この記事の読者は累積73385人です。
 
西洋医療と東洋医療
272490 健康な人を“患者”に替えるのが健康診断?
 
G線上のアリア ( 30代 ) 13/01/25 AM01 【印刷用へ
今や健康診断は、健康管理のためとして企業には義務づけられていたりもしますが、その有効性は全く検証されていません。(疑問視する声は医師の中にも(医師だからこそ?)多い)

むしろ健康診断が健康な人を“患者”に替えているそうです。

“健康診断信仰”から目を覚ます方が、健全な生活を送れるのではないでしょうか。

////////↓↓引用開始↓↓////////
日本人は健康診断が好きです。
日本人はと断ったのは、外国では殆ど健診は亡いからです。
日本の健診の始まりは、強い兵隊を作るための国策として始まりました。
その健診が戦後も続いているのです。
人々は健診が健康で長生きに通じると思いこんでいます。
もちろん医師達もです。

でも本当でしょうか。
健診をしたら長生きするのでしょうか。
世界には健診をしたら長生きするという論文は一つもありません。
むしろ健診を受けた人の方が短命だという論文があるくらいです。

なぜでしょう。
たぶん、健診を受ける人は受けない人よりもマイナス思考だからでしょう。
健診を受けないと心配だという人の集団と、そんなものはどうでもいいと思う人の集団では、始めから相撲になりません。
命、健康に対する考え方が違うからです。

そしてそういう心配症の人達が、健診を受けるまでの間、不安が強くなり、さらにその結果が出るまでの間、不安になっています。
大丈夫だろうか、「癌」だったらどうしょう、コレステロールは高くないだろうかと不安を抱えながら結果を待ちます。
もうこの時点で、免疫力は下がります。
癌細胞を殺すNK細胞という細胞があります。
このの活性も衰えます。

さらに、健診を受けて、飲まなくてもよい薬を飲むことになります。
血圧が140位でも薬が出されます。
コレステロールが一寸高くても薬です。
尿酸でも、骨粗鬆症でもみんな薬、薬です。この薬による副作用で死亡率が高くなるのかもしれません。

さらに、しなくてもよい手術を受け、命を落とすかもしれません。
あれやこれやが重なった結果が「健診を受けた方が短命」だになるようです。

もちろん健診を受けてもかまいません。
ただ、受ける場合は今後詳しくお話する予定の、ある秘訣を実行してほしいのです。
そうして健診の結果をよーくみて、本当に薬が必要なのか、手術が必要なのか、よーくお考えになって下さい。

とにかく、健診をした方が長生きに繋がるというのは、以前の講義でお話しした「科学的」ではありません。
2年前から全国的に始まったメタボ健診はとても科学的とは言えない代物です。
その第一は、腹囲を測っていることです。
しかもその腹囲たるや男性は85p以上、女性は90p以上をメタボと判断しています。もともと男性より身長の低い女性が男性より腹囲が大きいというのは、素人が考えたっておかしな事です。
世界中の学者から笑われています。
それを平気で採用している厚労省は一体なんなのでしょう。

糖尿病を表す検査の一つにHb-A1c(グリコヘモグロビン)というものがあります。
日常の診療では全国どこでも5.8を基準としています。
5.8を上回れば糖尿病、下であれば正常として診療しています。
ところがメタボ健診ではこの基準値が5.2に下げられています。
下げられていますから、5.3では立派に糖尿病になり、再検査、精密検査に回されます。
この人を再検査したところで日常診療では5.8が基準値ですから、5.3が出れば正常になります。

しかし、再検査、精密検査は無料ではありません。
再診料、検査料がかかります。
その検査を聞きに行けば、最低でも再診料が発生します。
悪い医者にかかれば薬が出るでしょう。これでは、国民の家庭の医療費も国の医療費もどんどん赤字になります。
儲かるのは、医療機関と検査機関と薬屋さんです。

このように基準値を下げるという手法で儲けるというのがメタボ健診の実態です。
私に言わせるとメタボ健診は「メタメタにぼる健診」です。
御用学者がこういう健診を作り上げるので。
見事という他ありません。
しかし、医師会は反対しません。
反対すれば収入が減るからです。

殆ど全て、健診はこういうカラクリで成り立っています。
健診を受ければ、健康人が患者さんに替わるのです。
患者さんに替われば誰が喜ぶでしょう。
ご商売をなさっているみなさんならばすぐに分かることでしょう。
健診で儲けて、精密検査で儲けて、そして治療に回して、一生涯薬を飲んでいただく、それを国が音頭をとってしてくれる。
いやいやこんないい商いは、そうはないのではないでしょうか。

脳ドックもしかり。
アンチエイジングの健診もしかり。
それでも健診は大事だ。
「癌」を早く見つけたら、長生きするではないかという意見は根強くあります。
この講座は「血圧」なので「癌」についてはお話しませんが、「癌」の真実について聞きたい人はどうぞ申し出てください。

松本 光正

「松本光正先生の血圧学校|健康診断が害になる時代!?」
<高血圧症!?薬に頼らず血圧と血糖値を下げる方法を口コミ(http://高血圧の改善方法.jp/cat/post_63.html)>より
////////↑↑引用終了↑↑////////
 
List
  この記事は 272328 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_272490
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
288473 早期発見・早期治療の問題点 天心 14/03/19 AM09
279945 高血圧の診断により、製薬業界が儲かり、人は不健康になっていく 金時しょうが 13/08/11 PM11
273137 日本だけ大騒ぎのメタボ 最近はWHOリポートに出てこない 山上勝義 13/02/18 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp