人類の起源と人類の拡散
127222 人類の拡散と観念機能の進化A〜原人段階〜
 
西谷文宏 ( 29 建築設計 ) 06/08/02 AM00 【印刷用へ
2.原人段階(約200万年前〜25万年前(一部4万年前まで))
  ホモ・ルドルフェンシス→ホモ・ハビリス→ホモ・エルガステル
  →ホモ・エレクトス(ジャワ原人・北京原人)
  
  脳容量平均   :約750cc〜900cc前後
  石器の使用   :ハビリス  礫器を中心とした重量石器
           エレクトス 万能石器(ハンドアックス)
  主な生息域と移動:アフリカ→中央アジア→東南アジアに拡散 

 原人段階では、ホモ・ハビリスの段階で脳容量 約600ccと一気に発達し、ブローカー野の発達も確認されていることから、ある程度の言語発達を遂げていたと考えられる。また、石器の使用もホモ・ハビリスからであり、恐らくこのホモ・ハビリスないしはその前後のルドルフェンシス・エルガステル当たりが「観念原回路」を獲得した人類であると考えられる。
  
 約200万年前〜180万年前の地球は本格的な氷河期への突入時期に当たり、アフリカ大陸は急激な乾燥化が進んだ。(氷期になると水蒸気が奪われる為、アフリカなどの地域は乾燥化が進む)結果、植栽環境などが激変し、深刻な食糧不足に陥る。
人類が誕生してから約500万年間経験したことがない、この極限状況の中で、人類は必死で自然外圧を注視→共認機能を自然に対して作動させ、自然との期待・応望=共認を試みる。そして自然の中に期待に応えてくれる相手=精霊を見出す。これが観念原回路の獲得の第一歩である。(実現論1_6_02

 約180万年前、本格的な氷期(リス氷期)に突入。益々進む乾燥化→食料不足の中で、原人は可能性を求めてアフリカからユーラシア大陸へ移動を始める。ユーラシア大陸で発見された最も旧い化石(175万年前)が、グルジア共和国・ドマニシで見つかったホモ・エレクトスであることから、ホモ・エレクトス段階では確実にアフリカからユーラシアに移動していたことが解るが、まだまだ旧い化石が見つかる可能性は残されており、ホモ・エルガステル、ホモ・ハビリス段階で既に移動していた可能性も高い。

いずれにしても言えることは、原人段階で観念原回路を獲得したからこそ、人類はアフリカ大陸を出てユーラシアに進出することが出来たと言うことである。
 大陸を超えた長距離移動が過酷であることは想像に難くない。まして人類は未だ弓も槍も獲得しておらず、外敵への対処法は全く持ち合わせていないのである。その行程は想像を絶する過酷な行程だっただろう。
 行き当たりばったりで到達できるような生やさしい行程ではなく、確実に生き残るためには、地形・天候・植栽状況・食料状況・動物状況などあらゆる状況を正確に捉え、予測して行動していくことが必要不可欠である。その為には科学的事実認識力と予測思考=観念回路が不可欠となる。人類の大陸移動は、観念回路の獲得があって始めてなされたものと言える。(∴猿人段階では大陸移動は不可能だった)

 原人の中で最も広がったのは、最後期の原人であるホモ・エレクトスである。先述したグルジアから、ジャワ、中国まで化石が確認されており、ホモ・エレクトスはユーラシアを完全に横断したことになる。
ホモ・エレクトスは、脳容量900ccと一気に発達し、前頭葉も著しく発達している。また、発声上重要な喉仏の形状変化、小脳の発達、胸骨の発達も起こっており、多様な言語を使いこなしていたことが解る。
石器も高度なハンドアックスを使用しており、最初に火(自然火)を利用したのも、ホモ・エレクトスである。

これらのことから、原人はホモ・ハビリス(又はルドルフェンシス・エルガステル)段階で観念原回路を獲得し、大陸を移動する中で更に観念原回路を発達させて行ったと言える。
 
 
  この記事は 127170 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127222

 この記事に対する返信とトラックバック
人類の拡散と進化シリーズ3〜観念機能の進化〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/09/14 PM05
237743 原人=観念機能獲得により事実の認識が可能になった☆ hey 10/09/12 AM00
「初期人類の石器」と「チンパンジーの道具」 「共同体社会と人類婚姻史」 09/03/23 PM08
129475 人類はなぜ拡散を始めたか? 田野健 06/08/30 PM02
128290 人類が一貫して共認機能を発達させてきたわけ 志水満 06/08/16 PM09
127397 「現代人の起源は中国である」ということにしたい人々 匿名希望 06/08/04 AM02
127228 人類の拡散と観念機能の進化B〜旧人段階〜 西谷文宏 06/08/02 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp