田中素 HP ( 40 企画 ) 06/08/10 PM05 【印刷用へ
> 家庭の閉鎖性というものを曲解して、それを言わば一種の大義名分にして、子供と外界との接点を極限まで減らそうとしている母親もいるということ、及び、そういう母親に限って、自らの非を認めようとしない独善的な人格の持ち主でありがちなこと(127504)

最近は、子供を標的にした犯罪や子供による犯罪も増えていて、家庭の子育て不安は以前よりも遥かに大きくなっていると思う。不安ならば人に頼りそうなものだが、一方では、この事例や127163の事例のように、母親、父親とも含めますます自己中親が増えて行っているようだ。

おそらく、理不尽な要求を学校や周囲の人に撒き散らしている父親や母親の何割かは、自分の子供を守っているつもりなのだろう。しかし、元が世代を追うごとに悪化していく自己中頭で考えるものだから、それが完全に「自分の子供第一」という思い込みに支配されてしまう。その振る舞いは仲間世代に生きる子供たちにも受け入れられないものだから、結果、子供の仲間世界をも破壊してしまう。

「家庭は聖域」「自分の子供」という意識の解体、そして、「自己中は敵」という共認形成を観念的、社会的に確立していかなければ、どうやら子育て不安の増大だけでは現在の悪循環は断ち切れないようだ。
 
 
  この記事は 127504 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127831

 この記事に対する返信とトラックバック
152939 “モンスターペアレント”対策に、教委が元警官らを集めて対応!? 匿名希望 07/05/29 AM11
150032 親の私権意識を子育てに利用すると・・・ 蝦夷穴 07/04/22 PM02
137673 少しでいい・・優しさをください ちぃ 06/11/17 AM01
「みんなの子ども」体験 「感謝の心を育むには」 06/11/17 AM00
128597 共認圧力しか自己中な母親を止められない 太刀川省治 06/08/20 AM01
128508 仲間圧力と自己中親の綱引き 匿名希望 06/08/19 AM08
128501 子育て不安⇒新規範の基本ベクトルと、自己中による可能性(子ども)の破壊 福田尚正 06/08/19 AM03
128362 ママ達が仲間世代 匿名希望 06/08/17 PM07
128311 聖域という意識の解体 琵琶湖 06/08/16 PM11
128225 子供は社会の一員 津田大照 06/08/15 PM10
128110 子供のためより、むしろ自分第一。 ふく 06/08/13 PM11
128018 あの親にしてこの自己中っ子 コスモス 06/08/12 PM09
128011 自己中親が自己中子を育て、さらに・・・ 雲渓 06/08/12 PM08
家族のキズナって?? 「サイヒロ&こーたんの姉弟日記〜キズナ〜」 06/08/12 PM07
127986 「自分の子供」を守って何が悪い という意識 匿名希望 06/08/12 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp